海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛との旅

2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛と

端午節休暇を利用して上海発で九寨溝黄龍に、前に西安後ろに成都の観光をつけたよくばりプラン。黄龍で高山病に、九寨溝で筋肉痛に苦しむも絶景を堪能!

2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛と

1日目 2016年06月09日(木)
05:30 自宅

自宅

朝便で4時半起きの出発。
05:30 - 05:50 移動(車)

移動(車)

滴滴専車初体験。30%引きでタクシー並み価格で満足。
ターミナル・駅のりば

上海虹橋国際空港

国内線だけど春秋航空はT1から。
07:10 - 09:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 春秋航空

中国LCC初体験。食事や飲み物がすべて有料なのがLCCたる所以。自分は旅行会社のアレンジで食事付でした。
自由記入欄

西安空港

きれいでデカい空港。ガイドは徐さん。
10:00 - 11:00 移動(車)

移動(車)

市内には入らず直接兵馬俑へ。
11:00 - 14:00 世界遺産

秦始皇帝陵及び兵馬俑坑(秦始皇帝陵及び兵馬俑坑)

ランチを挟んで兵馬俑と秦始皇帝陵へ。ここで随分歩いた。
食事

食事

老西安飯庄 ここでこの旅行最初で最後のアルコール摂取。
14:30 - 15:30 温泉・露天風呂

華清池

楊貴妃と蒋介石という妙な組合せが同じ施設の売り物。
夕刻 ぶらつく

ぶらつく

街に戻って大唐不夜城という、歌人や僧など唐代の有名人の像が並ぶ通りを散策。
建物・史跡

大雁塔

噴水ショーが18時からだが待ちきれずギブアップ。
17:30 - 18:30 食事

食事

徳発長という餃子料理の有名店でディナー。早めだったせいもあり、10数種の餃子でお腹いっぱい。
夕刻 建物・史跡

鐘楼

城壁内をホテルに向けて走り、車窓から鐘楼、鼓楼など見学
19:30 - 21:30 宿泊施設

グランド ニュー ワールド ホテル (西安古都新世界大酒店)

早起きと暑さでかなりバテ、明日の黄龍に備えるため早めにホテルにチェックイン。9時半には就寝。
2日目 2016年06月10日(金)
早朝 宿泊施設

グランド ニュー ワールド ホテル (西安古都新世界大酒店)

夫はよく眠れ、妻は夫のいびきに悩まされの起床。今日も朝早くてホテルの朝食食べれず、お弁当にしてもらう。出発は6時過ぎ。
移動(車)

移動(車)

空港へ。徐さん、ありがとう!
自由記入欄

西安空港

すんなりチェックインした後お弁当を食べる。サンドイッチは微妙な味。
08:30 - 10:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 中国東方航空公司

盆地の西安から標高3500mの九寨黄龍空港へ。
午前 ターミナル・駅のりば

四川九寨黄龍空港

さすがに高地で冷える。早速持ってきたウルトラライトダウンを着用・ガイドは馬さん。
10:30 - 12:00 移動(車)

移動(車)

移動中4000m超の地点を通過、記念写真を。頭の痛さが多少出始める。
食事

食事

ハイキング前の腹ごしらえ。地元料理のヤクの肉やキノコのスープなど、この旅行では一番だったかも。
午後 世界遺産

黄龍風景区(黄龍風景区)

絶景の黄龍ハイキング。でも頭痛くてゆっくりしか歩けず、もらった酸素ボンベでしのいで何とか完歩。
15:00 - 17:30 移動(車)

移動(車)

九寨溝への移動は爆睡。
夕刻 食事

食事

チェックインした後ホテルのレストランで夕食。昼より1品少なく、内容も明らかにチープ。ウエイトレスが愛想良かったのは○。
自由記入欄

九寨溝名人酒店

九寨溝入口から車で10分くらいの4星ホテル。ちょうど繁華街の切れたところで外に出ても何もないが、中も貧弱。石鹸なし、ドライヤー壊れ交換、シャワー水ちょろちょろ&温度不安定など問題山積。
3日目 2016年06月11日(土)
自由記入欄

九寨溝名人酒店

昨日の筋肉痛を抱えてチェックアウト、荷物をホテルに預けていざ出発!
移動(車)

移動(車)

風景区入口まで車で10分ほど。途中いくつか繁華街あり。ちょうど泊まったホテルはその谷間で何もないところ。
09:00 世界遺産

九寨溝(九寨溝)

入口は既にたくさんのツアーが入場待ち。でもガイドさんによると今日は人が少ないそう。
午前 移動(バス)

移動(バス)

風景区の中はとても歩ける広さでなくグリーンバスで移動。バスはおびただしい数が待機、途中もあまり待たされることなく快適。(ピーク時はバス待ちが地獄らしい)
自然

日則溝景区

風景区内はY字型で、まず一方の奥の方までバスで行き、そこからガイドさんに従ってバスに乗ったり歩いたりで見所を見て回ります。ちょうど晴れてきてラッキー!
食事

食事

Y字の一方を見終わったところでY字の付け根のところにあるレストランで昼食。かなり早めなので空いていた。しかし内容は工場の飯(@15)並みのビュッフェが60元!その他98元、138元もあるが推して知るべし。評判も最悪。
午後 自然

則渣窪溝景区

昼食後Y字のもう片方へ。ちょうど雨が降ってきて少し残念。見所だけ見てバスで一気に戻る。
午後 自然

日則溝景区

最後にY字の下の方(入口側)。自分たちは朝一に入ったが後から来た人も当然いるので午後は激混みと思いきや、雨のおかげか人影はまばら。雨をおしてバスを降りたら急に晴れてきた。今日はついてる。
移動(車)

移動(車)

移動がスムーズだったせいで九寨溝は早めに出て、ホテルに寄って荷物を載せていざ九寨溝とお別れ。
自由記入欄

川主寺

時間が余ったので夕食予定の川主寺でしばらくショッピング。ヤク肉つまみをスーパーで購入。九寨溝を通してTシャツとかピンバッジとかは一切なし。
17:00 - 18:00 食事

食事

川主寺の地元料理店で相当早い夕食。何てことない小さい店の感じが5時頃から客が入り始め、人気店らしい片鱗が見えた。
夕刻 ターミナル・駅のりば

四川九寨黄龍空港

成都への移動。若干遅延でビビる。3500mにある空港なので、長居するのは結構苦しい。
20:00 - 21:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 四川航空

九寨黄龍-成都。CAの制服、容姿は明らかに東方などより上。
ターミナル・駅のりば

成都双流国際空港

無事到着も、ガイドと運転手の連携悪く、車に乗るのに手間取る。ガイドは若くて超元気。
移動(車)

移動(車)

街の土曜の夜は結構渋滞していてホテルまでは意外と遠かった。最後ちょっと淋しいところに入って到着。
宿泊施設

成都芙蓉麗庭酒店

チェックインにやけに時間がかかり、部屋ではシャワーの水圧弱い上に止めても水が漏れる。力づくで押して何とか止まる。ドライヤーも止まり、寝るまでに一苦労。
4日目 2016年06月12日(日)
08:30 宿泊施設

成都芙蓉麗庭酒店

前日遅かったのでガイドの7:30出発の案内を蹴って8:30に。朝食は広い宴会場でのバイキングに誰も客がいなくてやや不気味(後から何人か来たが)。
午前 移動(車)

移動(車)

成都での目的地、パンダ繁殖研究所へ。
午前 その他

成都パンダ繁育研究基地

足が筋肉痛で歩くのはつらいのでオプションの園内カー選択。乗るのに30分くらい待ち、結局園内見たのは1時間程度で、おそらく全体の1/3程度。
食事

食事

街に戻って四川料理の昼食。辛さ控えめにしてもらい、おいしかったが、時間が早くてまだお腹が空いてなかったせいもあり、食べきれず。
美術館・博物館

武侯祠博物館

諸葛孔明、関羽など三国志のメイン人物が登場するスポット。像は明代に作ったらしいがなかなかのもの。
午後 グルメ

錦里

武候祠横の小吃などの並ぶおしゃれスポットを散策。パンダの箸置きゲット。
ターミナル・駅のりば

成都双流国際空港

上海への便は昨日に続いて遅延。結局1時間半くらい待って何とか出発。
17:30 - 20:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 中国国際航空

中華系の中では一番平均点は高いかも。でも遅延は多い。
ターミナル・駅のりば

上海虹橋国際空港

上海は雨で涼しい。
移動(電車)

移動(電車)

タクシーも考えたが、やはり地下鉄で帰宅。
21:00 自宅

自宅

帰りは9時過ぎ。明日から仕事。早く風呂入って寝よ。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • 観光  0円
  • 宿泊  0円
  • ツアー代 170,000円
  • 食事  0円
  • その他 3,000円

合計173,000円(一人当たり 173,000円)

旅行記の写真 Pick Up!

2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛と 2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛と 2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛と

近くの旅スケジュール

西安4日間

西安4日間

ずっと行ってみたかった西安なんです。

10156_5

長安の旅

敦煌チャレンジ

中国の険しい山を登るたび

中国の険しい山を登るたび

中国五岳のひとつ断崖絶壁、絶景の崋山を登ってみようというたび。

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

2016上海発九寨溝黄龍+西安成都4日間、絶景と高山病と筋肉痛とへのコメント

HIROHUMIさん  2016/07/24 16:51

4日間でこれだけ回れるんですね。驚きました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

 ツアー代に飛行機、ホテル、ガイド、入場券、食事代すべて含む。(1万元余り)
中国は観光施設の入場料はかなり高い。たとえば黄龍、九寨溝はそれぞれ園内のロープウエイ・バス代含みで300元以上(5000円以上)。
 九寨溝・黄龍のシーズンは6月末から10月一杯くらいだそうで、この時期はまだ雪解け水が融け切っていなくて水が少なく、滝などの迫力がイマイチだそう。でもピーク時は人の数が半端ないので逆に良かったかも。
 今回前に西安、後ろに成都の観光をつけ、時間配分の関係で先に黄龍、あとから九寨溝としたが、特に黄龍は高地にあり、高山病の危険があるため、一般的なツアーは到着日は観光なし、翌日まず低めの九寨溝を観光して体を慣らした後に黄龍に行くスケジュールです。結果は大丈夫だったものの正直ちょっときつかった。心配な方はこのスケジュールはお勧めしません。高山病になりやすいかは年齢や体力は関係ないそうです(もちろん体調は関係あり)。
 九寨溝・黄龍は食事は期待できないと聞いていましたが、最初に食べた黄龍でのヤク肉、キノコのスープなどは結構おいしかった。ただ九寨溝の中のレストランは、避けられるなら避けた方がいいです。(食べないか持参)
 天気は黄龍が曇り一時雨、九寨溝が晴れのち小雨のち曇りのち大雨のち晴れというくるくる変わる山特有の天気そのものでした。まだ真夏でないので曇りや雨だと寒いくらい。ウルトラライトダウンが活躍しました。

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!