海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行の旅

★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行

足利「大藤まつり」、足利学校、鑁阿(ばんな)寺、館林「芝桜の庭」「茂林寺」

★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行

旅行先  地図を見る
[埼玉県越谷市 春日部市 久喜市
[栃木県足利市
[群馬県館林市

旅行期間 1日間

旅行目的 祭り・フェスティバル /寺院・宮殿・城・史跡

拍手数5拍手 拍手するお気に入りの旅スケに追加

コピーされた数0 コピーする

1日目 2008年05月04日(日)
07:57 ターミナル・駅のりば

新越谷駅/伊勢崎線

移動(電車)

移動(電車)

東武伊勢崎線区間急行(館林行)
08:10 ターミナル・駅のりば

春日部駅/伊勢崎線

08:21 ターミナル・駅のりば

春日部駅/伊勢崎線

移動(電車)

移動(電車)

フラワーエクスプレス号(780円)※1
09:20 ターミナル・駅のりば

足利市駅/伊勢崎線

※2
移動(徒歩)

移動(徒歩)

09:42 ターミナル・駅のりば

足利駅/両毛線

移動(電車)

移動(電車)

両毛線(小山行)(190円)
09:48 ターミナル・駅のりば

富田駅/両毛線

大混雑。Suicaの機械が1台しかないので、なかなか出られません。※2 【旅】
移動(徒歩)

移動(徒歩)

10:10 遊園地・テーマパーク

あしかがフラワーパーク

おとな1,300円。期間により入場料が変わります。 【旅】
自由記入欄

★樹齢140年の大藤、500畳敷の大藤棚、全長80mの白藤トンネルなど花々がいっぱい(人もいっぱい)。

【旅】
移動(徒歩)

移動(徒歩)

11:30 - 11:50 美術館・博物館

栗田美術館

入場無料のお土産コーナーのみ視察。 【旅】
12:01 ターミナル・駅のりば

富田駅/両毛線

移動(電車)

移動(電車)

両毛線(高崎行)(190円)
12:08 ターミナル・駅のりば

足利駅/両毛線

駅前でランチと思いましたが、何もありません。EF60電気機関車のみ(笑)。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

12:25 - 12:50 美術館・博物館

史跡足利学校

入場料おとな400円 【旅】
自由記入欄

「日本最古の学校」として有名な国指定史跡。

移動(徒歩)

移動(徒歩)

その他

大日大門通り

「足利尊氏」公の銅像も。※4 【旅】
12:53 - 13:05 建物・史跡

鑁阿寺

「ばんなじ」と読みます。お堀に囲まれた800年の歴史を持つ歴史の宝庫です。【旅】
移動(徒歩)

移動(徒歩)

13:34 ターミナル・駅のりば

足利市駅/伊勢崎線

移動(電車)

移動(電車)

東武伊勢崎線各駅停車久喜行(240円)
13:59 ターミナル・駅のりば

茂林寺前駅/伊勢崎線

14:05 食事

食事

「無庵」という民家を改装した料理店で昼食。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

14:50 人気スポット

野鳥の森フラワーガーデン

入場料500円。※5 【旅】
自由記入欄

芝桜は、もう満開を過ぎていて、まもなく芝生になるところでした。すこし時期が遅かったみたいです。園内には、藤の棚も少しありますので、藤と芝桜のコントラストを楽しめます。

【旅】
移動(徒歩)

移動(徒歩)

遊歩道で整備された湿地帯を歩きます。のどかな風景です。 【旅】
15:10 - 15:25 建物・史跡

茂林寺

「ぶんぶくちゃがま」のふるさと。境内には、狸がいっぱいです。 【旅】
移動(徒歩)

移動(徒歩)

15:39 ターミナル・駅のりば

茂林寺前駅/伊勢崎線

移動(電車)

移動(電車)

東武伊勢崎線各駅停車久喜行(新越谷まで630円)
16:05 ターミナル・駅のりば

久喜駅/伊勢崎線

同一ホームで乗り継ぎできます。
16:06 ターミナル・駅のりば

久喜駅/伊勢崎線

移動(電車)

移動(電車)

東武伊勢崎線急行中央林間行
16:33 ターミナル・駅のりば

新越谷駅/伊勢崎線

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  4,060円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  4,400円
  • 食事  2,200円
  • その他 1,000円

合計11,660円(一人当たり 5,830円)

旅行記の写真 Pick Up!

★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行 ★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行 ★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行

近くの旅スケジュール

足利フラワーパーク ワンデイツアー

足利フラワーパーク ワンデイツアー

うちの母親が参加したツアーを元に作成致しました

あしかがフラワーパークのイルミネーションと足利散策の旅

あしかがフラワーパークのイルミネーションと足利散策の旅

美しいあしかがフラワーパークのイルミネーションに感動し、足利の見所を散策します。カルガモもたくさんいて楽しいですよ!

【トリコな絶景】桜×菜の花×青空✿始発電車で行く 権現堂桜堤✿

【トリコな絶景】桜×菜の花×青空✿始発電車で行く 権現堂桜堤✿

月曜の朝は始発電車に乗り、出勤前の権現堂サクラさんぽ。 枝先一杯の満開の桜と菜の花と青空は、春色トリコロール。1時間桜堤を散歩して、いつもの時間に会社に到着。 平日の朝の花見だって、やれば出来る!

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

7年ぶりの奇跡が起きそう…という噂を耳にして群馬県館林市まで電車旅。 芝桜とソメイヨシノ、チューリップと桜のコラボ。 春色が織りなすシークレット・ガーデンを堪能してきました。

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

★藤・芝桜★フラワーエクスプレス号で行く、花めぐりと足利名所紀行へのコメント

マンジンさん  2008/07/30 21:29

いつもご訪問ありがとうございます。makoa187さんは”鉄”なんですね。掲示板の”鉄”で
あるタイ国鉄さんにも私も”微鉄”として認めてもらいました。カシオペアはしばらく乗れそう
もないですが、両毛線なら乗れるかも。栃木時代はよく日光線に乗ってました。これかもよろしく
お願いします。

webwebさん  2008/05/08 11:14

すごい人ですね~。
フラワーパークのついでに史跡めぐりができるのはいいですね!

MOOKさん  2008/05/07 14:27

半蔵門線で行けるとは知らなかった!
写真きれいですね!藤の匂いがただよってきそうです☆


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

旅スケジュール中の【旅】マークは、「旅日記」に画像があることをあらわします。

▼下記※1~5は、「旅スケジュール」内の注です。
※1:東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線の3線を直通する臨時電車。長津田を6:45に出発し、東急線内は急行停車駅に停車します(長津田→青葉台→あざみ野→たまプラーザ→鷺沼→溝の口→二子玉川→三軒茶屋)。渋谷を7:16に発車。半蔵門線内は各駅に止まり、押上を7:45に出発、東武線内に入ります(押上→曳舟→北千住→春日部→東武動物公園→久喜→加須→羽生→茂林寺→館林→足利市→大田)。帰りの便も運行されていて、足利市を15:08に出発します(復路は茂林寺通過)。おそらく、毎年運行されていくでしょうから、チェックしてください。特別料金は要りませんから、大変便利です。

※2:足利市駅から「あしかがフラワーパーク」へは、シャトルバス(片道200円)も運行。ただし、乗車までには、大行列を覚悟しなければいけませんので、JR足利駅へ歩き(徒歩10分程度)、両毛線に乗り換えました。
また、JRも富田駅に停車する臨時快速電車を運行していました。大宮駅始発が1本、上野駅始発が2本、常磐線いわき駅発が1本(乗車券のほかに指定席料金が必要)。

※3:「あしかがフラワーパーク」の最寄駅であるJR富田駅は、小さな駅ですので、期間中は大混雑します。Suica、Pasmoでは読み取り機が1台しかないので、切符を購入していくことをおすすめします。

※4:レストランなどはありますが、軒数が少なく、どこも混雑していました。昼食場所選びは困りそうです。

※5:「野鳥の森フラワーガーデン」から有名な「つつじヶ丘公園」へ連絡シャトルバスが運行されていました。これを使って、さらにお花見のハシゴをすることができます(「つつじヶ丘公園」には以前行ったことがあったので、行きませんでした)。

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!