海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPスーダン 世界遺産を巡る旅の旅行記

スーダン 世界遺産を巡る旅

スーダンの世界遺産(ゲベルバルカル、メロエ)とヌビア地方のナイル川沿いに点在する遺跡をツアーで巡ります。

スーダン 世界遺産を巡る旅

スーダン 世界遺産を巡る旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ハマデルニール広場

2017-01-20
オムドゥルマン

 イスラム神秘主義の聖者ハマデルニールの信仰者が金曜日の日没前、ハマデルニール広場に集まり、ジルクと呼ばれる旋回舞を行う。
 オムドゥルマンはハルツームの隣街。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

2017-01-21

サイ島に向かう途中、ラクダの群れを見つける。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

サイ島の遺跡

2017-01-21

 石器時代、ケルマ文明、エジプト、クシュ、キリスト教、イスラム期から近代のオスマン時代の要塞など幅広い時代の遺跡が見られる。
 サイ島は、ナイル川中州の島。現在発掘調査が進められている。

 写真は、イスラム期の城塞跡の風景

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

サイ島の遺跡

2017-01-21

 キリスト教会の遺跡から夕陽を見る。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ソレブ遺跡

2017-01-22

ソレブ遺跡の朝景

 紀元前15世紀、新王国時代エジプト18王朝 アメンホテプ3世によって建てられた神殿遺跡。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ソレブ遺跡

2017-01-22

放置された石にヒエログリフが刻まれている。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ナイル 第3カタラクト

2017-01-22

 カタラクトとは、大滝・瀑布の意味で、ナイル川に段が出来ていて、背の低い多くの滝になっている所。
 上流から数えて3番目のカタラクト。 いくつかのカタラクトはダムの底に沈んでしまった。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

サボの岩絵

2017-01-22

先史時代の岩絵。動物の絵が描かれている。
ナイル川沿いは砂漠地帯であるが、この壁画が描かれた時代には、緑溢れる大地であった。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ナウリ遺跡

2017-01-22

岩山の中腹にトトメス3世時代のレリーフが残っている。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

トンボス遺跡

2017-01-22

トトメス3世時代の石切り場の遺跡。ここには、途中で放棄された石像が無造作に放置されている。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

ケルマ遺跡

2017-01-22

 ケルマ王国は、ナイル川第3カタラクト付近に存在した熱帯アフリカでも最初期の都市。
 農耕や農業だけでなく、この王国は上ナイルと下ナイルを結ぶ特に重要な交易の中心として発展した。
 併設の博物館も見学。

写真を拡大する

スーダン 世界遺産を巡る旅

オールド・ドンゴラ遺跡

2017-01-23

 マクリア王国時代の遺跡で、どんぐりの様な形をしたイスラム聖者の墓がたくさんある。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手するお気に入りの旅スケに追加

スーダン 世界遺産を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2017/03/28 08:22

Terra Africaさん

コメントありがとうございます。
スーダンはまだ観光開発が未発達でこれから進んで行くような感じです。

Terra Africaさん  2017/03/19 19:49

83年に訪れました。街はもちろん変わっていますが、遺跡は同じですね。懐かしく拝見。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール