海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPマ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪の旅

マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪

天候におおいに左右されるパタゴニア、現地のホテルだけ前もって予約しただけ、何も決めずに日本から飛び立ちました。サン・ラファエル氷河は付け足しでしたが終わってみると満足のいく内容でした。

マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪

マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪

1日目 2014年01月14日(火)
ターミナル・駅のりば

伊丹空港

成田午後便は余裕を持って空港に行けるのがいい
14:20 - 15:40 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 全日空

伊丹→成田       NH2178           富士山は雲が多く頂上がちょっこっと見えただけ
ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

到着口より直接国際線専用セキュリティに行くより国際線出発口に回ってセキュリティチェックを受ける方が出発ゲ-トに早く行ける
17:05 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 全日空

成田→ロサンゼルス       NH006    機内は満席
09:50 ターミナル・駅のりば

ロサンゼルス国際空港

ロサンゼルス空港着  9:50       入国審査に10:10から長蛇の列に並び待つ事1時間30分、終わったのは11:40分      入国審査官は休憩時間になるとさっさと休憩へ行ってしまい代りの係官は来ない中いらいらしながら待ち続けました      伊丹から預けた荷物を引き取っての税関検査も長蛇の列、結局ラン航空のチェックインカウンタ-には12:15着でチェックインを済ませて慌ててゲ-トへ
12:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ラン航空

ロサンゼルス→サンチャゴ    LA601      この便も込み合っていてリマでほとんどの乗客が降り、サンチャゴに行く乗客は機内の中で掃除の邪魔にならないように待つ    この時間が中々面白く最後部の両側のドアが開かれ使用済みの毛布と新しい毛布を交換したり機内食を準備したり待っている間も全然退屈しない    深夜にも関わらずリマからサンチャゴに行く乗客は多く見事機内は満席で定刻に飛び立ちました
2日目 2014年01月15日(水)
07:05 ターミナル・駅のりば

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ国際空港)

サンチャゴ着 7:05         ロサンゼルス空港と違ってサンチャゴの入国審査は僅か5分で完了      ロサンゼルスで預けた手荷物を引き取って税関審査を済ませ国内線に移動して荷物だけ再預け
11:30 - 13:50 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ラン航空

サンチャゴ→バルマセダ(Balmaceda)    機内は満席  直行便なので人気がある
自然

機上からのアンデス山脈

ラン航空のウエブサイトで航空券購入時に前方の窓側を座席指定していたので機上からはアンデス山脈が手に取るように見渡せる
ターミナル・駅のりば

Balmaceda空港

手荷物引き取りのタ-テ-ブルの近くでトランスポ-テ-ションの3社の呼び込み            預け手荷物を引き取るまでにさっさと申し込まないとミニバスは直ぐ満席になる   
14:55 - 15:35 移動(バス)

移動(バス)

バルマセダ空港→Raices Bed and Breakfast                              Transfer Turismo T&Tのミニバス利用でCoyhaique(コヤイケ)へ       $5000    約9.6ドル
ターミナル・駅のりば

Coyhaique

バルマセダ空港からコヤイケまでの景色は素晴らしく連なる小高い丘は黄色い花や白い花で覆われてとっても奇麗     
宿泊施設

Raices Bed and Breakfast

ホテル予約サイトで予約      日本語のレビュ-は全く無く不安でしたが英語でのレビュ-が大変よかったのでこのホテルに決定       コストパフォ-マンスは余り良くないですがスタッフが皆優しく親切、オ-ナ-もハグして歓迎してくれたので○のホテル
16:00 - 17:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテル→パタゴニア・ホステル      日本からメ-ルを取り交わしていたホステルをgoogle mapでプリントアウトした地図を見ながら探し歩くが地元の人に聞いても分らず迷いに迷ってやっと見つける       
宿泊施設

Patagonia Hostel

「明日と明後日はマ-ブル・カテドラルに行くツア-は催行されない!」と言う事でコヤイケのインフォメ-ションを紹介される
17:10 - 17:20 移動(徒歩)

移動(徒歩)

パタゴニア・ホステル→コヤイケ・インフォメ-ション
その他

Coyhaique information

インフォ-メ-ションで明日と明後日の天気を確認してもらう       明日は晴れのち雨          明後日は終日雨という予報でマ-ブル・カテドラに行くのは明日と決める                        近くのツ-リズムを紹介してもらい早速出向く
17:40 - 17:45 移動(徒歩)

移動(徒歩)

インフォメ-ション→Pura Patagonia      教会の裏手にある旅行社
17:45 - 18:30 その他

Pura Patagonia

早速明日のマ-ブル・カテドラルツア-を申し込む $45000    さて問題は終日雨の予報の明後日、晴れならCello Castilloまでバスで行ってハイキングしょうと思っていたが雨なら無理なので思い切ってサン・ラファエル氷河クル-ズを申し込む   $190000+送迎30000はキャッシュ払いのみなのでキャッシングにと銀行へ走る     ようやくお金の用意が完了、バウチャ-をもらってほっとする
18:30 - 18:40 移動(徒歩)

移動(徒歩)

Pura Patagonia→ホテル        外に出て適当に歩いてしまったので道に迷ってしまう
18:40 - 18:45 移動(車)

移動(車)

迷った道→ホテル     もう完全に道に迷い通りがかりの家の人に聞くと車でホテルまで送ってくれる       コヤイケの人はとても親切
3日目 2014年01月16日(木)
07:00 - 07:20 食事

食事

Raices Bed and Breakfastの朝食は四角いテ-ブルを囲んで宿泊客皆が一緒に食べる           搾りたてのオレンジジュ-スとパンと飲むヨ-グルト、一人用の可愛いフライパンで作ってくれたスクランブルエッグ    ハムとチ-ズ      ブドウやドライフル-ツ等     とてもアットホ-ムな感じで和みます
07:30 - 22:00 移動(バス)

移動(バス)

ホテル→マ-ブル・カテドラル→ホテル         マ-ブル・カテドラルツア-     ドライバ-1名   女性ガイド1名     乗客15名
その他

ル-ト7

CoyhaiqueからTranquilloへはル-ト7を通ってアクセス    コヤイケからCerro Castillo村までは舗装道路    Cerro Castillo村からTranquilloまでは舗装していないガタガタ道で酷く揺れる
08:55 - 09:05 自然

ラグ-ナ

道中ラグ-ナを見下ろせるスポットに立ち寄ってフォットタイム      小さな鳥の群れが一斉に岸辺からラグ-ナに入り泳ぐ姿は可愛い
09:40 - 09:45 自然

Cuesta Del Diabloの展望台

展望台からはアイセン方面が見渡せる     晴れていればセロ・カステ-山頂が見えるのだけれど今日は雲がかかって見えない     残念!
09:55 - 10:50 グルメ

Villa Cerro Castilloのレストラン

セロ・カステ-ジョ村のレストランでトイレ休憩並びに朝食タイム(食事料金はツア-に含まれておらず自前です。)     サンドイッチを頼むと丸いパンの中にトマトやアボガド、驚いた事に薄いステ-キまで入っている    飲み物とサンドイッチで合計金額$6500 レストランの中に入らずに外で待っている訳にもいかずこういう時はツア-は不便なもの
11:20 自然

Laguna Verde

12:20 自然

Laguna Murta

湖の色が奇麗
13:00 自然

Lago General Carrera

進行方向左手にカレ-ラ湖が見えてくる     
13:30 ターミナル・駅のりば

プエルト・トランキ-ロ (PTE. Tranquilo)

やっとトランキ-ロに到着
13:35 - 14:45 グルメ

Comidas al paso pia

早速直ぐ前のレストランPiaでランチ     ランチはツア-代金に含まれていますがドリンクは有料   食事前に皆順番に自己紹介でツア-の人は皆サンチャゴから来たチリの人ばかり
15:00 - 16:45 その他

モ-タ-ボ-ト

モ-タ-ボ-ト停泊地→マ-ブルカテドラル→モ-タ-ボ-ト停泊地
自然

マ-ブル・カテドラル

小雨の降る中出発したが途中で雨も止みマ-ブル・カテドラル見学の後半は日が少し差す      もっとスケ-ルが大きいのかなと想像していたので「えっ、これだけ!」と何か消化不良の感がしないでもない     でも船頭さんがゆっくり回ってくれたので大理石をたっぷり触る事が出来た
16:50 - 17:20 グルメ

Comidas al paso pia

トイレタイムと休憩を兼ねてランチのレストランへ戻る      フリ-タイムなのでマ-ブル・カテドラルのチケットを売っているコンテナを一つづつ見て回る        今はシ-ズン中で特にここマ-ブル・カテドラルはサンチャゴの住人に人気があるとの事
19:40 - 20:15 グルメ

Villa Cerro Castilloのレストラン

朝立ち寄ったレストランでトイレ休憩   ドリンクだけを注文
22:00 宿泊施設

Raices Bed and Breakfast

コヤイケに着いてホテルを回ってツア-客を降ろしやっとRaices Bed and Breakfastに到着        所要時間は14時間30分の行程でした
4日目 2014年01月17日(金)
05:45 - 06:55 移動(車)

移動(車)

ホテル→Hotel Loberias Del Sur やはり天気予報通り朝から雨   暗くてアイセンまでの道中の景色は何も見えず
ターミナル・駅のりば

プエルト・チャカブコ (PTE CHACABUCO)

ひっそりとした小さな村でサン・ラファエル氷河観光の基地
宿泊施設

Hotel Loberias Del Sur

Pura Patagoniaで貰ったバウチャ-をホテルのレセプションに見せてクル-ズ船のチェックインし番号の入ったカ-ドを貰う     出発までホテルのロビ-でコ-ヒ-や紅茶、パン、ケ-キ等食べて待つ
07:30 - 07:35 移動(バス)

移動(バス)

Hotel loberias Del Sur→チャカブコ港      ホテルのシャトルバスで移動
08:00 - 21:15 移動(船)

移動(船)

Catamaranes del Surで出港      船内に入りホテルで貰った番号カ-ドを受け付けに渡す     船内は自由に何処に座ってもOK    飛行機のように前の座席にテ-ブルが装着してある
その他

Catamaranes del Sur

サン・ラファエル氷河へのクル-ズ船    定員は100名足らず     ゾディアク3隻搭載
08:30 食事

食事

朝食が配られる    ジュ-ス、ワイン飲み放題
10:30 食事

食事

おやつタイム    ミ-トボ-ルとフィッシュチップ  ドリンクとビスコサワ-とスパ-クリングワイン
11:20 自然

OMAアイランド

停泊してシ-ライオンのコロニ-を観察
12:00 食事

食事

ランチ
13:30 自然

サン・ラファエル氷河  Glaciar San Rafeal

チャカブコ港を出発して5時間30分でサン・ラファエル氷河に到着                        アルゼンチンのペリト・モレノ氷河に比べるとより青みが深い
15:00 - 15:45 その他

ゾディアク

サン・ラファエル氷河の後退は激しく2000年からどのぐらい後退したか実際に山に記してあるので良く分かる         氷河の崩落があちこちで起き近くで見るので迫力がある               実際に氷河の欠片にゾディアクで乗り上げたり欠片を食べたりして楽しさいっぱいのゾディアククル-ズ     
自然

ブラックアイス

ブラックアイスを見るのは初めて     本当に黒く手を伸ばして触って感触を実感する     
16:00 食事

食事

サンドイッチと温かいドリンクで一息入れる
16:30 移動(船)

移動(船)

サン・ラファエル・氷河のゾディアクでの観光を終えて一路チャカプコ港へ     クル-ズ船の上階のリラクゼ-ションル-ムでは乗船客のダンスの好きな人たちが大音響のリズムに合わせてチャカブコ港に到着するまでダンスに興じます       座席に座ってうとうとしていると船員があたたかい毛布をそっと掛けてくれ痒い所に手が届くサ-ビスに満足の一言
20:00 食事

食事

軽食と温かいドリンクのサ-ビス
21:15 移動(船)

移動(船)

クル-ズ船Catamaranes del Surはチャカブコ港に到着
21:15 - 21:20 移動(バス)

移動(バス)

チャカブコ港→Hotel Loberias Del Sur     ホテルのシャトルバスで移動
宿泊施設

Hotel Loberias Del Sur

サン・ラファエル氷河クル-ズ参加者の多くはこのホテルに宿泊
21:30 - 22:40 移動(車)

移動(車)

Hotel Loberias Del Sur(プエルト・チャカブコ)→Raices Bed and Breakfast(コヤイケ)
宿泊施設

Raices Bed and Breakfast

長~い1日が終わりました
5日目 2014年01月18日(土)
08:15 - 11:00 ぶらつく

ぶらつく

今日は朝から雲一つない晴天     早速ホテルから徒歩5分のプラザ(公園)へ        公園を散策したり開き始めたお土産物屋を物色したり       木々の緑が太陽に映える      コヤイケには大きなス-パ-がホテルから徒歩15分の所にありとても便利      品揃えは豊富
11:30 - 12:45 移動(バス)

移動(バス)

ホテル→バルマセダ空港        Transfer turismo T&Tのミニバスは各ホテルを回って乗客をピックアップして空港に向かうので結構時間がかかる       道中晴天で丘に咲き乱れる黄色や白の花がとっても奇麗
ターミナル・駅のりば

Balmaceda空港

チェックインカウタ-にてバルマセダ→サンチャゴ、サンチャゴ→メンド-サのボ-ディングパスを2枚もらう      同時にアメリカン航空のマイレ-ジに加算する為にマイレ-ジ番号を入力してもらう
14:25 - 16:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ラン航空

バルマセダ→サンチャゴ     LA270 機内は満席   やはり直行便は人気がある
ターミナル・駅のりば

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ国際空港)

サンチャゴでの乗継時間約6時間    サンチャゴ空港の国際線はショップやレストランが充実していないので時間を持て余す        冷房も効いていて寒いのなんの       なるべく冷房の風が来ない所に移動し長椅子でゴロッと出発時間までまったり
22:35 - 23:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ラン航空

サンチャゴ→メンド-サ(アルゼンチン)      LA936 夜遅い便にも関わらず満席
ターミナル・駅のりば

エル・プルメリージョ空港(フランシスコ・ガブリエリ国際空港)

メンド-サ空港の国際線はサンチャゴ便のみ    よって入国審査官はたったの二人     なのにラン航空とアルゼンチン航空が前後して到着するので長蛇の列        機内で最前列の席にしておいて本当に良かった        メンド-サ空港の両替所はクロ-ズ中     キャッシングは出来るがドル札があるのでタクシ-ドライバ-にドルでも使用可能かどうか確認して乗車      
6日目 2014年01月19日(日)
00:15 - 00:30 移動(車)

移動(車)

メンド-サ空港→Park Hyatt Mendoza Casino & Spa タクシ-ドライバはドル払いでOK,ホテルまで15ドルで行くと言う     高いと思ったが深夜で早くホテルに行きたいし又揉めてトラブルになるのも嫌なので行ってもらう事にする
宿泊施設

パーク ハイアット メンドーサ

ホテル予約サイトのスマ-トセ-ルで予約  (クレジットカ-ドで支払わずにキャッシュ払いにしたので2日分の宿泊費で納まる)      深夜にも関わらずチェックインする人が多い    たぶん深夜にメンド-サ空港に到着した人のよう       独立広場に面する何処に行くにも便利なホテル
09:00 食事

食事

ホテルの朝食は各種ジュ-スやスクランブルエッグ、ヨ-グルト、野菜、パン、ハムやベ-コン果物等品揃え豊富
10:30 - 11:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルの両替はレ-トが良くないので外の両替所で両替しようと開いているお店を探すが日曜日の為どの店もクロ-ズ       どうしようと困っていると闇両替屋が100ドルを交換するとUS$1=$10と言うのでこれならホテル代もペソのキャッシュ払いにすると割安になるので多めに両替する
11:10 その他

Turismo El Cristo

Turismo El Cristoに行き明日のHigh Mountains Tourを申し込む    ツア-料金  260ペソ(ランチは料金に含まれず)   プエンテ・デル・インカまで路線バスで行きアコンカグアの麓の湖辺りを散策する予定をしていたがどうしても標高4000mのクリスト・レデント-ルに立つキリスト像が見たくこのツア-に参加する事に
12:00 宿泊施設

パーク ハイアット メンドーサ

旅行社で支払を済ませ辺りを散策してホテルに戻る     1月下旬のメンド-サは暑くて暑くてホテルに戻って冷房で涼む  
13:14 - 15:15 その他

Bus Turistico Mendoza

宿泊ホテル横の観光バス乗り場→車窓からの市内観光→グロ-リアの丘→宿泊ホテル横の観光バス乗場       乗り降り自由のBus Turistico Mendozaの市内観光バスで市内とグロ-リアの丘観光     75ペソ
自然

グロ-リアの丘

グロ-リアの丘からはメンド-サの街や町を取り囲むようにアンデスの山々が見渡せる 今日は快晴
建物・史跡

サン・マルティン将軍像

グロ-リアの丘の一番高い所に立つサン・マルティン将軍像が青空に映えて颯爽と見える
16:00 - 17:30 ぶらつく

ぶらつく

メンド-サ市内散策      日曜の為開いているショップはほとんど無し    暑くて暑くてマクドナルドに立ち寄って暫し休憩
7日目 2014年01月20日(月)
07:45 - 18:40 移動(バス)

移動(バス)

ホテル→アコンカグア→クリスト・レデント-ル(キリスト像)→プエンテ・デル・インカ→ホテル          High Mountains Tour     天気は快晴   乗客15名  ドライバ-1名とスペイン語と英語を話すガイド1名
その他

El Cristo社のツア-バス

その他

ル-ト13

08:45 自然

湖と山々が見渡せるビュ-ポイント

高台のビュポイントから見渡せる湖と赤茶色の広大な山々    ここにはアルゼンチン国旗がはためく
09:45 - 10:15 ターミナル・駅のりば

Uspallate

Uspallate(ウスパジャタ)の町でトイレ休憩        ワインの生産で有名でお土産物は各種ワインがズラ-と並ぶ     この時とばかりワインを買い込む      とっても可愛い町並み   
その他

ル-ト7

Uspallateからはチリのマ-ブル・カテドラルのTranquilloに通ずるル-ト7を
10:40 - 10:50 建物・史跡

石の橋

渡ってはいけない石の橋をバックにフォットタイム
11:35 - 12:20 自然

Los Penitentes

ここからリフトで山に上がって眼下を見下ろせるがリフト代が往復80ペソもするので皆が戻って来るまで辺りを散策
12:30 - 12:35 自然

アコンカグアビュ-ポイント

雲一つない快晴     アコンカグア山頂が奇麗に見渡せる
13:15 - 13:35 自然

クリスト・レデント-ル(Cristo Redentor)

標高4000mのここクリスト・レデント-ルは強風が吹きつけダウンジャケットを着ないと寒い      青空にキリスト像が映えて最高に素晴らしい眺め
14:05 - 15:10 グルメ

Villa Las Cuevasのレストラン

Villa Las Cuevasのレストランでランチタイム    ツア-料金にはランチは含まれていない    バイキングで85ペソ   ドリンク別料金      レストランの外は強風が吹きつけとっても寒い
15:20 - 15:50 自然

プエンテ・デル・インカ

温泉に含まれる鉱物が固まって出来た天然の橋    柵をしていて近くに立ち入ることは出来ない    凄い観光客が詰め掛ける
16:45 - 17:00 その他

道中のレストラン

プエンテ・デル・インカを出発メンド-サまでの道中のレストランでトイレ休憩
18:40 宿泊施設

パーク ハイアット メンドーサ

ホテルに到着      素晴らしい天気に恵まれ言う事無しのツア-でした
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  576,600円
  • ツアー代 101,500円
  • 宿泊  89,208円
  • 観光  0円
  • 食事  2,500円
  • その他 6,150円

合計775,958円(一人当たり 387,979円)

旅行記の写真 Pick Up!

マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪ マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪ マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手するお気に入りの旅スケに追加

マ-ブル・カテドラルからサン・ラファエル氷河へ✈ちらっとアコンカグアも♪へのコメント

nontaさん  2014/02/14 18:06

tomitaspさん、コメントを頂きありがとうございます。
最初からきちっとプランを決めて旅に出るタイプなのですが今回に限っては天候が決めてなので何一つプランを立てられずに出発しました。コヤイケのツ-リズムのスタッフがとても信頼のおける人だったのでその場で即決定で満足が行く旅になりました。(tomitaspさんと同じく温泉好きです。)

tomitaspさん  2014/02/14 13:40

こんにちは。
絶景の連続に感動しました。
事前に何も決めずここまで充実・感動の
旅行が実現できるって凄いと思いました。






nontaさん  2014/02/13 18:19

makoa187jpさん、いつもコメントをいただき有難うございます。
サン・ラファエル氷河、小さなゾディアクで接近して氷河を見上げたり直ぐ近くでの崩落の振動は迫力がありました。こんな奇麗な氷河が温暖化現象でだんだん縮小していくなんて残念ですね。

makoa187jpさん  2014/02/13 13:09

すごい氷河ですね。すごい景色ですね。やっぱり、たくさん飛行機の乗らないと、ここまでの景色には出会えないですね・・・。旅行記、憧れながら拝見しました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

航空券はANAとランの各航空会社のウエブサイトから購入。

長時間フライト便は通路側、短時間フライト便は窓側を事前に指定(サンチャゴ⇔メンド-サは指定出来ず)。

今回の旅の目的地マ-ブル・カテドラルにおいてはCoyhaique(コヤイケ)からTranquillo(トランキ-ロ)までのアクセスの情報が少なくコヤイケ→トランキ-ロで行きは各社バスを利用出来ても戻りのトランキ-ロ→コヤイケのバスは空き状況によって乗車出来るかどうか確認出来ず、変わりやすいパタゴニアの天気も影響するので結局は行動日2日間の内のいい天気の方を日帰りツア-を利用して行く事にしました。
PCで検索を掛けたマ-ブル・カテドラルのトランキ-ロ→コヤイケでのアクセスのレポ-トで「コヤイケからの日帰りバスツア-に便乗させてもらった!」という情報がありましたが私が実際に利用したマ-ブル・カテドラル日帰りツア-のガイドはトランキ-ロで「コヤイケまで乗せてほしい。」という旅行者を「NO!」とはっきり断っていました。
Tranquilloで宿泊の場合はコヤイケまでの各社のバスは午前中しかありませんので十分ご注意下さい。

現地にて終日雨の予報の為に急遽付け加えたサン・ラファル氷河クル-ズですが思った以上に楽しく満足のいく内容のクル-ズでした。やはり値段の分だけの価値はあったなあというのが終わってみての感想です。

たったの26ドルで4000mのキリスト像まで行けるHigh Mountain Tourは道中の景色も奇麗、お土産を買う時間もしっかりあり、ミニバスの乗り心地も良く、良い事付づくめなので是非お勧めのツア-です。
細いつづら折れの道を4000mまでゆっくり上がって行くスリル感は抜群に楽しかったです。

最初の計画ではプエンテ・デル・インカまでメンド-サから路線バスで行き、アコンカグア麓辺りの湖を散策する予定でしたが実際に行ってみると2740mの標高があるここプエント・デル・インカでは強風が吹き荒れその中を歩くのは大変だったろうと思いました。

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール