海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP海外旅行アジアインドネシアコモド島世界遺産コモド国立公園コモド国立公園のクチコミ -雨季の旅のアレコレと3月に訪れる際の服装や虫について(フローレス島)

世界遺産国旗コモド国立公園のクチコミ

雨季の旅のアレコレと3月に訪れる際の服装や虫について(フローレス島)

雨季の旅のアレコレと3月に訪れる際の服装や虫について(フローレス島)
写真を拡大する スポット情報を見る

総合評価[5]星

利便性利便性[3]

雰囲気雰囲気[5]

感動度感動度[5]

混雑度混雑度[3]

おすすめ度おすすめ度[5]

おすすめ同行者家族

所要時間5時間以上

2017年3月にコモド国立公園を旅してきました。
3月と言えば、インドネシアの雨季の終わりでまだまだ天候が安定しない時期で、一般的には旅の時期としては最適とは言えない時期でしたが、敢てこの時期を選んで旅をしました。

旅の時期に雨季の終わりを選んだ理由、それは、気温の低さです。
インドネシアは常夏の国で、平均気温も通年を通して25℃~35℃程度とあたたかい国です。
しかし、旅の目的がコモドドラゴンを探す旅の場合、気温が温かい(暑い)ということは一概にベストとは限りません。
変温動物であるコモドドラゴンは、気温が高くなり過ぎると体温コントロールが上手にできなくなり、動くことが出来なくなることも有り得るからです。

気温が高く天気が安定している乾季にコモド島やリンチャ島でコモドドラゴンに会ったけれど、暑さのせいでコモドドラゴンは皆、腰が砕けて地面に伏していた…位ならまだましですが、せっかく高いお金をかけてコモド国立公園へと行ったのにドラゴンたちは山の中の涼しい木陰に避難していて、観光客が歩けるトレッキング道にはコモドドラゴンの姿はなかった…なんてことになったら目も当てられないことになってしまいます。

私たちが選んだ旅の時期は、3月下旬で雨季が終わるころ。
このころは、1年中気温が高いインドネシアの中でも、雨季は雨が降った後に空気が冷やされ、大気の気温も下がる時期です。
インドネシアの観光には不向きとされる雨季の旅でしたが、雨のお蔭で気温が30℃以下に下がったコトも幸いして、島の中を活発に動き回るコモドドラゴンたちと出会う事が出来ました。

3月下旬のフローレス島地域の気温ですが、暑すぎず、寒すぎず…といった感じで、日中は半袖、夜間は薄手の長袖を着ていてちょうど良い感じでした。
天気は雨季の終わりというコトで、スコールの様な雨が朝・晩にありましたが、雨は長くても1時間は続かず、その後は太陽が顔を覗かせる日も有りました。

南の島なので蚊の心配もありましたが、コモド島でもリンチャ島でも蚊の姿はなく、半袖・短パンで歩いても虫に刺されることはありせんでした(虫よけスプレーはしていません)。ガイドさんに聞いたところ、この時期は蚊はまだ活動をしていないそうです。(マラリア原虫を運ぶハマダラカの心配はしなくて良い時期だそうです)

※クチコミ情報はあくまで会員の主観的な意見・感想・評価であり、事実とは異なる場合がございます。

クチコミを投稿する 通報する 拍手する

コモド国立公園の他のクチコミ一覧を見る

インドネシアの新着クチコミ

コモド国立公園

→もっと見る

宿泊施設(5件) | 世界遺産(1件)

近くの旅行記

あなたにオススメの記事

    新着スケジュールもっとみる