海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPカンボジア 世界遺産を巡る旅の旅

カンボジア 世界遺産を巡る旅

カンボジアの世界遺産 アンコール遺跡群、プレア・ヴィヘア寺院の他、クバール・スピアン、プノン・クレーン、ベン・メリア、トンレサップ湖、バンテアイ・チュマールを訪れた。

カンボジア 世界遺産を巡る旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

カンボジア 世界遺産を巡る旅

1日目 2013年11月18日(月)
17:21 自宅

自宅

アンコール遺跡へは、2000年(13年前)に一度訪れていて、今回、再訪である。
17:53 - 19:09 移動(電車)

移動(電車)

JRと名鉄を乗り継ぐ。
ターミナル・駅のりば

中部国際空港

荷物はスルーでシェムリアップまで行く。
20:37 - 21:49 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 日本航空

JL146便 737-800 小さな飛行機。A席の窓側に席を取るが、夜で景色は見れず。
ターミナル・駅のりば

羽田空港

羽田空港の乗継は今回、初めてである。国内線ターミナルから国際線ターミナルへバス移動。「つるとんたん」でうどんを食べて夕食。
2日目 2013年11月19日(火)
01:34 - 06:41 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 日本航空

JL033便 767-300 席はほぼ満席である。時計をタイ時間(-2h)とする。
ターミナル・駅のりば

バンコク・スワンナプーム国際空港

カンボジア入国書類とビザフォームはゲートカウンタに置いてあった。
08:03 - 08:56 移動(飛行機)

移動(飛行機) / バンコクエアウェイズ

PG903便 A319 小さな飛行機 わずか1時間弱のフライトながら軽食が出る。
ターミナル・駅のりば

シェムリアップ国際空港(アンコール国際空港)

小さな空港。徒歩でターミナル建物に向かう。 ビザフォームに必要事項を記入し、顔写真を貼り、ビザのカウンターにパスポートとUS$20と共に渡し、ビザを入手する。写真の裏に両面テープを貼っておくと便利。
09:22 移動(車)

移動(車)

トゥクトゥクにて、シェムリアップ市街に行き、ホテルに向かう。料金US$4にて交渉。 シェムリアップのトゥクトゥクは、タイのトゥクトゥクやインドのオートリクシャーとは違い、バイクが2輪の台車を引張っているタイプ。
09:50 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

ワット・ボー通りにあり、オールド・マーケットにも徒歩で行ける距離で便利。ここで9泊する。エクスペディアにて予約。\2475/泊 質素な朝食付き。WiFi有りだが使用せず。
10:40 - 12:40 自由記入欄

マッサージ店

足マッサージとボディーマッサージを受ける。料金合計US$10
13:14 自由記入欄

両替

オールドマーケットの両替で\1000をリエル(以下Rと示す)と両替し39700Rとなる。カンボジアでは、US$1=4000Rが相場となっている。
13:29 食事

食事

オールドマーケットの安食堂。欧米人に人気がある様だ。カボチャカレーを食べる。
14:12 その他

クロマーツアーデスク

オールドマーケットの近くにある日本人用のツアーデスク。そこで、ツアーの予約をする。21日、プリア・ヴィヘア寺院 コース、料金US$145、 22日、バンテアイ・スレイ、クバール・スピアン、プノン・クーレン、ベンメリア コース 料金US$100。たまたま催行していて各コースに乗せてもらう様にしてもらった。
14:30 移動(車)

移動(車)

オールドマーケットに待機していたトゥクトゥクに夕方までアンコール・ワットに行く事を交渉した。料金US$5 以降、このトゥクトゥク・ドライバーにアンコール遺跡の案内を頼む事とした。
14:44 自由記入欄

アンコール遺跡 料金所

1ヵ月有効な7日間パスを買う。料金US$60 顔写真を撮られチケットに印刷される。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク
14:50 - 17:08 世界遺産

アンコール遺跡(アンコール遺跡)

世界遺産「アンコール遺跡群」(文化遺産)  アンコール・ワットで夕方日没まで過ごす。中央祠堂に登る。そこに登るのに長蛇の列が出来ていた。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク
18:27 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

夕食は、近くのローカル食堂ですます。
3日目 2013年11月20日(水)
08:10 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク。 1日契約 アンコール遺跡内 料金US$20
08:41 世界遺産

アンコール遺跡(アンコール遺跡)

プノン・バケン ⇒ アンコール・トム 南大門 ⇒ バイオン → バプーオン → 王宮 → ピミアナカス → ライ王のテラス → 象のテラス → 北クリアン → 南クリアン と巡る。 象のテラス前の駐車場でトゥクトゥク・ドライバーと待ち合わせしたが、はぐれてしまう。(→徒歩移動、⇒トゥクトゥク移動) 昼食は駐車場でスイカなどを食べて済ます。
移動(車)

移動(車)

仕方なく、別のトゥクトゥクを見つけ、遺跡見学を打ち切り、ホテルに戻る。 料金US$7
15:02 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

17:15 食事

食事

ホテルを出ると、はぐれたトゥクトゥク・ドライバーがいた。きっちりUS$20を払わされた。 そのドライバーに頼んで、西バライ近くのモロッポ・ルッサイというレストランへ行く。着くも客は居らず真っ暗。本当にレストランかと疑う。地鶏の丸焼きは美味しかったが、虫が大量に飛んで来て難儀する。
20:34 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

4日目 2013年11月21日(木)
07:00 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

朝食は買って来たパンで済ます。クローマーツアーズのガイドが迎えに来た。
移動(車)

移動(車)

ツーアー専用車。メンバーは自分を入れて4人
10:29 自由記入欄

4WD乗り場

パスポートのチェックを受ける。4WD代と入場料、1人あたりUS$8.5を支払う。
10:43 - 11:00 移動(車)

移動(車)

4WDは急な坂道を登る。
世界遺産

プレア・ヴィヘア寺院(プレア・ヴィヘア寺院)

世界遺産「プレア・ヴィヘア寺院」(文化遺産) 9世紀に建てられた山岳寺院。タイとの国境にある。2008年世界遺産に登録されるも、その領有権争いで紛争になっていた。2013年11月11日、国際司法裁判所の裁定により、カンボジアのものとなった。
13:00 移動(車)

移動(車)

乗って来た4WDで山を降りる。
13:26 - 13:59 自由記入欄

4WD乗り場

昼食でツアーで用意された弁当を食べる。
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車
17:26 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

20:30 - 22:20 食事

食事

バナナリーフサラダとシェムリアップ・スープを食す。
5日目 2013年11月22日(金)
07:00 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

買って来たパンで朝食を済ます。7時にツアーガイドが迎えに来た。
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車。メンバーは自分を入れて3人。
07:45 - 08:35 建物・史跡

バンテアイ・スレイ

世界遺産「アンコール遺跡」 アンコールワットから約20km離れた所にある。寺院は小振りながら保存状態が良く、見事なレリーフが残る。「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバターのレリーフがある。13年前、バイクタクシーに跨り遣って来た時は、中央祠堂まで来れたのだが、現在は規制されている。アンコール遺跡のチケットで入場する。
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車
09:25 - 10:31 建物・史跡

クバール・スピアン

駐車場から暫く山道を登る。川底の岩石にレリーフが施されている。何か神秘的。アンコール遺跡のチケットで入場する。
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車。車は舗装道路から抜けオフロードを走る。
11:44 - 13:44 建物・史跡

プノン・クーレン

川底の岩石にたくさんのリンガが彫られている。プリア・アントンと呼ばれる大きな涅槃仏と滝を訪ねる。 入場料US$20  昼食はツアーが用意した弁当を食べる。
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車
15:02 - 16:21 建物・史跡

ベンメリア

アンコール・ワットから東へ50kmのところにある大寺院。最近発掘された遺跡。再建はまだ、手付かずのまま残っている。東のアンコール・ワットと呼ばれる。入場料US$5
移動(車)

移動(車)

ツアー専用車
17:42 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

19:45 食事

食事

ホテル近くのグリルのレストランで食事。カエルのグリルを食べる。
6日目 2013年11月23日(土)
07:45 - 08:10 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

朝食が用意されておらず、屋台で粥を買って来て食す。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク。午前中、アンコール遺跡巡り、午後・夕方、トンレサップ湖に行くという事で交渉し、料金US$30と決まる。
08:37 - 13:46 世界遺産

アンコール遺跡(アンコール遺跡)

アンコール・トム 南大門 ⇒ 勝利の門 ⇒ チャウ・サイ・手ボーダ ⇒ トマノン ⇒ タケウ ⇒ タ・プローム ⇒ バンテアイ・グディ ⇒ スラ・スラン ⇒ プラサット・クラヴァン と巡る。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク。国道6号線をプノンペン方向に走る。
14:50 ターミナル・駅のりば

コンポン・プルック船乗り場

ここからトンレサップ湖の船に乗る。
移動(船)

移動(船)

小型の船(スピードボート)1艘、料金US$50でチャーターする。
15:46 - 17:36 人気スポット

トンレサップ湖

小舟に乗換え、トンレサップ湖の水上住宅や、マングローブ林を行く 別料金US$6 その後、スピードボートに戻り、トンレサップ湖の夕陽を見る。
18:36 ターミナル・駅のりば

コンポン・プルック船乗り場

移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク
20:00 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

食事

食事

昨日来たグリルの店で焼き肉を食べる。
7日目 2013年11月24日(日)
10:00 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク 1日US$20で契約
10:29 その他

クロマーツアーデスク

11月27日のバンテアイ・チュマールのツアー予約をする。メンバーは自分一人で、料金US$240 (ツアー人数が増えればUS$120となる)。また、隣の別のツアーデスクで「スマイル・オブ・アンコール」(光と音、踊りのパフォーマンス)を予約する。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク
11:29 世界遺産

アンコール遺跡(アンコール遺跡)

アンコール・トム 北大門 ⇒ プリア・カン ⇒ ニャック・ポアン ⇒ タ・ソム ⇒ 東メボン ⇒ バンテアイ・サレム ⇒ プレ・ループ と巡る。
移動(車)

移動(車)

トゥクトゥク
17:30 - 20:34 人気スポット

スマイル・オブ・アンコール

アンコール王朝をテーマとした、光と音、踊りのパフォーマンス。 入場料US$48
21:00 宿泊施設

サクラ・ヴィレッジ

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

カンボジア 世界遺産を巡る旅 カンボジア 世界遺産を巡る旅 カンボジア 世界遺産を巡る旅

近くの旅スケジュール

1年ぶりのタイ、そして7年ぶりのカンボジア

1年ぶりのタイ、そして7年ぶりのカンボジア

カンボジアやタイのチェンマイ・スコータイで遺跡巡りをして、ロン島やリペ島でのんびりと日頃のイライラを沈めてきます。

アンコールワット3泊5日

アンコールワット3泊5日

アンコールワット3泊5日

憧れのアンコールワット

憧れのアンコールワット

4泊6日の旅。神秘的なアンコールワット、満喫の旅。

天空の楽園甦るアンコールワット

天空の楽園甦るアンコールワット

憧れのアンコールワットに行ってきました!

ベトナム&カンボジア★アンコールワット・ハノイ・ホーチミン弾丸ツアー

ベトナム&カンボジア★アンコールワット・ハノイ・ホーチミン弾丸ツアー

思いつきで1人ふらり行ってきま~す!!!世界遺産のアンコールワットとハロン湾が楽しみ~!!!いっぱいご飯も食べよっと!!!

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

カンボジア 世界遺産を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2013/12/29 23:31

プレア・ヴィヘア行く手段は現在ツアー位だと思われますし、ゆっくり出来るかどうかは分かりません。また、現在も引き続き、外務省から、プレア・ヴィヘア寺院の周辺地域は「渡航の是非を検討してください」と出ていますので、訪れる時は十分注意してください。

パッピーさん  2013/12/29 05:58

ついにカンボジアの物となったのですか。 2年前にシェムリアップのガイドにカンボジアの遺跡はタイの遺跡よりずっと数多いのだからプレア・ヴィヘアなんてタイにあげてしまえば。 と乱暴なことを言ったのを思い出します。 早めに訪れないとユックリ楽しめなくなるのですね。

ロンドンオリンピックさん  2013/12/28 20:44

たまぴいさん
コメントありがとうございます。
13年前にアンコール遺跡に行った時はそれ程でもなかったのですが、今回、あまりの観光客の多さにビックリいたしました。
しかし、アンコールワットは一度は行ってみたいスポットですね。

ロンドンオリンピックさん  2013/12/28 20:36

ハッピーさん
コメントありがとうございます。
プレア・ヴィヘアはまだ観光地化されておらず、穴場の観光スポットかも知れませんね。しかし、今年11月に国際司法裁判所がプレア・ヴィヘアはカンボジアの物と決めたので、これから観光客も多くなってくるかも知れませんね。

たまぴいさん  2013/12/28 16:38

足あとから来ました。美しい景色、私も一度行ってみたくなりました。

パッピーさん  2013/12/27 07:20

以前は駆け足観光で訪れなかったプレア・ヴィヘア寺院 ロンドン・オリンピックさんの写真を見ると絶対行かなければと思ってしまいます。 トンレサップ湖は訪れる程でもないと思っていたのですが、ここも捨てがたい。 機内から撮った世界遺産の富士山!!! 余りの美しさに、カンボジアの数々の世界遺産も霞んでしまいます。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール