海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】の旅行記

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

日本三大名瀑の一つである袋田の滝。錦繍が彩る秋景色を愉しんできました。

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

2017年の秋の紅葉。
今年はどんな秋景色が見られるかな?
何処へお出かけしようかな?

夏が終わるころから、あそこに行こうか、ここにしようかと頭を悩まし色々と考えていました。
しかし、紅葉がオンシーズンとなった10月は季節外れの台風の到来で、週末がことごとく雨。
とても、紅葉を楽しみに山に出掛ける・・・なんていう天気ではありませんでした。

そして、迎えた11月の最初の週末の天気は晴れで紅葉日和の三連休。
でも、こんな時に限って相棒と私の予定が噛みあわなく、なんとかお互いの都合を擦り合わせて出来たプランが【早朝出発、渋滞知らずで袋田の滝へ】。

錦繍に彩られた山肌と豪快に流れ落ちる滝の競演を愉しんできました。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

三連休の最終日の起床は朝4時半。
ベッドから飛び起きると、速攻で支度をして朝5時には車へ。
まだ夜も明けぬ暗闇の中を北へ向けて進路をとる。

この三連休は関東の低山エリアでは紅葉が見頃。
どこへ行くかのその候補地は悩むほどいっぱいあったのだが、11/5というのが候補地を絞り込むうえで非常にネックだった。
候補地を絞りこむ障害となったのが、米国大統領のトランプさんの来日。
埼玉県に居住する者が山梨や神奈川方面へと行こうとすると、首都高速道路の経由が必要となるのだが、米大統領の来日により首都高速道路のどこでいきなり通行規制が発生するのかが分からない状態で、目的地までの到着時間が読めなかった。

そうなると方向として考えられるのは、関越道、東北道、常磐道のいずれか。
日帰り旅なのでそんなに遠くまでは行くことは難しいし、関越道は渋滞に嵌った場合のエスケープルートが少ない。
であるならば、常磐道方面が最有力候補となり、まだ行ったことの無い袋田の滝が行先に決定した。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

早朝の高速道を走っている時に、不思議な現象を目にしたので、思わずカメラでパチリ。
鉄塔が写っているのだが、遠くの鉄塔の足元が消え、まるで心霊写真の様になっていた。

この不思議な現象を引き起こした犯人は、どうやら放射冷却による霧のようだ。
この秋一番の朝の冷え込みだった今朝の空は快晴で雲一つなかったのだが、そのせいで夜の間に冷やされた空気中の水分が水田地帯で飽和状態となり、霧へと姿を変え、鉄塔の足を隠してしまっていた。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

目的地の袋田の滝への到着は朝7時。
朝早いことも有り、渋滞はなく、予定通りの所要時間だった。

袋田の滝の駐車場は町営無料駐車場が2か所あり、その他はお土産屋さんなどが運営する私設の駐車場(利用料金300円~500円程度)だ。
町営駐車場は2か所で第一駐車場が50台、第二駐車場が220台を駐車できる。
私たちが車を駐車したのは第一駐車場で、第一の方が袋田の滝からの距離が近い(第二駐車場は、滝からの距離が更に500mほど遠くなる)

7時に駐車場に着いた頃は、第一駐車場に停まっている車の数は数えるほどしかなかったのだが、支度をしている内にどんどんと車はやってきて、7時半頃には半数以上の駐車スペースが埋まっていた。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

多分、この時間に第一駐車場を狙ってくる人達の目的は、袋田の滝の周りの山々のハイキングだろう。
袋田の滝の観光のみが目的の場合は、滝へ繋がる道のゲートが開くのが朝の9時なので、こんなに早い時間帯にこの駐車場へとやってきても意味がない。
9時までの2時間を無駄に過ごすだけだ。

相棒と私の目的も、やはり他の車同様のハイキング。
袋田の滝の脇には月居(つきおれ)山があり、月居山を周遊する1時間から1.5時間で歩けるハイキングルートを朝さんぽする・・・それが目的だった。

駐車用から歩き出すと、目の前に見える山は紅葉の真っ盛り。

これならば、ハイキング道の木々も期待できるかも…。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

ハイキングルートまでの道沿いには農家の果樹園があり、真赤に色づいた林檎が枝をしならせて実っていた。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

月居山ハイキングは、七曲りと呼ばれる道から歩き始める。
朝の気温は3℃。
吐き出す息が空中を白く舞う。

寒くて手袋・毛糸の帽子・フリース・風除けのジャケットを着て歩き始めたが、さすがに登り始めて15分もすると軽く汗ばむ位に体が温まって来たので、フリース以外は鞄の中へ。
ただ、立ち止まると寒いので、これらのアイテムは散歩時の必須品目であることに間違いはない。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

道はごく普通の登山道で、特に激しい登りという訳でもなく気持ち良く歩ける。
ただ、紅葉が・・・。

先程目の前にあった山の錦が嘘のように、森の木々は青々としていた。  

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

七曲りを抜けるといったん車道に出るのだが、車道は風が通るせいか少しだけ木々の色が秋色に変わっていた。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

普段の私は車道歩きは嫌いなのだが、この日はこんな素敵な苔の景色を見ることが出来たので、あまり苦にはならなかった。

自然の岩ではなく、かなり昔に土砂崩れを防止するためにコンクリで固めた道路脇の崖。
でも、そんな人工物も長い年月を経ることで表面に地衣類が根付き、美しい景観を作り出す。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

月居山ハイキングは標識がしっかりしているので道を間違えにくいのだが、唯一悩んだのが、この標識。

この日のハイキングの終着点は袋田の滝なのだが、ハイキング道は月居山を経由する道。
それなのにこの看板は、月居観音堂(月居山)と袋田の滝を示す矢印が別方向を指していて、どっちへ行くのが正解か迷ってしまった。

この場合の正解は月居観音堂。

袋田の滝への矢印には(近道)と書き加えられていて、このルートはエスケープルートで、こちらの方向へと歩いてしまうと、月居山へは行けなくなってしまう。

写真を拡大する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

月居山ハイキングは標識がしっかりしているので道を間違えにくいのだが、唯一悩んだのが、この標識。

この日のハイキングの終着点は袋田の滝なのだが、ハイキング道は月居山を経由する道。
それなのにこの看板は、月居観音堂(月居山)と袋田の滝を示す矢印が別方向を指していて、どっちへ行くのが正解か迷ってしまった。

この場合の正解は月居観音堂。

袋田の滝への矢印には(近道)と書き加えられていて、このルートはエスケープルートで、こちらの方向へと歩いてしまうと、月居山へは行けなくなってしまう。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】へのコメント

animoさん  2017/11/16 07:07

bordeauxさん  こんにちは。
秋の朝の光景は私も大好きです。
地霧が平野を覆いつくし、その中に淡く浮かび上がる明け方の朧月。
高速を運転する時には厄介者の霧ですが、幻想的な光景ですよね。
袋田の滝へと出かけたこの日は仕事へ行くよりも2時間早起きするだけだったので、5時出発ならばそんなに大変でもないですよ。
空いている時間の行動はストレスフリーなので、是非挑戦してくださいね。

animoさん  2017/11/16 07:02

はいぶりっじさん  こんにちは。
紅葉を見に行ったこの日は米国大統領の来日による首都高規制が影響したのか、そんなに道路も混みあわずにモミジ狩りが出来ました。
朝の柔らかい光が照らしだす紅葉は秋の雰囲気そのもので、素晴らしいひと時でした。

bordeauxさん  2017/11/15 17:47

紅葉も美しいですし、高速からの空もとっても幻想的で綺麗ですね!
朝だから空気が澄んでて余計にきれいなんでしょうね~
早起きできる人になりたい。。

はいぶりっじさん  2017/11/14 16:43

とってもきれいな紅葉ですね!
滝と紅葉の景色は本当に美しいです。
早起きは三文の徳とは、まさにこのような事を言うのでしょうね。

animoさん  2017/11/09 22:04

今年の10月の週末は雨ばかりでどこにもお出かけが出来なかったので、お日様のマークが続いた11月の三連休はモミジ狩り日和となりました。
袋田の滝は、太陽が射しこむと紅葉した葉の色が鮮やかに発色し景色が更に美しく見えました。陽光の有無は大事ですね。
トンネルのミラーボールや不思議な電飾装飾には驚かされましたが、楽しかったのでああいうのも有りだと思います。田舎の役場というと頭の固い人達ばかりのイメージですが、大子町では最近のトレンドをしっかりキャッチして取り入れる柔軟な考え方の出来る方が多いのですね。

makoa187jpさん  2017/11/08 15:51

最盛期のいい時に行かれましたね。美しい紅葉と滝の写真、絶品でした。
私も数年前に行きましたが、袋田の滝、紅葉の時美しいですね。
トンネルのミラーボールは、そのときにありませんでした。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール