海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!の旅行記

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

沈船好きな私としては外せないポイント。足をのばして伊平屋島へ!

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

古宇利大橋
今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ全長1,960mの橋。2005年2月8日に開通し、日本国内で通行無料の橋としては2番目に長い橋になるみたいです。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

古宇利大橋を渡ってすぐ左手には、古宇利ビーチや地元の特産品が楽しめる古宇利ふれあい広場があり、観光客でにぎわっています。
少し先に行くと小さな港があるので、エモンズにはそこから行きます。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

USS エモンズ
2000年9月、沖縄古宇利島の北側の海底から時々浮いてくる油があることから、遊漁船の通報により第十一管区海上保安本部の調査により海底に沈んでいる軍艦が発見された。同年12月、地元のダイビングインストラクターの調査によりその軍艦がUSS Emmonsと判明した。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

沈没船 駆逐艦USSエモンズ
メモリアルプレート

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

エモンズの歴史
全長106mの駆逐艦USSエモンズ。(駆逐艦:魚雷で敵艦を攻撃する速力の速い軍艦、USS:アメリカ海軍艦船 -United States Ship )船体はほぼ原形をとどめ、巨大な主砲、スクリュー、ソナー、機銃や兵士のヘルメットなども当時のま­まの姿で海底に横たわっている。エモンズは第二次世界大戦末期の1945年4月6日、第二次世界大戦時に日本軍・神風特攻隊の攻撃を受け大破。乗組員209人の内、行方不明者を除いたすべての人々の救助後に秘密漏洩を防ぐ為にエモンズは米軍自らの手によってに沈められた。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

朽ち果てた機銃。
深い歴史を感じます。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

現在、エモンズはレックダイビングの楽しめる上級者のみのポイントとなっています。船体トップが約35m、水底は43mあるので減圧不要限界に注意、安全停止は十分に必要なポイント。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

106mの巨体は破壊されつつも、その美しさを保っており、訪れるダイバーを感動させてくれます。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

正式名称 エモンズ (USS Emmons, DD-457/DMS-22)
起工 1940年11月14日
排水量 2,050トン
全長 106.2 m
全幅 11.0 m
最大速 35ノット (65 km/h)
乗員 208名(戦時276名)
兵装 38口径5インチ砲4門 12.7mm機銃6基 21インチ魚雷発射管10門
20mm機銃6基 爆雷投射機6基 爆雷軌条2軌

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

エモンズの沈没船は、これから長い年月をかけて原形が崩れていくことが予想されます。
いつまで原型をたもってられるのでしょうか?

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

船の周りにいられるのは、15分位だと思います。
あとはゆっくり時間を掛けての浮上と安全停止です。
万全の準備をして潜るべきなのがディープダイビングの心得。
みなさんも、気をつけましょう。

写真を拡大する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!

次の日に伊平屋島に向かいます。
伊平屋島は今帰仁村の運天港から船(フェリー)で渡ります。
大人:往復¥3,440/片道¥1,810
小人:往復¥1,730/片道¥910

※入村時に環境協力税¥100を徴収します。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

沖縄、沈没船USSエモンズから原風景の島 伊平屋島へ!!へのコメント

げんじ君さん  2017/10/13 22:35

のら吉さん
こんにちは。
ライセンスは最低でもアドバンスのライセンスを
お持ちでないと潜れないと思います。
なにせ深いので‥‥

のら吉さん  2017/10/13 17:59

グアム旅の時にはじめてダイビングしたので、
この沈没船を見るにはライセンスとか
必要なのでしょうね(๑•́ ₃ •̀๑)

げんじ君さん  2017/10/06 22:33

のら吉さん
こんにちは!
私の戦艦武蔵のTVは見てました。
確かに静かに海の中に眠っています。
実際沈船見るともっと感動します。

げんじ君さん  2017/10/06 22:31

makoa187jpさん
コメントありがとうございます。
今はカメラがいいのでシャッター押せばOK!!

のら吉さん  2017/10/05 13:46

こんにちは~。
USS Emmonsをwikiで読んできましたが、壮絶な艦歴ですね。
エモンズも、沈む原因となったキカッケも。
夏に、NHKの特集でフィリピン沖の海底1,000mに眠る
戦艦武蔵の番組を見た時も思いましたが、この手の戦争遺物には
一言では表せない沈黙の美というか、芸術性を覚えてしまう自分がいます。

makoa187jpさん  2017/10/05 09:55

美しい水中写真に魅せられました!私もこういう写真を撮影したいです。

げんじ君さん  2017/09/26 19:53

すみとさん
またまたコメントありがとうございます。
子供の時に探検とかするとワクワクしましたよね!
沈没船潜るとそんな気持ちになります。
機会があればダイビングチャレンジしてみてください!!

すみとさん  2017/09/26 18:15

沈没船!カッコイイ!
男のロマンを感じます!
こういう投稿を見るとダイビングやってみたいなーと思ってしまいますね(^^)

げんじ君さん  2017/09/20 22:42

masakazuさん
コメントありがとうございます。
いつも戦争関係の沈船に潜るときは、海の中で手を合わせていますよ。
エモンズは神風にやられて浮いていたそうですが秘密漏洩の為に自沈させた船です。
何十年後は今ほど形は残っていないかもしれませんね。

masakazuさん  2017/09/20 13:31

沈没船、不謹慎かもしれませんが、ロマンを感じますね。素晴らしい写真ありがとうございました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール