海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅の旅行記

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

世界遺産に登録された「秩父夜祭」へ、2017年12月3日(日)に初訪問!有料の桟敷席なしで、どこまで見られるか!?

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父市役所「秩父神社 御旅所」

秩父観光は何度もあれど、初めての「秩父夜祭」訪問。
冬場は、祝日でも閑散としている場合もある西武秩父駅前は、祭囃子が聞こえ、午前中だというのに大変な賑わい。駅を背に、左方向へ進むとすぐに大きな広場に出ます。
ここが秩父神社を発って、市内を回った屋台や笠鉾(以下、「山車」といいます)6台が集結する場所となります。
背後の秩父市役所の前には、仮設の観覧席が設置されています。有料の桟敷席で、10月に販売され、すぐに完売となってしまいます。この席を確保できないと山車と花火のコラボという「パンフレットの画像」を撮影するのは難しいという事前情報がありました。果たして、本当に難しいのか、実際に検証します。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父市役所「秩父神社 御旅所」

秩父神社例大祭の期間は、毎年12月1日~6日と決まっています。特に12月2日と3日を中心に、6つの山車町による山車行事が繰り広げられます。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられていて、2016年に「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む「山・鉾・屋台行事」33件が、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。世界遺産登録後、土日が「夜祭」となる今年は、大混雑が予想されていました。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

「御旅所」から番場通りを経て、秩父神社へ歩いていきます。番町通りには、両側に屋台や出店が並び、多くの観光客で賑わっていました。
秩父神社の入口では、「歌舞伎」の口上が繰り広げられていて、多くの観光客に囲まれています。なお、この周囲は、自動車が入ってこられないように規制されています。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

恐らく、町内会の有志によって行われているようで、向上や所作がたどたどしいのは、ご愛嬌です。でも、「秩父人」の祭りにかける情熱が伝わってきます。
では、境内に入ることにしましょう。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

境内に入ると、屋台芝居が行われる絢爛豪華な舞台が建っていました。この後、実際にココで口上が繰り広げられると、多くの観光客が集まってきて、大混雑となります。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

「神門」からご本殿に入っていきます。右側2列で行列ができていますが、ここは参拝をする人々です。左側は自由にご本殿方向に入れるので、そこから中へ行きました。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

ご本殿につづく参道の左右にはテントが並べられていて、市議会議員とかもろもろが待機しています。この中には入ることができないので、テントの横(画像左)側から、ご本殿の横、側によって見ましょう。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

有名な「お元気三猿」です。日光東照宮の三猿は、「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名ですが、秩父は「よく見て、よく聞いて、よく話す」と同じ徳川家にゆかりのある神社ながら、まったく異なった表情を見せています。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

「お元気三猿」をモチーフにした絵馬もありました。かわいらしい絵馬です。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

正面の裏側(ご本殿北側)には、「北辰の梟」の彫刻があります。体はご本殿に向いて、顔だけ振り返って真北を向いて、ご祭神をお守りしているのだそうです。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

ご本殿の東側には、名工「左甚五郎」の作と伝わる「つなぎの龍」があります。青い色が大変美しく、彫刻などに興味のない私も、珍しくしばし見とれてしまいました。

写真を拡大する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅

秩父神社

神門が、先ほどよりも大変賑わい出しました。高さ6.5m、重さ12tの「宮地屋台」が神門に寄せてきていました。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

秩父夜祭2017 花火・山車などおすすめの見どころ 日帰り旅へのコメント

makoa187jpさん  2017/12/07 19:45

のら吉さま、コメントありがとうございます。
11月中旬に、「あ、祭りだ!」と思っても、「あとの祭り」で、有料桟敷席は売り切れですし、帰りのレッドアローも全て満席でした。
祭り数日前に、ネットでレッドアローに空席が出来ていたので、「えい!」と訪問した次第です。

のら吉さん  2017/12/07 16:43

この時期になると西武線関係にあちこちに
貼られている秩父夜祭りですね!
毎年曜日無関係で日程だけが固定なので
いつも気づくと終わっていたものですが、
山車や花火の迫力が伝わってくるような写真ですね!


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

◆特記事項

◆予算
(1)移動
・東川口 - 新秋津: 464×2=928円
・秋津 - 西武秩父: 556×2=1,112円
・西武秩父→所沢(特急券): 500円

(2)食事
・わらじカツ丼: 850円
・武甲ワンカップ: 300円

(3)観光
・なし

(4)宿泊
・なし

(5)その他
・なし

□参考サイト:
・秩父夜祭:
http://www.chichibu.tv/
・西武鉄道:
https://www.seiburailway.jp/

◆関連動画
・秩父夜祭2017
https://youtu.be/nFsxxBMBYtw

近くの旅行記

小鹿野温泉 【お祭り紀行】秩父夜祭り、豪華絢爛!
小鹿野温泉 【お祭り紀行】…

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール