海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP青蔵鉄道で行くチベット!の旅行記

青蔵鉄道で行くチベット!

入域許可書やらガイドやらが必須のチベットへの旅。中国の旅行社「西安中信国際旅行社」に入域許可書とガイド、車、鉄道、航空券の手配をお願いした半自由旅行。

青蔵鉄道で行くチベット!

青蔵鉄道で行くチベット!

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

上海老茶館

豫園近くの方浜中路にある茶館。
道沿いだけど、2階ににあり、知らないと見つけられないかも。
中は縦長それほど広くなく、人もほどほど。
おじいちゃんの給仕に笛・楊琴の生演奏と、落ち着いた雰囲気が堪らない。
人も多く賑やかな豫園とすぐ近くなのに静かで、休憩にはちょうど良い。
飲んだお茶は確か「上海嫩绿」55元。
他には烏龍茶も55元、龍井や碧螺春が65元。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

HEHUANG MEMORY YOUTH HOSTEL 河湟記憶青年旅舎

6人部屋のドミトリー。
ロッカー付。
窓はなく閉塞感はあるけど、天井が高めなのが救い。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

HEHUANG MEMORY YOUTH HOSTEL 河湟記憶青年旅舎

ロビー兼カフェ?

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

HEHUANG MEMORY YOUTH HOSTEL 河湟記憶青年旅舎

宿は白い矢印のトコロです。
暗いと分かり辛く、ハラハラしました。
右側の建物にあるレストランの店名が夜中でも煌々としています。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

クンブム(タール寺)

タール寺は町のような広さですので、それなりに時間が必要です。
人の多さもあって、全部は見てないのに3時間もかかってしまいました。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

クンブム(タール寺)

名物のヨーグルト。水色のパックのが自家製5元。
奥の白に紺のパッケージのがメーカー品5元。
他に瓶詰のもありました。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

朝ゴハンに食べた「肉挟餅」

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

玉帯橋清真寺

方向間違えてたまたま訪れた玉帯橋モスク。
境内にはなぜか盆栽が並ぶのんびりした空気。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

東関清真大寺

やはり立派だった東関モスク。
皆さん、真剣にお勉強中です。

写真を拡大する

青蔵鉄道で行くチベット!

南禅寺(南山寺)

寺に上がる途中には占い師がたくさん。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手するお気に入りの旅スケに追加

青蔵鉄道で行くチベット!へのコメント

べんじゃおさん  2017/10/06 20:20

msakazu様
コメントありがとうございます。
皆様の興味の一端や旅の参考になれば幸いです。
仰る通り「雄大」な地、1週間では駆け足になってしまったのが残念です。

masakazuさん  2017/10/06 10:45

雄大すぎる・・・。とても感動しました。自分もいつか行ってみたいです。


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

中国の少数民族に会いに行く
中国の少数民族…

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール