海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP年金バックパッカー、オーストラリアを行くの旅行記

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

また旅に出たくなって、NZで使ったバックパックを押入れの奥から引っ張りだし、オーストラリアに行ってみました。

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月4日成田発20時40分のJetstarCairnsへ.
6月5日
Cairnsへ早朝5時ころ着く。
機中で親しくなった、3カ月留学のAさんは出迎えがあり、Mさんとピックアップバスで市中へ。午前中、MさんとラスティーズマーケットやスーパーColesをまわった後、Mさんと別れてバックパッカーズホテルへチェックイン。午後、ひと眠りしてから再度Colesへ食料の買い出しに行く。
6月6日
午前中、7月にCairnsへ戻った際の宿を確認しながら、エスプラネードラグーン(写真)へ泳ぎにいく。この広さで無料、しかも更衣室やシャワー完備、ロッカーもセキュリティがしっかりしている。
午後、ぐだぐだした後洗濯をし、またColesへ行って食料を少々買う。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月7日
JetstarでCairnsを10時前にたってBrisbaneへ12時過ぎに着く。空港駅でgocardを購入し、エアトレインで市内へ。Fortitude Valley駅から少し歩いて199番バスでニューファームの宿へ向かう。14時過ぎにチェックイン(写真)。
宿の近くのス-パーColesを下見した後、 ブリスベン川のニューファームパークターミナルからupstreamのボートにのってみる。Seydny St.ターミナルで下船し、Seydny St,を北東へBrunswick St,までもどり、宿へ17時に戻る。
6月8日
エドワードストリートからエリザベスストリートと進んでリ一バサイドセンターヘ。途中、大きな教会があり、中に入ってみる。リバーサイドセンターのフロアを横切ってフェリー乗り場へ出る。ここから川に沿ってイーグルストリートピアヘ。ピアでテイクアウェイして朝食。シャーロットストリートからエドワードストリートへもどって、クィーンストリートモールに入る。西端のビクトリアブリッジ手前の1ブロックは露店市。露店市を往復して市庁舎へ。時計塔ツアーの後、シティホールーツアーに。時計塔ツアーと同じ案内嬢だった。ツアー客は自分一人。シティホールを出て、ジョージストリートをQUTに向う。QUTの門を入って最南の現代風建物のところから隣のボタニックガーデンに入る。庭園を北へ通り抜けてエドワードストリートを駅にもどる。途中、絵ハガキを買う。
Central駅からひと駅、Fortitude Valley駅で列車を降り、駅から歩かなくてすむバスをと196番バスに乗る。明日からは往復ともこのバスを使うことにする。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月9日
196番バスでFortitudeValley駅へ出て、列車でCityヘ。Central駅から左手に進みクリーク通りを東へ。右折してクイーン通りへ入る。途中、郵便局へ寄ってハガキを出す。昨日歩いたクイーンズ通りモールを抜けて、ビクトリアブリッジたもとのTreasury Casinoに入り、しばらくバカラを覗く。Casinoを出てビクトリアブリッジを渡り、South Bank Parklandsを歩く。疲れてストリーツビーチで休む。ブリッジ下を通り抜けて反対側のQueensland Art Gallery に入る。ちょこっと観て館内のカフェでオレンジジュースを飲みながらまた休憩。Cultural Centre Busway Stationから199番バスに乗るが、反対方面のWest End Ferry Terminalにつれて行かれてしまう。しかたなく、CityCatsに乗り換えて一挙にブリスベン川を ニュー・ファーム・パーク・フェリー・ターミナルまで下る。最初からバスでなく船にすればよかったか。
6月10日
GoldCoastへ行こうと宿lを9時に出るが、途中で分らなくなって一旦Cityにもどる。バスで行こうとしたのが間違いで、列車にすべきだった。Cityにもどって、行き先を変えようとMount Coot-Thaに行くことにする。11時半にAdelaide通りから471番バスで、12時頃到着。Adelaide通りへ13時半過ぎに戻って、宿にもどろうか思案。そのままLone Pine Koala Sanctualyへ行くことにする。15時近くに着き、コアラ(写真)、カンガルー等をみて、16時半の445番バスでCityへ戻る。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月11日
GoldCoastへ行く。、8時前に出発。199番バスでCentral駅へ出て、1番線から8時半の急行に乗る。途中、車窓から雲が広がっており、やはり昨日がよかったなと思う。車内はすいている。10時前にNarang駅に着いて、そこから740番バスでサーファーズパラダイスへ10時すぎ着。Gリンクの通るサーファーズパラダイスブルバードを南へ歩き左折して、キャベルアベニューを抜けて海へ。陽光が射して真っ青な空の下にGoldCoastの海が完璧、というわけにはいかなかった(写真)。しかし、よく目にする写真の風景。海岸線を往復したあと、スカイポイントのあるクリフォード通りへ。入場料20数ドルだったので、年金バックパッカーはパス。13時すぎの740番バスでNarang駅へもどリ、13時49分の急行に乗る。Central駅へ15時頃、15時半宿へ帰着。
6月12日
午後、CityのRoma Street Parklandへ出かける。Central駅のところから裏手ヘまわり、キング・エドワード・パークのところの赤い階段からWickham Terraceに出て、Old Windmill Observatoryの横を通って公園にはいる。公園をぐるりとまわって、帰りは上の公園と下のローマ・ストリート駅との間のテラス状のデッキからアルバート通りに出て下る。 下りきったところが市庁舎だった。庁舎前から199番バスで宿へ16時半帰着。
17時をすぎて、寒く暗くなってくる。晩の食料がなくColesへ買いに行かねばならないが億劫になる。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月13日
Noosa Headsに行くことにする。Central駅8時34分発の列車に乗る。10時半頃、Nambour駅に。雨模様、傘を忘れる。駅から11時35分発の631番バスに乗る。13時少し前にNoosa Headsに着く。帰りのバスを確認したら13時50分。これに乗り遅れると後がなさそうなので岬(?)の先端まで急ぐ(写真)
6月14日
Sydneyへ移動。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月15日
朝、Central駅のインフォメーションセンターでSydney→Canbbera→Melborneのgreyhoundのバスチケットを買う。お昼からハ一バーブリッジへ。TownHall駅から列車に乗り、湾の向こう側のMilsons Point駅で降りてロックスに向って歩く。ブリッジは高いのでオペラハウス側(写真)のながめがよい。フェリー桟橋の前を通ってオペラノウスヘ。オペラハウスは写真でみるほどには白くなかった。完成まで14年かかったということだがどこが難工事だったのか?フェリー桟橋にもどり鉄道高架下を通ってロイヤルボタニックガーデンヘ。
6月16日
ツアーに加わってBlue Mountainsへ行く。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月17日
10時半に宿を出る。PittStからリバプールストリートを通ってMuseum Station駅からHydeParkに入りシドニー・セント・メアリー大聖堂に寄る。大聖堂を出てArt Gallery of New South Walesに寄る。小学生くらいの子どもが日本人女性を講師に書道をしていた。Brisbaneでもそうだったが美術館は無料でしかも写真撮影OK。寄った気持になれるので年金バックパッカーには助かる。公園をMrs Macquarie's Pointに向う。オペラハウスとハーバーブリッジの写真を撮る。湾沿いにGovernmentHouseに向う.落ち着いた老婦人がゆっくりした言葉で邸内を案内してくれる。現在は第38代のハーレー総督ということで、ここはもちろん撮影不可。
クイーン・ビクトリア・ビルディングの中に入って時計の写真を撮る。並びのTown Hall、St Andrew's Cathedralヘ。TownHallで無料ツアーはないか聞いたら毎週火曜日とのことで21日にもう一度行くことにする。夕方、中華街とMarketCityに行ってみる。
6月18日
朝方雨だっのがやんだので昼前にPittStをサーキュラーキーに向う。途中、シドニータワーの入り口まで。現代美術館へ行く。アーガイルカットをくぐってWest Rocksへ。ギヤリソンチヤーチとロードネルソンブリュワリーホテルをみて、ケントストリートでもどる。Sydneyにはセブンイレブンが多い。もっともCityというコンビニ(?)も多い。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月19日
ライトレールでフィッシュマーケット(写真)へ行く。fishmarket 駅で一緒に降りた若い女性に行き方をたずねると、マーケットの店員だと言って道案内をしてくれる。ライトレールでセントラル駅にもどり、シドニー・セント・メアリー大聖堂の11時半からの地下室ツアーへ急ぐ。バスでThe Starのカジノへ行く。どしゃ降りだが311番バスでキングスクロスもにも行くことにする。ダーリングハーストストリートには確かに怪しそうな(?)な店もあり。ポン引きに声かけられる。
6月20日
晴れたのでもう一度キングスクロスに行くことにして11時前に宿を出る。エリザベスベイロードを進みエリザベスベイハウスに向う。週末だけのopenということで写真を撮って来た道を戻る。帰りにBillsに寄る。毎日歩き疲れるが、交通機関ばかり使っていては街を知れないし、そうかといってバスや列車にも乗ってみたいしで、忙がしい。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月21日
10時半のTownHallのツアーまで一周りと、ハイドパークへ。TownHallツアーは中国人夫婦と3人だけだった。TownHallを出て、斜め向かいのビルの紀伊國屋書店と無印良品を覗いてみる。州議事堂へ行くが受付でガイトツアーがあるのかないのか英語がさっぱりわからず。入口のフロアーは勝手に写真撮ってよいとのことで、写真と重厚そうなソファで休憩だけで諦める。気を取り直して、マーティンプレイスからPittStでもどり、途中、ストランドアーケードによる(写真)。
6月22日
9時前に宿を出て、Central駅前グレイハウンドに乗車。Canberraへ移動。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月23日
Canberraの第一印象は、寒いせいか整然とした街のせいか、活気がない。建物から建物へと伝わってなんでも建物の中という感じ。9時にYHA(写真はキッチン)を出て、1番バスでコモンウェルスアベニューを通って連邦議事堂へ行く。ナショナルサーキットから2番バスで造幣局へ。バスの便数が少ないし、かなり冷える。空も青空はみえるが曇りがち。デイリーチケットをふるに活用してブラックマウテンへ行ってみる。
6月24日
雨があがったのでバスに乗り今日もデイリーチケットをと$50札をだす。ドライバーから$10礼はないかと言われるもなく、細かいおつりをよこされる。数えていると。どうも$31しかない。何度も数えている間にキヤンベラ大学までつれていかれてしまった。急いで降り、バスでもどる。やはり$10損した!?首都展示館ヘ。展示館からコモンウェルス公園の中を湖にそって、アンザックパレードヘ。キヤンベラセンター近くのバス停から7番バスで国立博物館へ往復。Alingaストリートから3番バスで、またコモンウェルスアベニューを渡って国立美術館ヘ。喜多川歌麿があった。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月25日
洗濯をする。明日はMelbourneへの一日がかりの移動なので、近場のショッピングセンターをまわって終わりにする。外は快晴。しかし、空気はやはり冷たい。
6月26日
CanberraからMelbourneへバスで移動(写真)。

写真を拡大する

年金バックパッカー、オーストラリアを行く

6月27日
サザンクロス駅に行って空港へのSkyBusの乗り場を確認するとともに巨大な駅をひととおりみてまわる。無料のシティーサークルトラムで街を一周する。フェデレーションスクエアのヒジターセンターに寄り、ペンギンパレ一ドのツアー情報を集めてから、セントポールズ大聖堂(写真)へ入る。コリンズ通りでブロックアーケードに寄ってみる。
6月28日、フィリップ島のペンギンパレードのツアーに行く。

1

2

次のページへ→

年金バックパッカー、オーストラリアを行くへのコメント

年金bpさん  2017/06/26 16:48

バナナジューズさん、ありがとうございます。
年金バックパッカー=老人ですが~!
ペンギンパレード、暗がりにチッコイ可愛いのがちょこちょこ
写真m(__)m

バナナジュースさん  2017/06/26 10:31

年金バックパッカー、すごいです。憧れです!!!
ペンギンパレードの写真、見たかったです~

年金bpさん  2017/06/22 14:25

soraumi14さん、ありがとうございます。
10年も住まわれていたのですか、いいなあ!!
オーストラリアはデッカイですねえ。
とても老年バックパッカーには周りきれなくて、また行ってみたいなと思っております。

soraumi14さん  2017/06/22 10:34

10年ぐらい住んでいたのでオーストラリア懐かしいです。
オーストラリアは物価も安いからバックパッカーにも優しいですよね。
がんばってください。

年金bpさん  2017/06/21 19:38

masakazuさん、ありがとうございます。
たまたま今年の英国の旅で、明日帰国の途につく今日、旅スケからコメントのついた旨メールが入りました。
若い方になぞらえて年金バックパッカーやり始めましたが、世界って広いものなんですねエ。
いつまで続くやら、老年者ゆえ心もとないです。

masakazuさん  2017/06/21 19:12

尊敬します。自分もリタイヤ後は海外長期一人旅したい!


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!