海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP国内旅行関東東京都港区自然国立科学博物館附属自然教育園国立科学博物館附属自然教育園のクチコミ -コンクリートジャングルの中のオアシスでは、節分草が花盛り

自然国旗国立科学博物館附属自然教育園のクチコミ

コンクリートジャングルの中のオアシスでは、節分草が花盛り

コンクリートジャングルの中のオアシスでは、節分草が花盛り
写真を拡大する スポット情報を見る

総合評価[3]星

利便性利便性[3]

お値打ち度お値打ち度[4]

雰囲気・快適度雰囲気・快適度[3]

混雑度混雑度[3]

娯楽度娯楽度[3]

おすすめ同行者一人

国立科学博物館の付属植物園である自然教育園。
そこは東京ドーム4個分位以上の緑地帯で、上空から見るとコンクリートの森の中にあいたオアシスのような場所だ。
自然教育園では関東地方の野草たちを出来るだけ自然のままの状態で生育させている。
そんな訳で、冬の間は花は椿や山茶花位しかなく彩も少ないのだが、2月中旬くらいから園内には少しずつ、雪解けの頃に顔を覗かせる花が姿を見せ始める。

私が訪れた2月の下旬は、福寿草が満開を迎え、節分草が咲き始めていた。
ユキワリイチゲも蕾が開いていて、春の風が園内を吹いている感じだった。
節分草(セツブンゾウ)は昔は野の何処にでも咲いていたらしいが、乱獲や生息環境の悪化により現在では絶滅危惧種にも指定されている花。

自然教育園は都会に居ながらにして森の雰囲気が味わえる貴重な場所だ。

※クチコミ情報はあくまで会員の主観的な意見・感想・評価であり、事実とは異なる場合がございます。

クチコミを投稿する 通報する 拍手する

国立科学博物館附属自然教育園の他のクチコミ一覧を見る

東京都の新着クチコミ

近くの旅行記

あなたにオススメの記事

    新着スケジュールもっとみる