海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)の旅行記

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

エジプト一人旅 #カイロ、アスワン、ルクソール #ラマダーン #夏のエジプト #観光客いない

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

6/13 21:30のフライトでセントレアから出国。
エティハド航空で北京経由、アブダブ乗り継ぎ。
6/14 11:40にカイロ空港到着。

入国審査を受ける前にVISAの購入と両替のため、入国審査の脇にある銀行へ。
17000円分をエジプトポンドに両替したが、細かく両替してほしいと伝えなかったため、
100ポンド×27枚
10ポンド ×数枚 に両替される。笑
細かいお金がなく、後々支払いに困ることになる。

無事入国審査を済ませ、空港出口へ
他の方のブログでみたように出口先には客引きで、もの凄い人の数。
空港から出るのを少しためらった。笑
出口で数分待って、事前に手配してあった送迎のドライバーとも無事合流していざカイロ市内へ!

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

空港からダウンタウンは幹線道路で結ばれていて、思ったほど混雑せず。
45分ほどで無事ホテルへ到着。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

ベニス細川家ホテル。
日本人には有名なスルタン、サファリと同じ建物です。
5階までポーターさんが階段で一生懸命荷物を運んでくれ、チェックイン。
一泊15ドルの部屋へ。
ドアの取っ手が壊れかかっており、壊してしまうのではないかととにかく不安だった。
スタッフの人に聞くと、この日の宿泊客は僕一人とのこと。
日本人スタッフも休暇で日本へ帰ったばかりらしい。
旅の情報交換ができると思っていたが残念。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

この日の予定は
エジプト考古学博物館 → ハーン・ハリーリ の観光
考古学博物館はラマダーンにため、いつもより早く15時最終入館16時完全閉館であることはHPで確認済。
現時刻は14時。考古学博物館へまで歩いて20分。
まぁまぁギリギリなので急いで行きました。
地図を頼りにダウンタウンの街を歩く。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

難関のラムセス通りも渡り切り、無事到着。
敷地内に内に入ろうとしたところ、警備員に呼び止められる。
なんと博物館は14時で閉館したらしい。HPの情報と違うじゃないか!と一瞬憤りを感じながらも博物館から退散。
時刻は14:30。一番暑い時間帯に行き先を失う。
仕方なく予定を繰り上げ、ハーン・ハリーリとその周辺のモスクへ行くことへ。
タクシーをつかまえ取りあえず10ポンドと言ってみるが相手にされない笑
次のタクシーで30ポンドで決着し、ハーン・ハリーリへ。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

ドライバーといろいろ話すうちハーン・ハリーリの近くのガーマ・アズハルに到着。
中に入るが、残念ながらここは工事中であった。
中で現地の人に声をかけられ、いろんな説明を受けたがお金の臭いがして途中で断った。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

続いてスルタン・ゴーリーのマドラサとスークへ。
主に衣服と絨毯屋さんが多かった気がする。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

続いてスルタン・ゴーリーの北側のスークへ(ハーン・ハリーリ方面)
こちらも時間があったのでとりあえず歩き続けた。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

スルタン・カラーウィーンのマドラサ。
ここはライトアップが綺麗らしい。まだ16時なので夜まで粘る気になれず・・・
広場のベンチで休憩していると、子供や学生が僕を指さしてくる。
お前ちょっとアイツと絡んで来いよ的なことを言っているのだろう。
絡んできたが無視をした。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

ひたすら歩き、ムイッズ通りの北端のフトゥーフ門まで来た。
門の先を一瞬見て戻る。
そして手前を通ったガーマ・ハリーファ・イルハキームへ。
多くの人がここで休憩しており、いちゃつくカップルも何組か。
僕もここで10分ほど座って休憩。靴ヅレができていた。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

てハーン・ハリーリの散策のため、来た道を戻る。
お土産になりそうなものを見つつ、良い写真が取れそうな場所を探した。
細かい路地も多く、気づいたら同じところを何度も通ってしまっていた。

写真を拡大する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)

17時近くになるとフセイン広場では食事の準備を始まってきた。
広場ではテーブルや椅子がところ狭しと並べられ、たくさんの人が集まりつつあり、
ガーマ・フセインの前にはステージも設置され、なにかの横断幕もあった。

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

夏のエジプト 一人旅2017(No.1 カイロ・ピラミッド編)へのコメント

のら吉さん  2017/08/14 15:43

こんにちは!ある意味同じ人力ですね(笑)
書かれているような日本だと文化遺産に指定されそうな建物も
カイロ市街にはたくさんありますが、
周囲の遺跡が紀元前なので比較して軽視されちゃう感じでしょうか(´・ω・`;)

すすすさん  2017/08/02 20:46

bordeauxさん 
コメントありがとうございます!

そうなんです、有名なギザの三大ピラミッドはすぐそこまで町が迫っています!
ピラミッドエリアの東側は飲食店とかホテルが立ち並んでますし、北側は高級ホテルとかゴルフ場があります。笑

すすすさん  2017/08/02 20:39

のら吉さん 
コメントありがとうございます。

さくらは本にも載っていました(^^)
人力ベーターは見かけなかったですが、
僕が泊まったホテルも築100年らしく、エレベーターは壊れていて
5階まで足で登っていました。笑

bordeauxさん  2017/07/28 13:05

ピラミットの反対側って意外と街なんですね。
砂漠バックの写真しか見たことなかったのでプチ衝撃でした!

のら吉さん  2017/07/11 09:46

こんにちは、のら吉と申します。
カイロ懐かしいです。自分は10年ほど前にエジプシャンが
経営するペンションさくらというところに宿泊していました。
エレベーターが人力というのがピラミッドよりある意味
驚きましたが、今でも人力ベーターなのでしょうか?

すすすさん  2017/07/08 12:30

masakazuさん 
コメントありがとうございます
はい、エジプトらしい暑さを感じながら旅行できて良かったと思ってます。
デメリットとしては写真を友人に見せても、人が映ってない分遺跡のスケール感がイマイチ伝わらないことでした・・・笑

masakazuさん  2017/07/07 14:54

むしろ他の観光客が居ないって良い時にご旅行されたと思います。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール