海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷への旅行記

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

最近、アクティビティーとして脚光を浴びている氷河トレッキング。深いクレバスを乗り越え歩く氷河で目にした青く輝く氷河谷は、大自然の神秘に溢れていました【Fjordドライブ1300km-3】

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

ノルウェーの自然。

そこは様々な映画の撮影場所となっている場所で、近年ではディズニー映画【アナと雪の女王】に於いて冬のシーンの殆どをノルウェーの山、教会、港町からデッサンを起こしたと云われています。
そして少し古い映画となりますが、現在でも続編が次々と作られているStar Warsシリーズのエピソード5 〈帝国の逆襲〉でも氷の惑星のロケ現場となっていたそうです。
今回のノルウェー旅では、そんなスターウォーズのロケ地を巡る氷河トレッキングにチャレンジしてきました。

ノルウェーの氷河ウォークで有名なものは2013年に歩いたJostedal氷河と今回参加したJuklavass氷河などがあり、様々な会社が氷河トレッキング1日ツアーを企画しています。

氷河トレッキングは、歩く距離や難度により参加年齢資格が15歳以上など制限のかかるツアーもありますが、基本的には観光客向けに作られたアクティビティなので危険な場面は殆どなく、装備だけは一丁前ですが、いわゆる冬山登山の様に構える必要は全くないお遊びです。

北欧の晴れた空の下、アイスブルーに輝く氷河湖を見下ろす雪山を歩いてきました。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

□7/1 成田発 午前- SK便- コペンハーゲン着 -SK便- ベルゲン着
□7/2 アイ・フィヨルドへ移動 ボーリング滝・トレッキング
□7/3 トロルの舌・トレッキング
□7/4 スターヴ教会 & ダイナミックな滝巡り/Odda
■7/5 氷河トレック/Blue Ice Hike Juklavass Glacier
□7/6 プレーケストーレン・ハイキング
□7/7 シェラーグボルテン・トレッキング
□7/8 スタバンゲル & ベルゲン 街歩き
□7/9 ベルゲン発 午前 - SK便- コペンハーゲン着 -SK便-
□7/10 成田着 午前

☆★☆★☆ ガイドブックにはないノルウェー 旅行記 ☆★☆★☆
【1】トロルの舌で愛を叫ぶ
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/26850/
【2】スターヴ教会と滝巡り

【3】惑星ホスの氷河を歩こう♪
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27157/
【4】プレーケストーレンから転落未遂!?
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27158/

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

ハーデンガー ホテル

私たちが氷河トレッキングに参加したのは、ハダンゲルフィヨルドのJondalという町の近くにあるJuklavass氷河。
Juklavass氷河までは宿泊している町Oddaからレンタカーで移動する。

今回の旅では、ノルウェーの絶景【トロルの舌】へのトレッキングを第一目的としていたので、天候待ちのリスクも考え、あえて【トロルの舌】への基地となるOddaのホテル:ハーデンガーホテル(hardanger Hotel)に3泊の予約を入れていた。

そして、この3泊の予約が私たちに思いもかけない幸運をもたらしてくれた。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

Oddaのホテル:ハーデンガーホテル(ハードアンガーホテル;Hardanger Hotel)の宿泊担当者とは、宿泊の前から予約サイトのメッセージ欄を介して、トロルの舌へのトレッキングの件などいくつかの事柄を相談させてもらっていた。
そして、相談のついでにちょっとしたリクエストをお願いしていた。

そのリクエストとは「今回の旅は結婚22周年の旅だから、できればフィヨルド・ビューの部屋を準備してほしいな」という控えめなお願い。
それに対しホテルからは「分かった。準備しとくよ」という返事を貰っていた。
だから、旅の前からホテルの部屋の窓からの眺めにはちょっとだけ期待はしていたのだが、まさか、私たちのリクエストがこんな形で聞いてもらえるとは思ってはいなかった。

ホテルが私たちに準備してくれたのは、リクエスト通りのフィヨルドに面したフィヨルド・ビューの部屋だったのだが、その部屋はそれだけではなかった。
何とホテルの中でも2番目に良い部屋であるジュニア・スウィートを準備していてくれたのだ。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

4階の角部屋であるジュニア・スウィートは、湾に面した美しいフィヨルドの光景が窓から見えるのはもちろんだが、ベッドルーム以外に、我が家のマンションの部屋面積と同じ位ありそうなリビング・ルーム付。

こんなグレードの部屋に泊まった事のない私は、初日に部屋の鍵を開けて目の前に広がる巨大なリビングを見た時に思わず部屋を間違ったかと思い、開けていた扉をいったん閉め、もう一度部屋番号を確認してから、扉を開け直したほどだった。

リビング以外にはランドリールームとキッチンが付き、相棒と二人で滞在するにはもったいない広さ。

普通の部屋の料金で宿泊予約をしているのに、こんなすごい部屋にアップグレードしてもらう事が出来たなんて…と驚くとともに、トロルの舌でドロドロに汚れたトレッキングの恰好でこの部屋にチェックインしたことをちょっとだけ恥ずかしく感じてしまった。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

窓越しに見る日中のフィヨルドは窓枠が額縁の様に見えて、まるで一枚の絵の様。

湾に深さがない為、大型の客船は入ってくることのできないOddaの湾。
それ故に、静かで落ち着いたハダンゲルフィヨルドの景色が広がっていた。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

そして深夜にふと目覚め、窓越しのフィヨルドに目をやると、そこに広がるのは日の沈むことのない白夜の湾。

まるで夕焼けが消えるのを惜しむかのようにフィヨルドの奥にそのオレンジ色を描き続けていた。

ホテルからの粋な計らいとなったoddaでの宿泊は、最高の4日間となった。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

7/5 氷河トレックの朝。
5時に起床し、oddaの町をふらりと散歩をした後は、朝食の時間。
この時期のハダンゲルフィヨルドは夏と言っても朝の気温は10℃以下なので、半袖なんてもってのほか。
長袖のT-シャツの上に更にフリースを着こまないと外を歩けない寒さだ。

ノルウェーのホテルは朝食付の料金設定が多く、ここハーデンガーホテルも例に漏れず朝食が付いている。
ベルゲンの大きなホテルと比較するとその品数は多くはないが、スモークサーモンも生ハムもそのクオリティが高く、非常に美味しかった。
果物の種類も多く、ザクロまでがあったのには驚いた。

朝食をお腹いっぱい食べて、朝8時。
氷河ウォークが行われるJondalに向けて車を走らせる。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

OddaのホテルからJondalの港町では約40分。
Jondalの町からは、Folgefonna方向に走る。

Folgegonnaは氷河の名前でもあるが、ノルウェーでは夏でもスキーを楽しめるスキー場としても有名な場所だ。

Folgegonnaへの道は有料道路で、100NOK(約1500円)の支払いが必要だ(カード払いのみ)。
道は舗装はされているが、路肩のすぐ脇はそのまま谷底へ落ちる奈落の崖。

有料道路と言っても舗装されていればラッキーというのがノルウェー基準らしい。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

道はクネクネとしている上に登り坂で、運転をしていた相棒はかなり大変だったようだが、その景色はノルウェーのハイランドそのものの光景。

お天気が良いものだから、その景色がいっそう美しく見える。
1か月前までは雪と氷で覆われていたであろう氷河湖の周りにも褐色がかった草が生え、これぞ北欧の山の景色。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

Fonna Glacier Ski Resort

そして、宿を出て1時間半後の9時過ぎに到着したのが、Fonna Glacier Ski Resort。

夏スキーなのでそれほど雪質は良くはないのだが、けっこう大勢の方がスキーを楽しんでいた。

写真を拡大する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ

スキー場のリフトの座席の形は日本と異なるT字型の棒状のブランコみたいな形。
2人が左右に座ればバランスが良いが、ひとりだとちょっと怖そう。

また、ゲレンデにいた方たちも日本とは異なっていた。
近年の日本ではスノーボーダーの数がスキーヤーよりも多いように思えるが、ノルウェーでは圧倒的にスキーヤーの数が多かった。

そして、車いすの方たちも特に介助を必要とせずに自身の力のみでスキーを楽しんでいた。
彼等は車いすでリフトの近くまで乗り付け、そこからは自力でスキーを履いて、リフトに乗り斜面を滑走していた。

白い斜面をバランスよく滑走するその姿は、まるでパラリンピック競技の中継を見ているようで、見とれてしまうほど。

もしかすると選手団の方たちだったのかもしれない。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へへのコメント

animoさん  2017/09/29 22:50

ノルウェーでの氷河トレッキングは、本当に楽しみにしていたのに残念なツアーに当たってしまったのが非常に心残りでした。
でも、泣き寝入りはせずに、こんなひどいツアーだった~とフクロウの口コミにも入れておいたので、もう少し主催会社も心を入れ替えてくれるのではないかな。

氷河自体は透き通る青い氷が輝く美しい氷河で、とっても綺麗でしたよ。

はいぶりっじさん  2017/09/29 17:45

惑星ホス、映画の中の世界を見られてとても素敵ですね!
ツアーは当たり外れ、そして運もあり、animoさんの気持ちよく分かります。
今回は運営自体に問題がありそうですが…
大人げなくとも本音を言ったanimoさんに拍手!


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン
断崖絶壁から …

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール