海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPチリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅の旅

チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅

チリの世界遺産(イースター島、チロエ、バルパライソ、スウェル)とアタカマ砂漠(高地)を巡ります。

チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅

1日目 2016年02月02日(火)
07:52 自宅

自宅

南米を旅するのは、ペルーに続き、2回目である。   荷物はすでにJAL ABC(料金 往復で¥2800)で羽田空港まで送ってあり、身軽で最寄り駅まで歩く。
08:14 移動(電車)

移動(電車)

最寄り駅からJR普通列車に乗り名古屋へ
09:00 - 13:49 移動(バス)

移動(バス)

新東名Sライナー8号 早売3/ネット割 ¥2990 名古屋駅前から東京駅前まで  普通の観光バスであった。
14:03 移動(電車)

移動(電車)

東京→浜松町(JR山手線)、浜松町→羽田空港国際線ターミナルビル(モノレール)
14:32 ターミナル・駅のりば

東京国際(羽田)空港

JAL ABCのカウンタで預けた荷物を受取り、荷造りをし直して、エアカナダのチェックインカウンターに進む。荷物はスルーでチリ・サンティアゴまで行く。 出国審査後両替。銀行3行の内、一番レートが良かったSBJ銀行で約¥200000を両替し、US$1619になる。(US$1=¥123.50)
18:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カナダ

エア・カナダ AC006便 787-9 長距離ゆえ、通路側に席を取る。東に向かうのは、12年振り。   エア・カナダを選んだ理由は、年末に米国のESTAを取ろうとしたが、過去5年以内にイラン等を旅行していて、ESTAを拒否されてしまった。当初、日本航空で予約していたが、カナダ経由に変えざるを得なかった。キャンセル料が¥30000も掛かったが、エア・カナダであるとまだ¥10000以上のお釣りが出た。
16:42 ターミナル・駅のりば

トロント・ピアソン国際空港

日付変更線を超え、時計をトロント時間(-14時間)とする。 パスポートコントロールを経て、トランジットエリアに来る(この時、パスポートに印を押された)  カナダは2016年3月よりeTA(ビザ免除プログラム)が始まるので注意。
23:47 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カナダ

エア・カナダ AC092便 777-300ER  チリ・サンチャゴ経由アルゼンチン・ブエノスアイレス行き。  こちらも長距離ゆえ、通路側に席を取る。  時計をチリ時間(+2時間、トータル -12時間)とする。
2日目 2016年02月03日(水)
13:13 ターミナル・駅のりば

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ国際空港)

入国審査であれこれ聞かれた。スーパーのレジ・レシートみたいな入国カードを渡される。 税関では荷物をX線検査に掛けるが、それ程厳しくはなかった。 少し両替をする。US$50がチリ・ペソ(以下$) $33319になる。手数料が$1031も取られた。 レートUS$1=$687 レートが悪い。
14:33 移動(バス)

移動(バス)

TUR社の空港バスにのる。料金$1600
14:57 ターミナル・駅のりば

サンティアゴ・アラメダ・バスターミナル

TUR社のバスはここが終点。
15:05 宿泊施設

Ibis Santiago Estacion Central

アラメダ・バスターミナルに隣接するホテル。バスの乗継ならここが非常に便利。部屋は狭いが清潔に保たれている。ACCOR HOTELS にて予約。シングル  US$43.84/泊 朝食別途 Wifi無料  ここで2泊する。  今日は長距離フライトで疲れていたので、どこにも出掛けず、バスターミナルでサンドウィッチを買って夕食とした。
3日目 2016年02月04日(木)
08:30 宿泊施設

Ibis Santiago Estacion Central

朝食を食べて来る。 料金$3900(約US$5.57)
08:38 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄  Uniersidad de Santiago → Universidad de Chile  料金$720
08:53 移動(徒歩)

移動(徒歩)

アウマダ通りを歩く。
09:16 自由記入欄

両替

Augustinas通りでUS$のレートが一番良かった両替所で、US$1000をチリ・ペソに両替する。$705000となる。 手数料なしでお得。 両替をした直ぐ後に、看板のレート表示を少し悪くした。(もうUS$は必要ないと言うことか?)
09:24 人気スポット

アルマス広場

隣接するサンティアゴ観光局で地図をもらう。
09:46 ショッピング

中央市場

魚市場のみが開いていた。
10:04 建物・史跡

大聖堂

サンティアゴ大聖堂 1558年に建てられた。チリ・カトリックの総本山で、多くの聖具には、イエズス会の思想が反映されている。   
10:57 建物・史跡

モネダ宮殿

1846年、マヌエル・ブルネス大統領の頃から大統領府として使用されるようになった。イタリアの建築家、ホアキン・トエスカの設計である。  宮殿には入れず、隣接する文化センターに入る。(無料) 日本の侍について展示していた。
11:42 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄  Monada → Manuel Montt 料金$620 地下鉄料金は時間帯と曜日で変わる。
12:08 自由記入欄

チリ政府観光局

2月20日に参加のスウェル鉱山ツアーのミーティング・ポイントを地図を貰って確認する。
12:33 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄  Manuel Montt → Plaza da Arumas 料金$660
13:21 ショッピング

中央市場

再び市場に来ると賑わっていた。 地球の歩き方に載っていたレストラン「ドン・アルマグロ」で昼食。魚介のソテーを食べる。
14:06 美術館・博物館

国立歴史博物館

レアル・アウディエンシア宮殿内にある。植民地時代からのチリの歴史を展示している。 入場料 無料
14:47 美術館・博物館

プレコロンビア芸術博物館

マヤ文明、オルメカ文明、インカ文明を含む先コロンブス期の文化を展示している。  入場料 $4500
16:12 建物・史跡

サン・フランシスコ教会/コロニアル芸術博物館

漆喰で固められた、アーチの連なる堂内は、ほかのコロニアル建築と比べ、ひときわ重厚で荘厳な雰囲気がある。  博物館では、16世紀以来の絵画や調度、装飾品を展示している。 入場料 $1000
17:00 ショッピング

民芸品市場

チリ国内の民芸品を売っている。
17:40 人気スポット

サンタルシアの丘

スペイン人征服者バルディビアが、抵抗する先住民に備える為に要塞を築いた丘。今は市民の憩いの場となっている。
18:44 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄 Santa Lucia → Universidad de Santiago 料金$720
19:16 宿泊施設

Ibis Santiago Estacion Central

疲れていて、外に出掛ける気がしなかったので、今日も、バスターミナルで買って来たサンドウィッチで夕食とした。
4日目 2016年02月05日(金)
07:41 宿泊施設

Ibis Santiago Estacion Central

今日も同じ朝食を食べる。
07:43 ターミナル・駅のりば

サンティアゴ・アラメダ・バスターミナル

歩いてバスターミナルに来る。
07:59 移動(バス)

移動(バス)

TUR社のバス 料金$1600
08:33 ターミナル・駅のりば

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ国際空港)

ラン航空のチェックインカウンタに並ぶ。渡された搭乗券はレシートみたいな紙で扱いにくい。
10:36 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ラン航空

ラン航空 LA841便 787-9 席は窓側に取った。 イースター島のイミグレーションが配られた。 イースター島はチリ本土より -2時間の時差(日本からトータル -14時間)があり、時計を合わせる。
14:04 ターミナル・駅のりば

イスラ・デ・バスクア空港

イースター島空港   小さな地方空港で飛行機から降りた人が入り切らない。空港建物前のブースで観光税$60を支払う。(このチケットが無いと、イースター島の遺跡に入れない。昨年廃止されたと聞くが、今年になりまた復活したらしい。)外は小雨が降っていた。  空港の外でホテルの出迎えを受ける。
14:29 移動(車)

移動(車)

ホテルの車  ホテルに行く前にバンガロアの町を車で案内してくれた。
15:39 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

ホテル到着後、イースター島観光についてオリエンテーションをしてくれた。 expediaにて予約 シングル 朝食付 US$99/泊 Wifi無料
16:20 自由記入欄

散歩しながらレストラン探し

歩いていると東海岸に出た。先ず、Ahu Riata に来て最初のモアイ像に出会う。道を引き返して、地球の歩き方に載っていた、レストラン・ハカ・ホヌに来る。魚のグリルを食べた。
世界遺産

ラパ・ヌイ国立公園(ラパ・ヌイ国立公園)

18:54 世界遺産

タハイ儀式村 (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  Ahu Vai Uri には壊れかけた5体のモアイ、Ahu Tahai には1体のモアイ、Ahu Koteriku は帽子を乗せられ、目がはめ込まれた、1体のモアイがある。ここは、1968年から1970年にかけて、アメリカの考古学者、ウィリアム・マロイによって復元さてた儀式村である。Ahuとは祭壇の意味で、石垣で出来た台の上にモアイは立っている。今日は天気が悪いのでホテルに戻る。
19:42 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

ホテルに戻った所で晴れて来た。 今日は、昼食が遅かったので、買って来たビスケットで夕食とした。
5日目 2016年02月06日(土)
08:58 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

簡単な朝食を食べて来る。 今日は、午前と午後に分けて、ツアーでイースター島を巡る。 今日は良い天気に恵まれた。
09:21 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス  午前、半日ツアー   途中、公園チケットを持ってない人の為に、公園事務所に寄る。
09:43 世界遺産

オロンゴ儀式村 (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  ここは、かつては聖域とされていた。海を見下ろすと3つの島があり、一番大きな島がモトゥ・ヌイ。ここでは、かつて、春の到来とともに、島に泳いで渡り、海鳥の卵を持ってくる宗教的な鳥人儀礼が行われていた。
11:07 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
11:10 世界遺産

ラノ・カウ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  ラノ・カウは火山で、火口には美しい湖がある。ここは、イースター島の水源にもなっている。湖の半分はトトラ(葦)が覆い、その隙間から青い水面が見える。
11:22 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス  ハンガロアの遠望台に寄る。
11:39 世界遺産

アナ・カイ・タンガタ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  海に面している洞窟で、天井に鳥の絵が描かれている。アナは洞窟、カイは食べる、タンガタは人を意味する事から、食人洞窟と呼ばれている。戦って敗れた部族を儀式として食人していたと言われる。
12:05 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス  午前中はモアイが無いツアーであった。
12:15 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

ホテルに戻って来て少し休憩。
13:18 食事

食事

アタム・テケナ通りのローカルレストランでツナのスープを食べる。
15:02 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス  午後・半日ツアー 
15:55 世界遺産

アナ・テ・パフ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  島最大の洞窟で、かつて、島民はここにたまった土で食用になる植物を育てていた。洞窟内にはかまどや貯水池がある。
16:38 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
16:41 世界遺産

アフ・アキビ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  荒涼とした草地の真ん中に、海を見つめて立つ7体のモアイがある。1960年にウィリアム・マロイ。ゴンザロ・フィゲロアの考古学者によって復元された。このモアイたちは、7つの部族の酋長の像と言われている
17:19 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
17:27 世界遺産

プナ・パウ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  モアイの頭にはプカオという赤い凝灰岩の石が載せられている。これは帽子や髪飾りと言う説があが、当時の人々が結っていた髷を表しているという説が有力。プナ・パウはそれの切り出し場跡で、今でも切り出し途中の物が転がっている。
17:47 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス これで本日のツアーは終わり。
18:03 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

ホテルで少し休憩。
19:30 移動(徒歩)

移動(徒歩)

20:15 世界遺産

タハイ儀式村 (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  夕陽の景色を見る為に、タハイ儀式村に来た。 夕陽はダイナミックに西の海に沈んだ。 観光客が多い。
21:08 移動(徒歩)

移動(徒歩)

22:00 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

時間が遅かったので、夕食は買って来たビスケットで済ました。
6日目 2016年02月07日(日)
09:01 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

今日も簡単な昼食を済ます。 9時にフロントにツアーの待ち合わせだったが、なかなか迎えに来ない。
09:36 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス  やっと迎えに来た。
10:11 世界遺産

ラノ・ララク (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  山が丸ごとモアイの製造工場跡になっている。斜面から切り離されたモアイが起こされ、運び出されるのを目前にしながら放棄された状態で残っている。
11:40 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
11:48 世界遺産

アフ・トンガリキ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  島最大のアフで、15体のモアイが立つ。1993~1996年にかけて、日本企業の援助により再建された。
12:13 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
12:24 世界遺産

アフ・アカハンガ (ラパ・ヌイ国立公園)

世界遺産  海岸のアフに倒れたままのモアイがある。
13:01 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
13:20 食事

食事

ハンガロアまで戻り、ツアーによる昼食 
13:59 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
14:17 イベント

Maunga Pui

今日は祭ということで、ツアー内容を変更して Maunga Pui にコンペティションを見に行く事になった。Maunga Puiは小さな山のことで祭は、その山の頂上から人が滑り下りて来て、速さを競うと言うものであった。多くの人が見に来ていた。
16:02 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
16:09 世界遺産

アナケナビーチ (ラパ・ヌイ国立公園)

伝説の王、ホツマツアが上陸した場所。穏やかな白砂の入江と、タヒチから運ばれたココヤシの林が美しい。アフ・ナウナウがあり、復元されたプカオを載せた7体のモアイがある。このモアイは1978年に復元されたが、そのとき像の下から「モアイの眼」が発見された。
17:05 移動(バス)

移動(バス)

ツアーバス
17:40 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

しばらくホテルで休憩をし、地球の歩き方に載っていた。レストラン・Dominican で夕食。白身魚のソテーを食べた。
7日目 2016年02月08日(月)
08:18 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

今日も簡単な朝食を食べてきた。今日は特に予定がなかったので、ホテルでウダウダしている事にした。(少しもったいない気がしたが…。)
18:25 食事

食事

地球の歩き方に載っていた、レストラン・カナハウに来て夕食。ハンガロアにある老舗のレストラン。料理は、分厚い魚の切り身をレアで焼いてあった。まあまあ美味かった。
19:26 建物・史跡

ハンガロア教会

夕方のミサを行っていた。
21:00 宿泊施設

Cabanas y Hotel Tea Nui, Hanga Roa

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅 チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅 チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅

近くの旅スケジュール

イースター島

イースター島

行きたいな

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

チリ 世界遺産とアタカマ砂漠を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2017/06/21 22:01

masakazuさん

コメントありがとうございます。

また、旅スケ書いていきますので、宜しくお願いします。

masakazuさん  2017/06/21 20:01

私もこのモアイ群を肉眼で見てみたいですね。素晴らしい。


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!