海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPアオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅の旅行記

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

イタリア側から見るモンブラン・マッターホルンの絶景やスイスアルプスとは景観が全く異なるドロミテ山塊の絶景等を体感の旅

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

旅行先  
[イタリアクールマイヨール チェルビニア ストレーザ シルミオーネ イタリア その他の都市

旅行期間 11日間

旅行目的 パッケージツアー /自然

拍手数4拍手 拍手するお気に入りの旅スケに追加

旅行時期2017.07.31

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

8月2日 クールマイヨール
成田国際空港~ミラノ直行便約12時間45分で現地時間PM18::30ミラノ空港着。宿泊地のクールマイヨールまでバスで約3時間30分。機内で仮眠したのと明日から始ま イタリア北部の自然世界遺産を巡る旅が始まるワクワク感で夜が明けるのが待ち遠しく何度も目が覚め,起床したのはAM5時。朝食前にホテル周辺を散策する。標高1224mの町域にはヨーロッパ最高峰である「モンテ・ビアンコ」 モンブランを有するイタリアで最も標高の高いコムーネ(地方自治体)。天気快晴、昨年フランス側からその姿を望めなかっただけに今回は期待感がある。
写真は標高3466mの「エルブロンネ展望台」に向かうロープウエイから見下ろしたクールマイヨールの町。

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

エルブロンネ展望台へのロープウエイは360℃回転するskyway monte.
さて期待のモンテビアンコ(4810m)の山頂は雲がかかり15分程時間が経過するもまたもその姿を見ることが出来ず残念!!しかし360℃パノラマのアルプス山脈。万年雪で覆われたその景色は見飽きることが無く感動!!

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

次の訪問地はイタリア最少州のコムーネ「コーニュ村」。当地はイタリアで最初に指定された「グラン・パラエディーゾ国立公園」が観光スポット。それを背景に記念写真を撮る。

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

8月3日 チェルビニア~マッジョーレ湖畔
イタリア観光2日も快晴に恵まれ「マッターホルン」が目の前に迫る美しい麓の町「チェルビニア」。イタリアではマッターホルンでは無くチェルビーノと呼ばれている。スイス側から観たその姿とは少し形が違うが手の届きそうなそんな感覚にとらわれてしまった
約1時間30程マッターホルン南稜を一望する絶景ハイキングを楽しむ。
写真=チェルビーノを背景に撮る。

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

チェルビーノに向かう途中に立寄ったブルー湖は逆さチェルビーノが映ることで有名。
10分もあれば一周できる小さい湖ながら、その名のとおりブルーの美しい湖面には野鳥達が人を警戒する事も無くなくのんびりと泳ぐ姿にしばし憩う。湖面には逆さマッターホルンも
、、、Lucky!!

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

昼食をとった後、向かったのはイタリア第2の大きさのマッジョーレ湖。避暑地としても有名で超高級ホテル等が軒を連ね、行きかう人は皆リゾートファッション。私達はリュックを背負いスニーカーのハイキングスタイル。かなり違和感があり暑さもあって汗がたら~り。 
(-_-;)
写真=湖畔の超高級ホテル

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

リゾート地で出会ったカップル

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

マッジョーレ湖に浮かぶ観光の島の一つに中世時代にミラノを統治していた「ボッロメーオ家」の宮殿がある。島全体が宮殿で遠目でもかなり迫力があるが湖を望む庭園や豪華な宮殿内も時間があれば必見。

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

8月4日 シルミオーネ~キウザ村
今日の午前中のスケジュールはイタリア最大の湖「ガルタ湖」に突き出たシルミオーネ散策。テルメ(温泉)としてもローマ時代から有名でもある保養地。ミニトレインで突端までいくのが楽。そこにあるローマ時代の遺跡は有料入場。
写真=観光客でにぎわう城壁周辺

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

昼食はフリーなので予めリサーチしていた「リストランテ」でビザ、パスタ、肉料理等を10名でシェアー。ブドーの蔦で覆われた広い店外テーブルは日陰で涼しく沢山の客でにぎわっていたけどお味は普通でした。

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

午後からイタリアで最も美しい「キユザ村」を観光。険しい山頂に修道院、その少し下の方に税関がある。なにゆえそこに税関があるのか?詳しいガイドは無かったけど車道は無いようで税関手続きするには「ゼイゼイ」言いながら行くのでしょうね (^_^;) この税関と修道院は高速道路からもよく見えるのでこの先訪問するボルツアーの行き帰り合計3回見ることになりました。
写真=修道院を背景に撮る

写真を拡大する

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅

8月5日
昨日キュザ村からバスで国境超える事約2時間、距離にして約200㌔。オーストリア・インスブルックに到着。今日は2連泊の初日。冬季オリンピック開催地でも有名で街の西方高台にはジャンプ台や宿泊したホテルの前の広い道路を隔てた西側はアイススケートの開催場所。今日は終日フリーなので予め調べておいた観光スポット巡り。ホテルからのアクセス方法は3つ。タクシー、路線バス、徒歩、、、街の雰囲気を味わいたいので迷わず私は歩いていくことに、、、途中スーパーに立ち寄り清算レジで順番待ちをしているとカートに沢山食品等入れていた前の初老の女性にど「ちらから来たの?」もちろん英語で、、、英語はほぼしゃべれないけどそこは度胸と物怖じしない私の事、意味はなんとなく理解できたので片言の英語と身振り手振りでJapanesetと答えたら彼女は私をハグしてそして順番を変わってくれたのです。そしてお互い意味が解ったのかどうかは?? ながら清算待ちの短い時間会話したのです。彼女はオーストリアの隣国「スロベニア」出身でハーブ等観光物産の仕事をしているらしく別れる際、ハーブが入った小さなハート形の匂い袋をプレゼントしてくれたのです。 パックツアーではなかなか触れ合うことのない素敵な出会いに私は少々感動したのです。一生彼女の事は忘れる事は無いと。。 この後、街中まで徒歩約20分て到着。まずは一番の観光スポット「黄金の小屋根」と周辺の散策とショッピング。日中は気温がグングンあがり少々バテぎみ、、、予めリサーチしておいたリストランテに向かっていると日本語で私を呼び止める声がして振り向くと同ツアーの一組の夫婦。他のメンバーはオプションツアーでたしかドイツに向ったはず、、聞けばイタリアの友人と再会予定が変更になったとの事、、ひとりでランチは気おくれするところだったのでlucky!! 夫妻と3人で楽しく有名なレモンビヤーを片手に楽しくランチタイムをすごしたのです。

1

2

次のページへ→

アオスタ・ドロミテ・チロル等 アルプスの大自然を体感の旅へのコメント

maoleoさん  2017/09/13 14:43

ドロミテ山脈の険しい岩山とその山麓の広大な牧草地の緑ががとても印象的で美しい景色でした。
コメント有難うございました。

makoa187jpさん  2017/09/13 12:43

サンタ・マッダレーナの画像、ステキですね。
ヨーロッパアルプスは、画になりますね。

maoleoさん  2017/08/16 22:32

masakazuさん コメント有難うございました。機会があれば是非この素晴らしい自然世界遺産を体感してください。 (^_^)/

masakazuさん  2017/08/16 10:10

これは絶景ですね。まるで、ドキュメンタリー番組を見てるかのような峰々に感動しました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!