海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーションの旅

初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション

アエロもロシアも初めて。 個人旅行でその内と思っていましたが、1人では心細いので格安ツアーに飛びつく。 勇敢な親子にくっついてちょっとスリリングな夜のモスクワ地下鉄地下宮殿巡りも楽しむ。

初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション

初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション

1日目 2017年01月10日(火)
自由記入欄

The First Day 成田→モスクワ(乗り継ぎ)→サンクト・ペテルブルク  (サンクト・ペテルブルク泊)

05:45 自宅

自宅

電話するとタクシーは30分後と言われ最寄り駅まで歩く。
06:14 移動(電車)

移動(電車)

最寄り駅では座れたが 途中から混み始める。 より遅い電車ではキャリーを持っての移動は厳しかったでしょう。
08:26 ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

ツアー集合時間は10:40。 電光掲示板にアエロ モスクワ行きがない。 間違った日に来てしまったのか! モスクワ経由パリ行きの為 パリの表示となっていた。 モスクワで全員が降りたのだから何故パリ行きとなっていたのか分からない。
13:10 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アエロフロート・ロシア航空

SU261 飛行時間 約10時間25分 初めてのアエロ・フロート。 殆ど満席。2,4,2の並び方。 私は真ん中の4の席だが、幸いに右は空席。中東経由ばかり利用していたので ヨーロッパこんな近いのと感じた。 が、アルコールは不味いワインのみ、 ビール無しは辛い。 行きの機内食は予想以上に美味しい。 機内のエンタメも中東airlineには及ばないが先ず先ず。座席狭いが、お得価格なら次回利用するかも。 
17:35 ターミナル・駅のりば

シェレメーチエヴォ国際空港

ミネラルウオーター(80ルーブル)をドルで買いお釣りをルーブルで貰うつもりだったがドル払い不可。成田で1,700ルーブル両替しただけなので、カード払い。
20:20 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アエロフロート・ロシア航空

SU030 #21ゲート。 ゲートの変更が多いので、要注意と添乗員のOさんに言われた。 3,3の並び席で私は通路側。 飛行時間 約1時間 30分。 短いフライトだが軽食有り。ハム(ソーセージかも)と白菜のサンドイッチのパンはパサパサ。 飲み物有り。 此方の方が乗り心地は良かったがエンタメ無し。
21:50 ターミナル・駅のりば

プルコヴォ空港

機は沖止めの為 バス移動。
22:38 移動(バス)

移動(バス)

空港すぐそばまでバスが来てくれるのかと思っていたが、荷物を持って少し移動。道が凍っているのでスリップしそうで怖かった。寒さは厚着をしているので左程でもないが、耳当て/帽子は必須。ツアー参加者は35名程。 20名以上が1人参加。 バスは空席 略無し。
23:16 宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

ロビーにクリスマスツリーが飾られていた。
2日目 2017年01月11日(水)
自由記入欄

The Second Day サンクトペテルブルク  (サンクトペテルブルク泊)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

07:10 食事

食事

ビュッフェ朝食は7時より。 可も無く不可も無し。 ニシンの塩漬け、オイルサーモンのマリネ無しが残念。キュウリのピクルスが程良い酸味で旨し。
08:09 ぶらつく

ぶらつく

ホテルすぐ横、左右にマーケットが一軒ずつあると添乗員のOさんから聞いていたが、左側にそれらしき物を見つけられない。薄暗い中閑散とした足場の悪い所を歩くのは危険と感じた。 
ショッピング

Azbuka Vkusa (ロシア語 Азбука вкуса)

ホテル正面大通りを渡りナヒモヴァ通りを歩く。 通りの右側の歩道のほうがスリップしづらく感じたのでそちらを進む。 こちらに向かって来た女性に英語でスーパーマーケットがないか尋ねると数㍍先の左側の方を指された。 これで今晩はやっとビールにありつけるシメシメ。 予習の価格より高めだったのでラベルを見ると輸入品。 店員に ロシア産の売り場につれて行って貰うが、アルコールは販売時間が限られているので買えず。
08:38 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ジンジャーブレットマンと女の子のクリスマス飾りがバーゲンだったので求める。レシートを見てもどういう計算なのか分からず。2つで298ルーブル。お釣りの2ルーブルでは小銭が不足。100ルーブルをコインに両替。英語は通じなかったが理解してもらえる。
08:52 宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

8:50 パークインの側面の電光掲示板によれば外気温マイナス0.4℃。 まだ真っ暗。
09:24 移動(バス)

移動(バス)

集合時間頃には少し明るくなって来た。
世界遺産

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群(サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群)

09:52 人気スポット

イサク広場

ニコライ1世騎馬像とイサク聖堂を写真に納める。 スリップしないように注意。
建物・史跡

イサク聖堂

帝政ロシアのシンボルとして、1858年に完成した大聖堂。世界で最も大きな教会建築のひとつ。 高さ101.5m。 展望台に登れないどころでなく内覧も出来ず。 内部の壁画はモザイク画。 フレスコ画に覆われる一般的なロシア正教会の聖堂とは異なり、カトリック教会のような印象だそうだ。  金色のドームがペールブルーの空に聳えていた。 要再訪!!
10:08 移動(バス)

移動(バス)

10:12 人気スポット

ピョートル大帝の聖堂の騎士像

デカプリスト広場にある。1782年エカテリーナ2世により建立。Wikiによればピョートル大帝の偉業を称えたプーシキン作の叙事詩『青銅の騎士』が有名になったため、この名で呼ばれるそうだ。
10:20 移動(バス)

移動(バス)

10:38 建物・史跡

血の上の教会

外観のみ。 農奴解放令で知られる皇帝アレクサンダー2世が1881年暗殺されたのを悼み、息子のアレクサンダー3世がその地に教会を建立。25年かけ1907年に完成。内部の美しさは世界1だそうですが、外観見学だけ。 ソ連時代に野菜倉庫として使われた。 wikiによればペテルブルクの主な建築物が、バロックおよび新古典主義様式であるが、こちらはロマンチックなロシア・ナショナリズムの影響を受けているそうだ。
10:50 移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

ネフスキー大通り

車窓より、サンクトペテルブルグのメインストリートを。
11:05 ショッピング

オネーギン

11:05 移動(徒歩)

移動(徒歩)

人気スポット

ネフスキー大通り

11:16 建物・史跡

聖キャサリーン・カトリック教会

ネフスキー大通りにある。 教会の内部を見ていないのでオネーギン近くの教会をガイドのマリアさんに教えて貰い訪れた。 質素な教会で入り口に戦禍の傷跡?(と思ったが火災の惨禍)があった。
11:22 移動(徒歩)

移動(徒歩)

11:30 ショッピング

オネーギン

私は何もかわなかったのですが ウォッカの試飲に行くと、手鏡2つとカード入れをプレゼントされた。お礼を言ったものの家に持って帰っても箪笥の肥やしになるだけと思い、一つだけは思い出に残し、ツアーメートのFさんにパス。
11:46 移動(バス)

移動(バス)

12:07 グルメ

レストラン チャイコフスキー (Chaykovskiy)

美しいサラダの味はマアマア。 ビーフストロガノフ のビーフはとろける感じではなく、筋が多く イマイチの味。 ビール (4ドル確か 小だった?)の味もイマイチ。 素敵な絵の飾られたクリーム色の壁、白いテーブル、シャンデリアの下がる小綺麗で明るい店。 入り口に沢山の蛙の置物が飾られていた。
13:17 移動(バス)

移動(バス)

13:41 人気スポット

宮殿広場

エカテリーナ2世が1755年に自分の美術品展示室を建てたのが エルミタージュ(仏語で隠れ家)美術館の起源。 現在の本館の冬宮殿はロマノフ朝の王宮。
13:58 美術館・博物館

エルミタージュ美術館

別館は略貸し切り状態の鑑賞。 大美術館であるだけでなく、サンクトペテルブルク随一の宮殿。 所蔵美術品は300万点。 展示室を全て歩くと20km以上。 ガイドの案内で本館1時間半、印象派の展示される別館30分、自由行動本館・別館 各30分、の予定が計4時間近くの鑑賞となりラッキー。
17:55 人気スポット

宮殿広場

移動(バス)

移動(バス)

18:30 グルメ

マーシャ・イ・メドベード

Masha I Medved Malaya Sadovaya St., 1/25, St. Petersburg 191011 ℡ +7 812 310-46-31 毎日午前 11:00 - 午後11:00 (火 定休日の情報も有) ランチのビールが余り美味しくなかった上、こちらの方がより高かった(幾らか失念)のでビール注文せず。大きなクマの剥製が出迎えてくれた。
19:20 移動(バス)

移動(バス)

19:56 宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

移動(徒歩)

移動(徒歩)

20:30 ショッピング

HOPДИK - HEBA

ホテルの左側 (北側)の安めのスーパーマーケット。 中瓶ビール(バルチカ 49.96ルーブル ステンカラージン 44.97 ルーブル)、魚(名前不明)の燻製 (59.98ルーブル) 計 154.90ルーブル 155ルーブル払い何も言われずお釣り(0.1ルーブル=10カペイカ=約0.25円)無し。カペイカ硬貨を旅行中にみることなし。
20:50 移動(徒歩)

移動(徒歩)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

ヨーロッパ旅行で缶ビールを売っていないところが多々あったので 今回は忘れずに持って来た栓抜きを使いビールを。 1本のつもりが昨日飲まなかったからご褒美にもう1本。 
3日目 2017年01月12日(木)
自由記入欄

The Third Day サンクト・ペテルブルグ→プーシキン→パブロフスク→サンクト・ペテルブルグ (サンクト・ペテルブルグ泊)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

07:00 食事

食事

ビュッフェ朝食 メニューが豊富とは言えないが、 レストランの食事より口にあった。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

08:05 ショッピング

супермаркет  24 часа

24時間スーパーマーケット ホテルの右側 (南側) 少し高いが品も良し。 ここでも朝なのでビール買えませんでした。  Aさんに頼まれたナチュラ シベリカのハンドクリーム ついでに私もお土産に(191ルーブル) 唇が荒れて来たのでリップ代わりにと自分用にオーガニックのアロエのハンドクリーム(113ルーブル)も求める。 CC払い。
08:28 移動(徒歩)

移動(徒歩)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

Park Inn の電光応掲示板によれば 8:53の気温は-3℃
09:00 移動(バス)

移動(バス)

30km
09:45 移動(徒歩)

移動(徒歩)

雪道を滑らないように進むと、青い塗装の華麗なバロック様式の建物が見えてくる。
10:00 建物・史跡

エカテリーナ宮殿

サンクトペテルブルク郊外 プーシキンにある。1724年エカテリーナ1世(ピョートル大帝の妃)の為に建設された。 「琥珀の間」で有名だが、現在の姿はエカテリーナ2世の指揮下で1770年完成。 壁1面が琥珀のパネルで覆われていたが、ナチスに持ち去られた。2003年再現された。 入り口で靴カバーを渡されるのでそれを履いて見学。 前日まではかなり混み合っていたようだが空いていた。
11:43 移動(徒歩)

移動(徒歩)

郊外だけあり流石に寒いが、前日より上下とも1枚多く着込み、靴下のつま先にもカイロを貼れば凌げた。 シャッターを切ると指が凍えたが、直ぐにマフラーの下にカメラを持ったまま手を入れると何とかなった。
11:53 移動(バス)

移動(バス)

プーシキン~パブロフスク 10km
12:10 グルメ

Uno Cafe

キエフ風カツレツ(中がとても熱い。 小さなコロッケのサイズ) ビール(大)200ルーブル。 酷があるアンバーで銘柄はジブリだそうだ。 ここで昨日の昼のビールは美味しくなかったと添乗員のOさんに。 美味しかったと言う人もいたが。
13:10 移動(バス)

移動(バス)

13:20 移動(徒歩)

移動(徒歩)

一眼レフのカメラを持つAさんはカメラに毛糸のマフラーの様な物を常時被せ撮影していた。 私のコンデジは手のぬくもりでなんとかなった。 
13:38 世界遺産

パヴロフスク宮殿

サンクトペテルブルク郊外パブロフスクにある。 皇室の狩場だったが、1777年エカテリーナ2世が長男誕生祝に息子のパーヴェル皇帝に贈った。 1786年宮殿完成。 64本の円柱で支えられたドームが印象的なクラッシック様式建築。 殆ど貸し切り状態で観光。 日本語の薄い「ハーヴロフスク」と書かれたガイドブックが、70ルーブルと安かったので購入。
14:52 移動(徒歩)

移動(徒歩)

雪野原の向こうにパーヴェル夫妻がエカテリーナ2世に捧げた円筒型の「友好の神殿」が見えた。 野花の咲く季節に再訪し公園散策を楽しみたい。
15:15 移動(バス)

移動(バス)

サンクトペテルブルクのラッシュは16:00頃から始まるとのことで、少し渋滞。
16:20 建物・史跡

ニコライ聖堂

St. Nicholas Maritime(/Naval ) Cathedral  スケジュールには入っていなかったが、Oさんがロシア教会の内部を見ていない私達の為にマリアさんに頼み連れて行って貰えた。 S.ペテルスブルグの人にはthe Sailors' Cathedralとして知られる。 入り口に日本語で 「世界人類が平和でありますように」と印されている。ロシア正教は立って礼拝するので椅子無し。
移動(バス)

移動(バス)

17:00 グルメ

Koleso

Trip Adviserお薦めの店。 ペリメニにはサワークリームをかけて食べるが、醤油で食べたかった。黒ビール 大 400ルーブル 高いと思ったが美味しかった。 バルチカの黒とガイドのマリアさんが言ってましたが、ホテル横のсупермаркет  24 часаに黒は売っていなかった。
18:00 移動(バス)

移動(バス)

3名のバレー鑑賞組はこのバスに乗らずに移動/ ここから自由行動した人も数名。 全く予習なしの私はHISバスでホテルに戻るしかない。残念!
宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

移動(徒歩)

移動(徒歩)

19:10 ショッピング

супермаркет  24 часа

マリアさんの書いてくれたメモを片手にバルチカ(БАЛТИКА)の黒を買いに行く。 2種類の缶ビールがあったが黒はないそうで店員のお薦めの Ведкопоповиц. Ко(レシート参照、スペル自信なし)の缶(中)ビールを76ルーブルで求める。
自由記入欄

ロシアのビールじゃなかった!

半日かかりレシート参照で銘柄調べました。結局分からなかった。缶ビールの写真にKozel  1874 Cernyとあるので調べたら チェコのビールでした。山羊の絵のついた口当たりのクリーミーな黒ビール。お土産に一缶。夫も大喜びでした。
19:29 移動(徒歩)

移動(徒歩)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

翌朝よりモスクワ発なので 荷物整理。 空港よりすぐに観光スタートなので 観光に必要な物は手提げに入れる。
自由記入欄

19:00より オプショナルツアー。 ミハイロフスキー劇場 眠れる森の美女 (バレイ鑑賞) €160/ ¥20,000  高いので参加せず。 自分でチケットを取りバレーを鑑賞しに行った人もいた。 そんな自由が許されるとは! 夜のロシアと雪道が怖い私にはとても考えられなかったのですが。
4日目 2017年01月13日(金)
自由記入欄

The Fourth Day サンクト・ペテルブルク→モスクワ (モスクワ泊)

宿泊施設

Park Inn Pribaltiyskaya

お弁当の予定でしたが私達の便宜をはかり、6時からビュッフェ朝食スタートとなりました。 ロシア、中々サービス精神有るじゃん。
07:00 移動(バス)

移動(バス)

ターミナル・駅のりば

プルコヴォ空港

09:25 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アエロフロート・ロシア航空

SU007 この旅で唯一窓側の席。離陸に時間かかると外を眺めると、翼に何か吹きかけている様子。エッ アエロってトイレをよく消毒しているけど、飛行機まで消毒するの?! そんな筈ないですよね。雪が降り始めたので、除氷車が除氷剤を翼に噴霧していました。 初めて見たのでビックリ!
10:40 ターミナル・駅のりば

シェレメーチエヴォ国際空港

5分遅れで着陸。 沖止めの為バス移動。
11:20 移動(バス)

移動(バス)

この日は旧暦の12/31にあたる為か、道路がとても混んでいました。 道路は溶解剤が使われているので凍っていませんでした。
12:30 建物・史跡

救世主キリスト聖堂

内部撮影不可。 清楚なクリスマスツリーが聖堂と調和していた。 祖国戦争に勝利したことを感謝するために建てられた。 1838年着工、1883年完成。 1931年スターリンの命により爆破。 ソ連邦崩壊後再建が決まり、2000年完成。
12:51 移動(バス)

移動(バス)

13:16 グルメ

カルチマ・タラス・ブリバ (マホーバァヤ通り店/クレムリンそば)

素朴なクリスマス飾りにフォークロアのクロス茶色の食器、アットホームなウクライナ料理の店。 このツアーで最も豪華な食事。
14:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

14:11 人気スポット

アレクサンドロフスキー公園

沢山の観光客が並んでいた。 白いダウンコート(制服なのだろう)と白のスノーブーツ、ジーンズと黒のナップサックの12名の颯爽とした少女達もいた。
世界遺産

モスクワのクレムリン

以下はクレムリン内 因みにクレムリンとは城壁のことで、正式名は「モスクワのクレムリン」です。
建物・史跡

クタフィヤ塔

ここで空港のような荷物チェックがある。 大きな荷物、リュックは禁止。
14:30 建物・史跡

トロイツカヤ塔

14:38 その他

大砲の皇帝

14:40 その他

鐘の皇帝

14:51 美術館・博物館

武器庫

武器庫と呼ばれていますが実は歴史博物館には、靴カバーを履き、コート、荷物を預け入場。せめてロマノフ王朝位は知っておけば感慨も深かったのですが。 撮影料を払えば写真も撮れたようです。 宮廷馬車、ドレス、王冠、金器、銀器とお宝がどっさりです。
建物・史跡

ウスペンスキー大聖堂

クレムリンの中心に建つ大聖堂。 イワン1世に建てられた物が1474年地震で倒壊後、1479年に再建。 館内撮影不可。
16:30 人気スポット

聖堂広場

16:33 建物・史跡

イワン大帝の鐘楼

16:38 建物・史跡

スパスカヤ塔

自由記入欄

ここまでクレムリン内

16:40 世界遺産

赤の広場

共産主義の赤の意味と思っていたら 赤は古代スラブ語で「美しい」の意味だったのですね。
16:52 ショッピング

グム百貨店

モスクワ最大の百貨店で自由行動。  1921年レーニンの命で開設。 現在の建物は1893年に建てられた工場を1953年に改装したもの。 吹き抜けの3階建て。
16:53 建物・史跡

ポクロフスキー聖堂(聖ワシリー聖堂)

入場は17時まで もしかして入れて貰えるのではと自由時間開始すると直ぐに向かったが16:30まででないとチケットは買えない。 カラフルな9つのタマネギのドームの聖堂。 ロシアと言えばこの聖堂ですよね。 対モンゴルの戦勝を記念して。イワン雷帝により1560年に建てられた。 中に入りたかったな。 次回は自由旅行で行くぞ。
17:01 ショッピング

グム百貨店

観光客向けの店なのでトイレを借りるだけのつもりがクリスマス飾が嬉しく写真を撮りまくる。お得なものは見つからず。甘党の方はアイスがお薦めとか。
17:48 ぶらつく

ぶらつく

クリスマスマーケットを散策。
18:00 建物・史跡

カザンの聖母聖堂

クリスマスマーケットでイルミネーションを楽しみながらぶらついていると鐘の音が聞こえ人々が教会に入って行ったので後に従う。立ったままアカペラで歌う信者達に交わりヒッソリ礼拝。
18:05 移動(徒歩)

移動(徒歩)

集合時間に遅れないように5分前には着くように急ぎ足でグム百貨店に向かう
18:12 ショッピング

グム百貨店

18:16 移動(徒歩)

移動(徒歩)

18:20 移動(バス)

移動(バス)

19:00 宿泊施設

ノボテル モスクワ センター

20:00 食事

食事

ホテルにて夕食 前日に買った缶ビールを部屋で飲んで味を確認したいので ビールは注文せず。 夕食後に外出したいとかで飲まない人が殆どだった。私は夜の外出なんてトンでもないと思っていたのだが、スターバックでタンブラーを買いたいとか 地下鉄駅に行きたい人がいてそれなら私もと便乗する。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

21:25 ターミナル・駅のりば

ノヴォスロボーツカヤ(Новослободская) 地下鉄5号線駅

ステンドグラスは駅にあると思っていたら地下鉄の乗り場にあるそうだ。その為に切符を買わなければ。何の予習もなし。でも大丈夫右上の方をタッチすれば英語表記になった。 1回券を55ルーブル(ここではコインが必要)で手に入れた。 隣の自販はキリル表示だけだったようで、Bさんは切符が買えず、係員に言うと既に支払った額の返金なし。もう1回買うことに。
移動(電車)

移動(電車)

ステンドグラスの地下鉄構内を見るだけの予定だったのですが、キリル文字の駅名を写し、折角なら一駅位のりましょうと誘うがBさんはもう帰ると。 思い切って1人で早く来た方の地下鉄に乗る。 とそこに別のツアー仲間がいた。
21:39 ターミナル・駅のりば

ベラルースカヤ(Белорусская) 地下鉄5号線駅

天井モザイク画はベラルーシの日常の様子。 鉄道のベラルースキー駅(ベラルーシ行き列車の発着駅)と接続。
移動(電車)

移動(電車)

21:46 ターミナル・駅のりば

アレクサンドロフキー・サート(Александровский сад) 地下鉄5号線駅

昼間に行ったアレクサンダー公園の名前。 クレムリンの下車駅。 1905と彫られた労働者達の群像(アイボリーか象牙色の大理石)のレリーフ。 
移動(電車)

移動(電車)

21:51 ターミナル・駅のりば

キエフスカヤ(Киевская) 地下鉄5号線駅

ソ連時代の栄華を伝えるモザイク画
21:55 移動(電車)

移動(電車)

21:57 ターミナル・駅のりば

パールク・クリトゥールイ駅 Парк культуры (地下鉄5&1号線)

円形の白の大理石でバレリーナのレリーフ。 劇場のような感じなのでボリショイ劇場がそばにあるのかと思ったら、「文化公園」の意の駅名で近くにゴーリキー記念文化公園。 駅の内装は1950年代のスターリン様式。 モチーフは古代ギリシャのスポーツを連想するもの。(*Wiki)
22:06 移動(電車)

移動(電車)

ターミナル・駅のりば

クロポトキンスカヤ(Кропоткинская) 地下鉄1号線駅

救世主キリスト聖堂下車駅 チョット降りてみたが余り興味を覚えなかったので 直ぐ同じ地下鉄に乗る。 写真がないし全くどんなだったか記憶にない。
移動(電車)

移動(電車)

ターミナル・駅のりば

ビブリオチェーカイーメニ・レーニナ(Библиотека имени Ленина) 地下鉄1号線駅

22:09 移動(徒歩)

移動(徒歩)

1号線から構内徒歩移動で3号線へ。 プラットホームに、3 Arbatskayaと英語で書かれ矢印が描いてあるので迷わず乗り換えられます。 急勾配のエスカレーターで移動すると、花模様のレリーフで飾られた白いマル天井に素敵なシャンデリアが並んだ通路があります。
22:14 ターミナル・駅のりば

アルバーツカヤ (Арба́тская) 地下鉄3号線駅

22:18 移動(電車)

移動(電車)

22:20 ターミナル・駅のりば

プローシャチ・レヴォリューツィ(Пло́щадь Револю́ции)地下鉄3号線駅

触ると幸せになれると言う犬の像もある
移動(電車)

移動(電車)

22:29 ターミナル・駅のりば

クールスカヤ(Курская) 地下鉄3&5号線駅

電車を降りて5号線に乗換。 ここにもちゃんと5 Kurskaya とプラットフォームに矢印有り。 又、プラットフォームに赤いマルの中にカメラのマークがありPhoto/ Selfie Spotと書かれていた。 白い列柱が並び、天井は柱状のライトが縦に6本ずつ2列に並び、シンプルでモダン。鉄道のクールスキー(クルスク行き列車の発着駅)と接続。
22:39 移動(電車)

移動(電車)

22:42 ターミナル・駅のりば

コムソモーリスカヤ(Комсомольская) 地下鉄5号線駅

(天井のモザイク画) 黄色
移動(電車)

移動(電車)

22:52 ターミナル・駅のりば

プロスペクト・ミーラ(Проспект Мира) 地下鉄5号線駅

 「平和大通り」の意。 陶器の見事なレリーフ。
移動(電車)

移動(電車)

車内で何やらつかみあいの喧嘩。Sさんに車両を移ろうと目配せするが、何故か首をふる。 それどころかスマフォで喧嘩を隠し撮りしている。 動じない振りをしたものの、心臓がパクパク。
23:00 ターミナル・駅のりば

ノヴォスロボーツカヤ(Новослободская) 地下鉄5号線駅

電車から降りて、ドアが閉まるのを見計らって、車内で喧嘩していた人々の写真をSさんが撮ったので、私も電車に近寄って行き1枚。ピンぼけで修正してもなんだかわからないが、勲章のショット。 行きはドキドキで地下鉄入り口の写真すら撮れなかったのですが、冒険の後は勇気百倍。
23:01 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ゆとりでライトアップした駅と周辺の写真を撮る。マックに寄りたいSさん親子と別れて私は勇敢にも1人でホテルに帰りました。 天晴れ、天晴れ!
23:09 宿泊施設

ノボテル モスクワ センター

アドヴェンチャラスな1日にチェコの缶ビール(旅スケアップで、調べるまではロシアの黒ビールと思っていました(^○^))で祝杯。 グラスでなく紙コップで飲むのはチョット悲しかった。
5日目 2017年01月14日(土)
自由記入欄

The Fifth Day モスクワ→ (機中泊)

宿泊施設

ノボテル モスクワ センター

07:00 食事

食事

ホテルにてビュッフェ朝食 メニューはPark Innより豊富。 ニシンのマリネもありました。
08:25 ぶらつく

ぶらつく

ホテル前のノヴォスロボツカヤ通りを北に(昨晩行った地下鉄駅とは逆方向)歩く
08:53 その他

ノヴォスロボツカヤ公園

09:15 移動(徒歩)

移動(徒歩)

09:49 宿泊施設

ノボテル モスクワ センター

10:40 建物・史跡

ボリショイ劇場

外観のみ
10:50 移動(バス)

移動(バス)

10:58 建物・史跡

救世主キリスト聖堂

モスクワ川を挟んだ所から写真撮影の為数分止まる。 モスクワ川の厚い氷が溶けかけていた。 
11:00 移動(バス)

移動(バス)

11:25 建物・史跡

ノヴォデヴィチ修道院

ピョートル大帝の姉ソフィア&最初の妻エヴドキヤはこの修道院に送り込まれた。 外観観光のみ。 モスクワ発は19:00 入場観光は不可能だったのかな? 
移動(バス)

移動(バス)

11:47 建物・史跡

モスクワ大学

外観のみ。 大学と言うより展望台のようでした。
11:49 移動(バス)

移動(バス)

11:55 その他

雀が丘

モスクワ大学等市内を一望 ナポレオンもモスクワ侵攻の時にこの丘のそばからモスクワ市内を眺めたそうだ。 ナポレオンもビックリ。 スノーモービルの大会場となっていました。 中継され大スクリーンに選手が映っていました。
12:14 グルメ

Cafe Llya Muromets (=Илья Муромец)

ガガーリンの像が真後ろに見える所にあるレストラン。 キノコの壺焼き 壷が不足しているようで全員のものが1度に出てこなかった。 後で来た人のは壷が小さかった。 熱々の壺焼きをみて思い出し、西武立川にはパイ生地で包んだラーメンがあると言っても皆に信じてもらえず。 いつも冗談言っている訳ではないのですが。
移動(バス)

移動(バス)

13:37 自由記入欄

高級な土産物店。 ドル、ユーロ、円、カードどれでもOK。 店に寄らなければ内部観光する時間も取れたでしょうに。 ツアーの値段を思えばしょうがないのかな。 お得でなければ参加しなかったでしょうから。 
移動(バス)

移動(バス)

15:00 ショッピング

アシャン

空港そばの大型スーパー(Ашан)。 小さなキャリーとバッグにはもう入らないので少しだけ。 (ロシア産と思い)美味しかったチェコの黒ビールと板チョコ、粒コショー(ロシア語で書いてあったので取りあえず)も買う。 スキー板、ソリ、スノーブーツ等は日本よりズーット安い。 お土産にシャツも捜すがお気に入り見つからず。 https://www.auchan.ru/en/himki_inf
16:20 移動(バス)

移動(バス)

ターミナル・駅のりば

シェレメーチエヴォ国際空港

どっさり着込んでいたのでトイレで身軽に。 トイレは1カ所しかなく長蛇の列。
20:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アエロフロート・ロシア航空

SU260 飛行時間約9時間40分 帰りの機内食は全く口に合わず。 行きは日本食ポイのもあったのですが。
6日目 2017年01月15日(日)
自由記入欄

The Sixth day →成田

移動(飛行機)

移動(飛行機) / アエロフロート・ロシア航空

SU260 朝食のポレッジは炒り卵とご飯(?でも固い)を一緒くたにして砂糖をかけて チーン でもしたような味。一口しか食べられず、デザートを。 「幸運」とパッケジに書かれた瓦センべー味の小さなお菓子を食べると中からメッセージがでてきて楽しかった。私のは"Many receive advice, only the wise profit by it." 私も賢くならなくては。 ビールは勿論なし。
11:40 ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

携帯の電源が入らず、Soft Bankに行く。 バッテリーを入れ直しただけで修理しなくてすんだ。
移動(電車)

移動(電車)

帰りはスノーブーツを履いていたし、ヒートテックを着ていたのでダウンコートを着ないで電車に乗った。 左程寒く感じなかったが、他の乗客は皆コートを着ていた。 東京に寒波が訪れていた。 
移動(車)

移動(車)

帰りはタクシーに乗れました。 駅前のスーパーで買ったお寿司が美味なり。 ロシアでのホテルどこもバスタブ付きでしたが、我が家の風呂は格別。 自分自身にお疲れ様!
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  132円
  • ツアー代 117,410円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  3,602円
  • その他 7,500円

合計128,644円(一人当たり 128,644円)

旅行記の写真 Pick Up!

初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション 初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション 初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーション

近くの旅スケジュール

ローシーアー

ローシーアー

とっても寒いんです

10643_1

【Russia】サンクトペテルブルク・モスクワ6日間

初めての、そして念願のロシアに行って来ます!

祝!☆成田から直行便新規就航で☆お手軽にサンクトペテルブルグ5日間

祝!☆成田から直行便新規就航で☆お手軽にサンクトペテルブルグ5日間

2008年4月から直行便就航により身近になったサンクトペテルブルグへ行こう!

10643_1

麗しの古都サンクトペテルブルクとモスクワの旅

ロシアって、意外といいところでした

☆歴史と芸術の美しきロシア!

☆歴史と芸術の美しきロシア!

~モスクワ・サンクトペテルブルクへの旅~

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

初めてのロシア6日間 極寒の夜を飾るホットなイルミネーションへのコメント

パッピーさん  2017/06/29 17:20

zvonimirさん
初めまして! コメント有り難うございます。 ワールドカップでロシア? と言う事は全て公費?ですか。 素晴らしいですね。 ワールドカップで良い結果でますように! 私は冬のロシア安いので選んだのですが 良かったですよ。 サッカーと観光 両方とも 楽しんで来て下さい。

zvonimirさん  2017/06/29 16:58

来年のサッカーワールドカップのためにロシアの旅行のスケジュールを探していて、たどり着きました。冬のロシアもとっても素敵ですね。

パッピーさん  2017/01/25 19:18

私は3月だったのでチェスキークルムロフ城の中に入れませんでした。 おまけにここに1泊のつもりが翌日のウィーン行きのシャトルバスが人数が揃わず出ないことになってしまい、チェスケー・ブディェヨヴィツェに泊まる事になり、その他色々あって結局クルムロフは2時間程で観光しました。 そんな事なら朝イチでプラハを発てば良かったのですが。チェスキークルムロフ楽しんで来て下さいね。

フランぱぱさん  2017/01/25 18:16

ありがとうございます。
ウィーン3泊、プラハ3泊で行ってきます。日帰りでチェスキークルムロフに行こうと思ってます。

パッピーさん  2017/01/25 07:03

お久しぶりです。 コメント有り難うございます。
次回は是非ともフランぱぱさんのように個人旅行で出かけたいです。
私もやっと孫が2人となり久しぶりに大忙しの正月でした。
ウィーン・プラハ 懐かしいです。 ウィーンは1泊しただけですので
再訪したいです。 5月の中欧素敵ですね。 良い旅を!

フランぱぱさん  2017/01/24 20:37

お久しぶりです。
ロシアに行かれたんですね。自分はモスクワには行きませんでしたが・・・
ツアーだとやっぱり自由にはならないことがありますね。
年末年始は孫が来ていたので、のんびりしました。
ゴールデンウィークにウィーン・プラハに行ってきます。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

(表紙) モスクワ 赤の広場のイルミネーション

観光地の説明の殆どは「地球の歩き方 2016~ 2017 ロシア」より抜粋
1ルーブル=¥2.4(成田空港換金レート、カード決済はモスクワ空港でも¥1.95) $1=¥120で換算。 
成田までの交通費、土産物、保険料含まず。

☆移動費
モスクワ地下鉄 55ルーブル

☆食事 
レストランビール $4, $3
レストランビール 小200ルーブル, 大300ルーブル, 大400ルーブル
スーパービール 中瓶49.96ルーブル, 中瓶44.97ルーブル, 中缶ビール76ルーブル
水 80ルーブル

☆ツアー代内訳
基本料金        ¥99,800
1人部屋追加料金  ¥15,000
成田空港施設使用料 ¥2,090
成田旅客保安サービス料¥520

☆その他 
ビザ手配代行料金 ¥7500
ピローチップ   60ルーブル

*オプショナル・ツアーのバレー( €160)は高いので参加せず。 キャンセルチャージ21日前より100%。

9/14 ツアー申し込み  10/25 HISビザセンターに出向き ビザ手配代行申し込み   11/2 ロシアオンライン申請書 HISより添付ファイルで届く。   11/4  ロシアオンライン申請書(自宅のプリンターで印刷)に署名して、郵送したものがHISに到着のメール連絡。  11/7 HIS、大使館へビザ申請   11/22 ビザ発給のメール連絡。  12/17 受け取り。
1/6 添乗員より電話。 傘は持って行かないつもりが持参。 ルーブルに両替も国内でと薦められたがシェレメーチェヴォ空港のATMで難なく引き出せる旨をネットで読みんだが、僅かな額なのでリスクの少ない成田空港で両替。1,700ルーブル。 手持ちのドル($96)、ユーロ(€65)札を持って行く。 (€、$を使えるのは観光客向けお土産物屋のみ。$はレストランの飲み物代に使えた。) 
 
極寒の体験に乏しく その為の衣服を用意することになった。
雪山歩きもある程度可能な軽いスノーブーツ、極暖のヒートテックの下着(上下)、裏毛のパンツ、極暖の厚手の靴下、カイロ(靴用のまで)。 オバサンの頃の私ならスノーブーツを履き普通の靴は持って行かないが、此処ウン十年は決まった靴でないとすぐに疲れてしまうのでスノーブーツを持って行かなくてはならない。 となるとバックパックでの移動は厳しくなりソフトキャリーまで購入。 モスクワでの乗り継ぎがあるので最低限の荷物はディパックに入れる。 その最低限でも嵩張る。 キャリー内の荷は最悪なくても凌げるのだからそれは不要と割り切ればいいのに、ツアー且つ 極寒の品薄な地への旅立ち。 念の為の持ち物が増える。衣服の用意に時間も費用も掛かりました。
成田までの移動がラッシュにかかるので、空港まで宅急便で送ろうかとも思ったが、万が一を恐れ予定より2時間前に自宅を発つ。 運転にドクターストップがかかった夫に送って貰えず。 早朝タクシー30分待ちで仕方なく15分程歩く。 

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール