海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~の旅行記

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

ぶらタモリでタモさんも訪れた埼玉県は秩父へ素敵なレストラン列車に揺られて行ってきました(´・ω・)b

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

池袋駅/池袋線

パッと見、ちょっとしたホテルの調理場や飛行機内のビジネスクラスの
ギャレーに見えるこの光景、実は電車内です。
前から憧れだった、「西武鉄道の旅するレストラン52席の至福」に2ヶ月前から申し込んでいて、この度ようやく実現できました。(´・ω・)b

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

池袋駅/池袋線

旅スケでもコメントをよく頂く、makoa187jpさんがご紹介されていますが、こちらはディナーではなくブランチコース。お値段ちょっとリーズナブル版です。出発は西武池袋駅の特急ホーム。てっきりレッドアローの乗車口だと思っていたらまさかの…。

■西武 52席の至福 ディナーコース 乗車記 感想 評判 値段は15,000円
by makoa187jpさん
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/25331/

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

この列車は週末や祝日にブランチとディナーの2回それぞれ運行しており、メニューはシーズナリティに合わせて変動します。
7月に新しいメニューになった様子。
新緑の秩父、というかいつもはバイクで見る国道299沿いを車窓から楽しみたかったので、ブランチを選択。
https://www.seiburailway.jp/railways/seibu52-shifuku/meal/

ちなみに…
乗車の際、チケットを持つ選ばれし者は、レッドカーペットで乗車する。(本当)(; ・`ω・´)

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

車両は4両編成で、それぞれ四季の名前がついており、
1号車が春(多目的スペース)、
2号車が夏(客席車両)、
3号車が秋(ギャレー)、
4号車が冬(客席車両)、
となります。運行区間は西武池袋から西武秩父まで。途中、芦ヶ久保で30分下車が可能。
3号車ギャレーの通路なんてもうどこかラグジュアリーなホテルのようですね。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

日本ならではの、細部にこだわった造形もまた見どころです。
4号車の天井は長瀞の渓流の流れをイメージした西川材の木格子。

このへんから、何かの車窓からテーマ曲(溝口肇さん)をBGMにすると最高かもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=tYAOH5w9N8s

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

2号車の天井は、柿渋和紙。
こちらは鍾乳洞や洞窟などをイメージしているとか。
秩父といえば、三十槌の氷柱で有名ですからね。車両ごとのプレートなども
個性があっておもしろいです。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

おまちかねの料理が運ばれてきました。
まずは前菜(左)、♦わ♠わ♥わ♣ ~感動で彩る三色のオードブル~、すっぽんの冷やし茶碗蒸し、紅油雲白肉~薄切り豚肉のガーリックソース わさび菜サラダ添え、炭の黒い生地に包まれた、燻製した帆立貝と焼きナスのたらし焼きの3種。

茶碗蒸しは寿司の時の〆なので、前菜として出てきたことも新鮮でした。(´・ω・)b

何より、金箔入りの黒松露魚翅~トリュフとフカヒレのスープ(右)が、
クセがないのにクセになりそうなお味。香りとのギャップが凄まじい。最高でした。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

メインは黒米を詰めた鶉のロースト ハナビラダケとしゃくし菜漬を添えて。白舞茸とハナビラダケの違いがよくわからないのですが、身の詰まった鶉(ウズラ)のローストとソースが絶妙な一品。温泉卵を溶きほぐせば別の味も楽しめます。

デザートは、ほうじ茶と白桃のパフェ。ほうじ茶のアイスとかこんな機会でもなければどこでも食べられるものではないと思う…。
そして、52席の至福カードと手書きメッセージカードも一緒に出てきます。どこまでも行き届いたホスピタリティ。

なんか全体的に中華だな、と思ったらこのメニューの監修は、
スーツァンレストラン陳(東京)。ご存知の方はピンときたと思いますが、そうです、あの料理の鉄人、”中華の鉄人”陳建一オーナーシェフのお店ですね。

…私の記憶が正しければ。(; ・`ω・´)(お約束)

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

今回、僕のテーブルを担当して頂いたのは、左から2番目のNさん。
おだんごの髪型と愛嬌のある笑顔が素敵でついつい色々話しかけてしまいましたが、オススメ情報も教えてくれてありがとう、また秋のメニューになったら、ディナーで行きますね。╭( ・ㅂ・)و

車外でもポイントポイントで駅員さんたちによる、まるで桃鉄の目的地到着時のような歓迎があちこちの駅で催されたり、枚挙に遑がない。
西武池袋線は、飯能〜西武秩父間で切り返し運行になるので、進行方向右側、2人席の場合だと、国道299、つまり渓谷側ビューになるようです。
移動手段が目的になる、旅の新境地を開拓したい方はぜひ。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

その後は、開店早々火事やらレジオ…とかで営業停止になって6月に再開した、噂の祭りの湯へ。ツーリングの時は武甲温泉を目的地にすることが多いのですが、ここまでの施設ができたのなら、今後は目的地が増えますね。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

特にリラクゼーションルームからは、武甲山ビューなのでちょっとした景色も堪能できます。

写真を拡大する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~

帰りは特急レッドアロー号で池袋まで一直線。行きの1/3ぐらいで到着。
これはこれで快適。なんか駅から出ない日帰り旅でしたが、不思議な満足感。(´・ω・)b

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

【52席の至福】ぶらのら吉~レストラン列車で行く西武秩父駅から出ない旅~へのコメント

ドンバスマキシムさん  2017/09/14 14:02

C'est quand de reserver le train ? Je pour? Tariffa 2000 euro?

のら吉さん  2017/08/15 09:40

>>makoa187jpさん
こんにちは!いつもコメントありがとうございます。
週末、としまえん(駅付近の)映画館とスパに通い詰めなのですが、
夜に停車中(準備中?)のこのレストラン列車を見る度に
乗らねば!と思っていまして、ようやくの念願がかないました!

ザ・ロイヤルエクスプレスつい先月から運行開始の噂の伊豆急ですね~
マリンエクスプレス踊り子に揺られながら金目鯛炙り寿司弁当も
捨てがたいので迷うところです・・!

makoa187jpさん  2017/08/14 17:12

お!行かれたんですね。
今度は、伊豆の観光列車 「ザ・ロイヤルエクスプレス」か
しなの鉄道の「ろくもん」、あるいは
えちごトキめき鉄道「雪月花」はいかがでしょうか。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

■52席の至福
https://www.seiburailway.jp/railways/seibu52-shifuku/overview/
予算に入力しているのは1人分の料金になります。

■祭りの湯(料金表)
http://www.seibuchichibu-matsurinoyu.jp/matsuri/serviceguide/index.html

■レッドアロー号(料金表)
https://www.seiburailway.jp/express/pricelist/
※乗車賃
大人普通運賃 780円
IC大人運賃 772円

近くの旅行記

飛行機を見に、N'EXに乗って成田へ行く旅
飛行機を見に、…

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール