× 閉じる

世界のクリスマスの
過ごし方

海外ではどんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。 知っていそうで知らなかった日本とは違う習慣や、 各国でクリスマスに食べるお菓子や料理についてご紹介します。 もうすぐクリスマス。ご家族で、恋人同士で、素敵な一日をお過ごしくださいね!

  • フランスフランスパリ

    クリスマスイブ、クリスマス当日は家族でテーブルを囲い、一家団欒を楽しみながら過ごすのがフランス流。フォアグラや生牡蠣、シャポン(去勢した雄鶏)が食卓に並び、シャンパンと共に食す。クリスマスのデザートといったら、やはりフランスの伝統的なクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」。フランス語で「クリスマスの薪」を意味し、薪や切り株の形をしている。 パリの街は、11月から年明けまでクリスマス・イルミネーションで輝きを増す。シャンゼリゼ通りはいうまでもなく、有名百貨店『ギャラリー・ラファイエット』や『プランタン』のショーウィンドウやイルミネーションも必見だ。

    ページトップへ ▲

  • ドイツドイツ

    クリスマスシーズン、ドイツではどの街でもクリスマス・マーケットが開かれている。なかでも「世界一有名なニュルンベルク」、「世界最大のシュトゥットガルト」、「世界最古のドレスデン」は3大クリスマスマーケットといわれている。冬の寒さから体を温めてくれるグリューワイン(ホットワイン)を片手に、クリスマスの雑貨や熱々のソーセージなどの屋台を巡る。 ドイツのクリスマスに欠かせないのがドライフルーツやナッツが練り込まれた伝統菓子「シュトレン」。クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣があるんだそう。

    ページトップへ ▲

  • イギリスイギリスロンドン

    クリスマスは年に一度の一大イベント。24、25日の2日間は家族や親戚が一同に集い、クリスマスを祝う。イギリス伝統のクリスマスケーキといえば、クリスマスプディング。たっぷりのドライフルーツ、ナッツ、ラム酒や小麦粉を混ぜ合わせて作られる。イブの夜、子供たちはプレゼントを持ってきてくれるサンタクロースへのお礼にと、シェリー酒やミンスパイ(ドライフルーツなどが詰まったパイ)を、トナカイにはニンジンを用意し眠りにつく。楽しいクリスマスシーズンではあるが、ロンドンでは25日、地下鉄、バスなど全ての公共交通機関の運行がストップするのでご注意を!

    ページトップへ ▲

  • フィンランドフィンランドロヴァニエミ

    フィンランド北部の都市ロヴァニエミには、サンタクロースの住む「サンタクロース村(Santa Claus' Village)」がある。森に囲まれた幻想的なこの村では、サンタクロースやトナカイに会うことができる。冬場はオーロラが見られることもあり、世界各地から観光客が訪れる。 フィンランドのクリスマスは24日から26日の3日間。イブの日にはサウナに入るんだそう。最も大切な祭日であるクリスマスを迎える前に心身ともに清めるという意味が込められている。 クリスマスのメイン・ディッシュは「ユールシンカ」と呼ばれる豚肉のハム。その他、好みの野菜や肉を入れてオーブンで焼き上げる「キャセロール」や胃に優しいミルク粥を食べる。お菓子はジンジャークッキーとヨウルトルットゥと呼ばれる小さなパイが定番。

    ページトップへ ▲

  • スウェーデンスウェーデン

    スウェーデンのクリスマスの風物詩といったら、ポマンダー。柑橘系のフルーツにクローブというスパイスを刺して作るクリスマスの飾り物だ。魔除けや疫病予防のお守りとなっている。もうひとつ忘れてはいけない風習が、アドベンドキャンドル。クリスマスイブ直前の日曜日を基準にして、その4週間前から、毎週日曜日に1本ずつキャンドルに火を灯す。 クリスマスシーズン、スウェーデンの家庭ではとにかくお腹がいっぱいになるまで食事を楽しむ。クリスマスの伝統的な飲み物「グロッグ(ホットワイン)」や「スヴォーグドリッカ(ダークビール)」のお供には、サフランの入ったクリスマスの菓子パン 「ルッセカット」やジンジャークッキーを。

    ページトップへ ▲

  • ギリシアギリシア

    ギリシア正教の国ギリシアでは、大きなイベントの前には40日の断食期間があり、クリスマスも例外ではない。クリスマス前は肉・乳製品・魚が禁じられ、断食をするのが習わし。断食をしない人もクリスマスまでは質素な食事を心がけるんだとか。 待ちに待ったクリスマスがくると、ごちそうが解禁!ギリシアのクリスマスに欠かせない定番のお菓子はこの2つ。「メロマカロナ」と「クラビエデス」。「メロマカロナ」はハチミツとアーモンドやクルミが入ったしっとりしたクッキー。「クラビエデス」はバターとアーモンドがたっぷりのサクサク・ホロホロクッキー。 ちなみに、聖ヴァシリスと呼ばれるサンタクロースがやってくるのは新年。ギリシアでは、1月1日に子供たちはプレゼントを開ける。

    ページトップへ ▲

  • ロシアロシア

    ロシア正教の伝統的なクリスマスは1月7日。そのためカトリックのクリスマス(12月25日)から1月7日まで、ロシアではお祝いムードが続く。 ロシア版サンタクロースは、“ジェッドマロース”と呼ばれるおじいさん。杖をつきながらの雪中行脚をするんだそう。そして、ロシアのクリスマスに欠かせないキャラクターがもう一人。ジェッドマロースの孫娘“スネグーラチカ”。プレゼント配りのお手伝いをするスネグーラチカは、ジェッドマロース以上に子供たちの人気を集めている。 クリスマスプレゼントは、新年に配られることが多いのもロシアの特徴。

    ページトップへ ▲

  • アメリカアメリカ

    キリスト教徒が多いアメリカでは、家族で過ごすのが一般的。感謝祭が終わると、デパートではクリスマスセールが始まり、街はクリスマスムード一色に。 本物のもみの木をクリスマスツリーとして使う家庭も多いため、クリスマスが近づくとあちらこちちらでツリー市が開催される。 アメリカのクリスマスツリーといえば、ロックフェラーセンター(ニューヨーク)の巨大ツリーとホワイトハウスのクリスマスツリー、この2つだろう。 ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは25m前後の高さを誇り、ツリーをバックにスケートを楽しむ人々の姿はまさに冬のニューヨークの風物詩。ホワイトハウスのクリスマスツリーは、“ナショナルツリー”と呼ばれ、毎年大統領一家が出席し、大統領が点灯するのが慣例。

    ページトップへ ▲

  • メキシコメキシコ

    メキシコ人にとって、クリスマスは一年で一番大切な行事。死者の日が終わると、クリスマスに向けて盛り上がり始め、メキシコ原産の花“ポインセチア”で街は真っ赤に彩られる。 “ポサダ”という伝統儀式があり、キリスト誕生直前にマリアが宿(ポサダ)を求めて家々を訪ね回ったことに因み、クリスマス前の9日間、“ポサダの歌”を歌いながら練り歩き、友人や家族と毎晩パーティーをする。一転、イブの日はミサへ出かけたり、家族と過ごすなど厳かな雰囲気となる。 子供たちにクリスマスプレゼントが届く1月6日「東方の三賢者の日」。この日はPan de Rosca(ロスカのパン)という大きな輪の形のパンを切り分けみんなで食べるのが風習。

    ページトップへ ▲

  • ブラジルブラジルリオデジャネイロ

    ブラジルの真夏のクリスマスは、リオのカーニバルにも負けないくらい盛り上がり、町中豪華なイルミネーションで華やかに賑わう。 世界最大の「浮かぶクリスマスツリー」としてギネスにも登録された「ブラデスコ・セグロス・クリスマスツリー」は高さなんと85m。リオ市内のロドリゴ・デ・フレイタス湖に浮かび、毎年大勢の人が集う。また、サンパウロにはショッピングセンター“センテル・ノルチ”付近に世界最大のサンタクロースが2013年より設置されている。こちらも見物。 イブやクリスマスは家族と七面鳥やチキンの丸焼き、イタリア発祥のケーキ「パネトーネ」等の定番料理を楽しみ、ミサに出かける家庭も多いよう。

    ページトップへ ▲

  • タイタイバンコク

    クリスマスシーズン、街はきらきらと巨大ツリーやイルミネーションであふれ、クリスマスは若者を中心に恋人や友達と楽しむ。写真撮影をしたり、サンタクロースのような格好をして遊びに繰り出すのがイベント大好きなタイの人たちのスタイルだ。撮影スポットとして人気が高いセントラル・ワールドの巨大クリスマスツリーは今年も必見!香港ディズニーランドとのコラボレーションとあって、例年以上に賑わいそう。 そして、年が明けてもクリスマスの飾りがしばらくそのまま飾ってあるのが、タイの特徴。クリスマスも新年を祝うイベントの一つと考えているタイ人も多く、クリスマスが終わったからといってすぐに片付けたりはしないんだとか。

    ページトップへ ▲

  • 中国中国香港

    エネルギッシュな街・香港のクリスマスは、中国と欧米二つの文化が感じられる一大イベント。教会では厳かにミサが開かれ、一方、街は大勢の人でにぎわう。中国のお祝いごとのように、クリスマスのイルミネーションは原色を多く使う傾向があり、派手さが特徴。また、欧米人の在住者も多いことから、香港にはしっかりクリスマス休暇があり、旅行に行く人も多いんだそう。 この時期、普段も美しい香港の夜景がより一層華やかさを増し、訪れる人を楽しませてくれる。ビクトリアピークやスカイ100などの夜景の名所はもちろん、『ハーバーシティ』や『1881ヘリテージ』といった商業施設や有名ホテル、デパートのイルミネーションは見逃せない。

    ページトップへ ▲

  • シンガポールシンガポール

    12月25日は祝日となるシンガポール。そのため多くの人が25日は「クリスマス・ランチ」を楽しむ。あちこちのレストランで、クリスマス・ランチ用の特別メニューが用意され、人気のレストランは予約でいっぱいとなる。 クリスマスムード一色の街のなかで、特に人気が高いのがオーチャード・ロードのイルミネーション。通りはきらきら輝き、各ショッピングセンターには巨大クリスマスツリーが飾られる。また、忘れてはいけないのが、人気ホテル「マリーナベイサンズ」。植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、カジノにショッピングモールと様々な施設が併設されているマリーナベイサンズでは、美しいクリスマスツリーとともに、豪華な飾り付けがロマンチックなムードを高めてくれる。

    ページトップへ ▲

  • オーストラリアオーストラリア

    南半球のオーストラリアでは、真夏にクリスマスを迎える。赤く暖かな装い、ソリにトナカイという一般的なイメージとは違い、オーストラリアのサンタクロースは、半袖・半ズボン姿でサーフボードに乗ってやってくるというのがポピュラー。真冬である7月にクリスマスを楽しむ人々もいるものの、クリスマスといえばやはり夏。クリスマスの料理は、七面鳥やローストビーフを食べる家庭もあれば、家の庭や海辺でBBQというのもオージースタイル。家族や親族で集まり、1日中食べて、飲んで過ごすのが一般的。クリスマスデザートは、イギリスの植民地だった頃の文化の名残りか、クリスマスプディングを食べるのが定番。

    ページトップへ ▲

  • 南アフリカ南アフリカ

    国民の多くがキリスト教徒である南アフリカの人にとって、クリスマスは1年の中で最も大切なイベントである。ショッピングモールでは9月頃から早くもクリスマス商品が並ぶなど、みながクリスマスを待ちわびる。日本の年末年始のように、南アフリカではクリスマス休暇を利用して帰省したり、家族旅行する人が多いのだそう。欧米同様、クリスマスは家族や親族と共にお祝いをするのだが、真夏のクリスマスとなる南アフリカでは、家族だんらんの様子が欧米とは少し異なる。照りつける太陽のもと、ビーチでブラーイ(バーベキュー)やダンス、花火を楽しむのが南アフリカの一般的なクリスマスの過ごし方だ。

    ページトップへ ▲