青春18きっぷでローカル線周遊の旅

36会同級生達10名で青春18きっぷを利用し、福塩線・廃線の計画のある三江線・山陰本線・木次線・芸備線・伯備線・山陽本線・福塩線を1泊2日で回って来ました。宿泊はひなびた温泉の有福温泉に宿泊でした。

青春18きっぷでローカル線周遊の旅

青春18きっぷでローカル線周遊の旅

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
戸手駅/福塩線

戸手駅/福塩線

一昨年の何時頃だったかしら・・・S君と、『三江線の旅をしてゃ~の~・・・』と話していたのです。
所が、3月末で廃線の話が出てきて諦めていたのです。
今年3月に同級生達とのバス旅行をした後の反省会の時に、廃線が1年延期となったことを話すと、KW君が青春18きっぷを使えば
安く旅行ができるがと提案が有り、初体験の切符で行こうと決定でした。

KW君は青春18きっぷを利用し、信州や九州や山陰などを一人旅しているやさしい猛者なのです。
  『7月に夏の発売が有るけ~・・・これで行こ~や~・・・乗車開始は7月20日からじゃ   ~・・・』

  『おい、この時間でまわろ~思うけ~確認してくれ~・・・』と時間を書いた紙を渡してく   れた。
ネットでローカル線の時間表を確認して表に纏めてみました・・・
さすがです、良く調べていましたね~・・・

三江線は、皆様の投稿されているブログで2両と分かりました。
木次線や芸備線は1両だと沿線を車で走った時に見ていましたので・・・私も40数年前はSLの撮り鉄でしたので・・・伯備線を乗るなんて・・・
布原駅が見れる~って・・・わくわくしましたね。
何度、地図で沿線の状況を眺めた事か・・・私にとって、準備時間は、まさに至福の時間でした。

三江線 石見川本駅では、お昼の食事を探すと、やはりブログで『新栄寿司』さんが有り、駅前でもあり電話で予約、宿泊は、何故かしら妙にこだわりの有る
  『泊まるとか~、ぜってゃ~有福温泉じゃけ~の~・・・』何故か妙にこだわりのある     KW君でした・
  『おみゃ~・・・青春の思い出の地きゃ~・・・』なんて、皆に勘ぐられて冷やかされて・・・同級生っていいもんですね・・・

宿泊費は1万円でとの我々の旅のスタイルが有りますので・・・まず、有福温泉でネット検索すると、“三階屋”さんと“よしだや”さんが外湯の周りにありました。
旅館紹介を検索しますと、三階屋さんは内湯は沸かし湯、よしだやさんは源泉かけ流しと有りました。
電話で、空きの確認し、とりあえず予約、キャンセルは3日前までを確認・・・

さて、青春18きっぷは何枚買うのか・・・
 『何人で行くんにゃ~・・・5人きゃ~・・・10人きゃ~???・・・』
 『10人で行こう~や~・・・10人になったとこで募集はやめるど~・・・』
 『分かった・・・旅館は有福温泉で探さ~・・・宿泊費は10,800円でえ~の・・・』

私は、旅の計画作成が大好きなのです。
グーグルマップで出発地から旅先を空から見るのが大好きなのです。
余談ですが、別所砂留も上空から俯瞰できるのですよ。

1週間前に“よしだや”さんに電話を入れ、正式の予約、3名・3名・4名の3部屋を税込 10,800円で依頼しました。
そして、下車駅の波子駅にはタクシーが居ないことが分かり、旅館に3台のタクシー予約をお願いしました。
前日にも、天候は晴れなのか確認の電話を入れて、宿泊する意思表示とタクシーの予約確認を行いました。

そして、7月20日となりました。
旅に出る日の朝は、特別に早く目が覚めてしまいます・・・
3時過ぎにトイレに起きて、もう眠れません・・・
4時になり・・・起床・・・
さて、外の天候は???
曇り空・・・天気予報では晴れだったのですが・・・

7時15分、C君のワゴンが迎えに来てくれました。

出発は福塩線:戸手駅発7時51分・・・勿論、無人駅です・・・
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール