獅子国養生記

スリランカのアーユルヴェーダリゾート滞在9日間の記録

獅子国養生記

獅子国養生記

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

獅子国養生記

バンダラナイケ国際空港の北、車で40分程のWaikkalにある「KARUNAKARARA AYURVEDA SPA&RESORT」 入口外観。
ここでアーユルベーダ(=サンスクリット語で「生命の科学」「生きる智慧」、5000年の歴史を誇るインド・スリランカの伝統医療)プログラムにより心だけでなく体の癒しが体験できる。

写真を拡大する

獅子国養生記

空港到着時に、送迎のホテルスタッフにランのレイをもらい、初日のアーユルヴェーダトリートメント後、プリメラの花を耳に付けてもらった。

写真を拡大する

獅子国養生記

カルナカララ・アーユルヴェーダスパ&リゾートのゲスト用コテージ。11月は雨の多い季節らしいが、9日間の滞在で一晩雨が降っただけでずっと晴天だった。

写真を拡大する

獅子国養生記

コテージ内部。ベッドメイキング後にはベッドの上にタオル製のクジャク像が作られていることも。

写真を拡大する

獅子国養生記

タオル製クジャクのアップ。

写真を拡大する

獅子国養生記

奥がドクターの部屋。毎日8:30より診断が行われた。滞在初日の診断時にゲストのドーシャ(個々人に特有のヴァータ/ピッタ/カパの3つのエネルギー属性)をチェックし、トリートメントと食事の内容が決められる。手前がヨガスペース。毎朝6:30-7:30にヨガが行われた。

写真を拡大する

獅子国養生記

ヨガスペースのライトアップ風景。

写真を拡大する

獅子国養生記

ヨガスペース横のブッダ像。脇侍は誰かしら。

写真を拡大する

獅子国養生記

食事は3食とも主食(白米、赤米、米粉のヌードル、ロティ(固焼きパンケーキ)、ココナツ味の普通のパンケーキ)と2-3種の主菜+1-2種の副菜。ゲストのドーシャにより異なる。主菜はほとんど野菜カレー。味付けはマイルド。副菜は温野菜かサラダ等。24回食事をした内、動物性たんぱく質は、チキン1、魚3回だけですべて朝食だった。豆類も朝食に出たので、アーユルヴェーダではたんぱく質を朝食に取るものらしい。

写真を拡大する

獅子国養生記

ヌードルと豆の7日目の朝食。

写真を拡大する

獅子国養生記

毎食後デザートがサーブされた。

写真を拡大する

獅子国養生記

7日目の朝のデザート。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

獅子国養生記へのコメント

はいぶりっじさん  2017/12/20 15:59

身も心も癒されそうな旅ですね。
鉄橋の渡った所で手を振る住民の方たちを見ると、なんだか温かいものを感じました。
とてものどかで自然と穏やかになるのでしょうね。

bordeauxさん  2017/12/19 10:24

アーユルヴェーダリゾート行ってみたいです☆
自分で食事療法を取り入れようと思ったこともありましたが、難しかったです。。
9日間終えた後、体はどうでしたか?

すみとさん  2017/11/30 10:24

睡蓮て蓮の別名か何かと思ってたんですが、全然違うものなんですね。
初めて花を見たんですが自分が知ってる蓮の花と全然違うので気になって調べてみたら、見た目が似てるだけで分類すら異なる植物で驚きました(^^;


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール