✿腹に響く三尺玉✿スカイツリー超えの巨大花火 & 江戸時代へ時間飛行

埼玉県は何もない・つまらない…っていうのは偏見!地元民も知らない古い宿場町の魅力を再発見しに行こう♪そして、夏の夜は関東最大級の花火大会へ。三尺玉の腹に響く音って聞いたことある?

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
✿腹に響く三尺玉✿スカイツリー超えの巨大花火 & 江戸時代へ時間飛行

あれはまだ藤の花が咲いていた頃。
職場の同僚が昼食を食べている私の元へと1冊のパンフレットのようなモノをもってやってきました。

同僚が手にしていたのは「特別編集版・るるぶ」の冊子。
どうやら彼が手にする「るるぶ」は地元の商店街や駅でしか入手出来ない、それも冊数限定の非売品と云うかなりレアなもので、私が古い街歩きが好きなのを知っていて入手してきてくれたとのことでした。(実は地元もパン屋で偶然見かけて貰ってきたら、冊数限定版と後になって知ったというのが、その真相らしいです…)

るるぶのタイトルは「杉戸(すぎと)」。
私もそのタイトルを見て、レア感に納得しました。
杉戸と言えばその昔は日光街道の宿場町;杉戸宿(すぎとじゅく)があった村で、江戸時代には江戸から日光詣へと出かける旅人の宿場町として賑い栄えた場所でしたが、現在はどちらかと云うと風光明媚…という単語が似合う土地です。

現在の杉戸町と観光はイコールでは結びつかない場所なのに、その町の「るるぶ」がある…という意外性。

その意外性は私の好奇心を刺激し、「特別編集版るるぶ・杉戸」をベースに情報をもう少し掘り下げて、江戸時代の杉戸宿へとタイムトラベルに出掛けてみることにしました。

そして今回の旅行記では、杉戸町から電車で20分の河川敷で行われた夏の花火大会;関東で唯一の三尺玉が打ち上げられる古河花火大会の写真も紹介したいと思います♪


☆☆☆☆☆ あとがき ☆☆☆☆☆
いつもの旅行記ならば<あとがき>部分は旅行記の最後に入れるのですが、今回のプチ旅では少し感じるところが有り、敢てイレギュラーに序文と並列して<あとがき>を入れてみたいと思います。

埼玉は遊ぶところがない・見る所がない等と散々な言われようをする県ですが、それは今をベースとして物事を見ていて、その裏側にあるモノにスポットライトが当たる機会が無く、まだ気づかれていない部分が多いからなのかもしれません。

でもね…、それだけではないのです。

地域に対する興味を掘り起こすには、行政のバックアップ、それも小さな自治体単位ではなく、より大きな力を持つ県や国の助力が必要で、微力な市町村の力で出来る事には限界があります。
今回のタイムトラベルでは、町という小さな自治体の挑戦とその限界を感じました。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!