海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅の旅行記

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

7年ぶりの奇跡が起きそう…という噂を耳にして群馬県館林市まで電車旅。 芝桜とソメイヨシノ、チューリップと桜のコラボ。 春色が織りなすシークレット・ガーデンを堪能してきました。

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

旅行先  地図を見る
[埼玉県幸手市
[群馬県館林市

旅行期間 1日間

旅行目的 花見 /公園・庭園

拍手数1拍手 拍手するお気に入りの旅スケに追加

旅行時期2017.04.08

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

春のお楽しみの一つと言えば桜。
一昨年と昨年は都内をクルクルと歩き、しだれ桜や千鳥ヶ淵のソメイヨシノの艶やかな姿を堪能した。

で、2017年は…?

都内の見所の桜はキレイなのは分かっているのだが、桜そのものよりも人の頭を眺めている時間が長いのが珠に傷。
東京の桜の名所は、人ごみが苦手な私にはちょっと疲れてしまう場所。

そんな時、駅のポスターで見つけた文字【芝桜×サクラ】。
なんのことかと興味を持って調べてみたら、今年は芝桜の花の時期がソメイヨシノの満開時期と重なって、7年ぶりに芝桜と桜の春色の競演が見ることが出来そう…という記事を見つけた。

7年ぶりの奇跡の競演が繰り広げられているのは、群馬県の館林市にある東武トレジャーガーデン。
ちょっとした電車旅にはなるが、日帰りで行けない場所ではない。
友人を誘い、春の花と桜の織りなす光景を見に出かけてみた。

そして、せっかく行くのだからと、以前から興味のあったタヌキのお寺へも足を延ばしてみた。
タヌキのお寺とは、分福茶釜(ぶんぶくちゃがま)で有名な茂林寺。
分福茶釜は日本昔話でも有名な茶釜に化けたタヌキの話なのだが、あの話には知られざる真実が隠されているという噂。
噂の真相を探りにいかなくっちゃ♪

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

関東地方で雨の予報が出ていた土曜日の午後。
私と友人がやってきたのは、群馬県館林市の【東武トレジャーガーデン】。

ここは、もともと【館林野鳥の森ガーデン】と呼ばれる水鳥や野鳥の生息する自然公園であった場所で、そこを東武グループが自然を生かした形で開発し、現在では英国国教会の認可を受けた教会まで兼ね備えるちょっとした庭園となっている。

庭園の中へと入るとまず目に入るのは、アラブ式の水路。
コルドバのアルカサルやアルハンブラ宮殿で目にするカスケード式の水路が目の前に現れる。

私はこの日にここへやって来るまで、東武トレジャーガーデンは薔薇の庭で少しだけ名を知られている場所としてしか認識をしていなかった。
初夏と秋の薔薇が咲くシーズンには1500品種3000株の薔薇が水路や庭園内を彩り、まるで欧州のローズガーデンの様な雰囲気になるというのだが、4月初旬の庭園内の薔薇はまだ蕾すらないトゲトゲの木。

水路の周りに春の彩の華やかさなどは、殆どない。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

しかし、水路のその先まで進んでいくと、見えてくるのはふわふわとした春霞の様なピンク色の空間。

煉瓦の壁に開けられた窓から、覗き込むと目に飛び込んでくるのは、春のピンク色の世界:秘密の花園だ。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

煉瓦壁の向こう側には春の花園が広がっていた。

赤と白の芝桜が植えられた小さな丘の背後に広がるのは満開のソメイヨシノの木々。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

庭園の端から全体を見渡せば、パッチワークの様な彩の花畑と桜の光景が広がっていた。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

まずは満開の桜の樹の下へ歩く。

風は殆ど感じられないのに、桜の樹の下には花びらが散り、目の前の空間をハラハラと花びらが舞う。
それは、まるで誰かが木に登って、桜の花ビラをまいている様。

花びらを散らしていた“誰か”の正体は、野鳥たち。
このエリアは野鳥の楽園として整備されている場所で、すぐ傍の沼に棲む水鳥だけではなく、その他の野鳥の数も多い。
そんな野鳥たちが桜の樹に集まり、蜜を吸っていく。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

園内を見渡すことのできる桜の木の下で立ち止まると、頭の上、肩の上に小さなハート型のドット模様が次々と舞い降りる。

最近ハートマークにはご縁が無かった私だが、こんなところでハートマークを目にするとは…と苦笑い。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

園内に植えられているのは芝桜だけではなく、チューリップもある。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

チューリップと桜のコラボも春色コンビネーション。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

芝桜とサクラが競演ならば、チューリップとサクラは饗宴だね。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

Seasonal Gardenと呼ばれるお花畑エリアには季節の花がほころび、春霞の様に淡く花開く桜の色合いと好対照。

野に咲くワイルドな花とサクラ。

めったに見られない花色の組み合わせだ。

写真を拡大する

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

東武トレジャーガーデン

まだ花数はそれほど多くは無かったが、ネモフィラのエリアでも瑠璃色の花が咲いていた。
瑠璃唐草とも云われるネモフィラ。
その青色が私は好きだ。

まだ5分咲きにも満たないネモフィラの花。
時期的に無理だとは思うが桜とネモフィラの満開が揃ったら幻想的な色合いになるのだろう。

1

2

3

4

次のページへ→

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅へのコメント

animoさん  2017/04/12 00:20

館林は初めてでしたが、躑躅でも有名ですよね。
今年の桜は土日の天気がイマイチで、なかなか青空とのコラボが難しかったのではないでしょうか。

私も昨年秋から体の不調には悩まされています。
それでも、綺麗な景色を見ると心が和んで、少しはストレスも軽減されているような気が…。

躰と心の休養、上手にとっていきたいですね。

makoa187jpさん  2017/04/10 15:52

茂林寺とトレジャーガーデン、GWのつつじの時期に行ったことがあります。
桜と芝桜、チューリップにネモフィラと、すごいコラボですね。
これで、青空だったら・・・。
今年の春は、いろいろ慌しく、精神的にもよろしくないので、
桜スポットめぐりをする余裕がなく。。。
素敵な画像で、癒されました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!