海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPスーダン 世界遺産を巡る旅の旅

スーダン 世界遺産を巡る旅

スーダンの世界遺産(ゲベルバルカル、メロエ)とヌビア地方のナイル川沿いに点在する遺跡をツアーで巡ります。

スーダン 世界遺産を巡る旅

1日目 2017年01月19日(木)
自宅

自宅

隣の南スーダンで紛争が起こっている中、スーダンを旅するのも、少々引け目は感じるものの、スーダンの遺跡やピラミッドに惹かれ、ここは思い切って旅行する事にした。西遊旅行主催の「ナイル 第3カタラクトまで訪れる スーダン・ナイル紀行」ツアーに参加して旅をする。
12:10 移動(徒歩)

移動(徒歩)

荷物は旅行社のサービスで、空港に送ってあって、身軽で出発する。
12:40 移動(電車)

移動(電車)

最寄駅からJR在来線で名古屋駅まで
13:31 移動(バス)

移動(バス)

JR高速バス  新東名スーパーライナー16号  名古屋駅から東京駅まで  ¥2280 早売り21/ネット割  2階建て3列シートバスで乗り心地も良い。
18:49 移動(電車)

移動(電車)

東京駅から浜松町駅へJR山手線、浜松町駅から羽田空港国際線ターミナル駅までモノレールに乗る。
19:18 ターミナル・駅のりば

羽田空港

国際線ターミナルで、先ず、夕食。「つるとんたん」で、つるとん三昧を食べる。 次に、JALABCのカウンターで預けてあった荷物を受取り、荷造りをし直す。 20:50に待ち合わせ場所で、今回のメンバー(計10人)と添乗員と会う。 カタール航空はワンワールドでJALのマイレージに付ける。
23:46 移動(飛行機)

移動(飛行機) / カタール航空

QR813便 B787-8 3-3-3の席並び。エンターテーメントが充実していて満足。長距離故、通路側に席を取る。隣は空席でラッキー。映画を5本見て過ごす。時計をカタール時間(-6時間)とする。 
2日目 2017年01月20日(金)
06:18 ターミナル・駅のりば

ドーハ国際空港

3時間弱のトランジット時間。特に何もしなかった。
09:04 移動(飛行機)

移動(飛行機) / カタール航空

QR-1323便 A330 2-4-2の席並 スーダン時間は、カタールと同じ-6時間。 今回も映画を2本見て過ごす。 席は通路側に取る。 スーダンの入国カードが配られる。 スーダンの時差はカタールと同じ(-6時間)
12:55 ターミナル・駅のりば

ハルツーム国際空港

無事入国。ビザは事前に旅行社で取得していた。空港ターミナルは首都の国際空港ながら小さい。荷物が出て来るのに約1時間待たされる。 ここで現地ツアーガイドと会う。
14:59 移動(バス)

移動(バス)

専用車 小型バス2台に分乗する。
15:19 グルメ

ローカルレストラン

ナイル川で捕れた魚のスープとフライを食べる。
16:21 移動(バス)

移動(バス)

専用車 小型バス
16:30 宿泊施設

コリンティアホテル:ハルツーム

先ずはチェックインするが、大型ホテルの難点で、時間が掛かり過ぎる。30分以上待つ。
17:42 移動(バス)

移動(バス)

専用車 小型バス
18:00 建物・史跡

ハマデルニール広場

ハルツームの隣街のオムドゥルマンに広場はあり、また、広場は墓地の中にある。ここで旋回舞の見学をする。 イスラム神秘主義の聖者ハマデルニールの信仰者が金曜日の日没前に集まり、ジルクと呼ばれる旋回舞を行う。
18:40 移動(バス)

移動(バス)

専用車 小型バス
19:00 宿泊施設

コリンティアホテル:ハルツーム

スーダンの首都ハルツームにある唯一の5★ホテル。建築様式が奇抜である。部屋は広いが、何処となく設備が古い感じがした。  夕食はホテルのレストランでスーダン料理等のビュッフェ。
3日目 2017年01月21日(土)
05:10 宿泊施設

コリンティアホテル:ハルツーム

07:25 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD 4台に分乗する。キッチンカーも付いて来る。 途中、ムルタカの町で昼食し一気に北上する。
17:34 移動(船)

移動(船)

渡し舟  ナイル川をボートで渡る。
17:59 建物・史跡

サイ島の遺跡

石器時代、ケルマ文明、エジプト、クシュ、キリスト教、イスラム期から近代のオスマン時代の要塞など幅広い時代の遺跡が見られる、ナイル川中州の島。現在発掘調査が進められている。
18:36 移動(船)

移動(船)

渡し舟
18:04 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
20:15 宿泊施設

ヌビアンハウス:ソレブ

ローカルホテル  部屋にはベットしかなく、床は地面。電気は来ているものの部屋には電灯1つ。就寝時には停電する故、真っ暗になる。その分、星空が綺麗に見えた。 夕食は専属コックが作ってくれた。
4日目 2017年01月22日(日)
05:30 宿泊施設

ヌビアンハウス:ソレブ

目覚めると真っ暗。持ってきた懐中電灯の灯りで身支度する。
07:17 移動(徒歩)

移動(徒歩)

薄明かりの中、歩く。
07:26 建物・史跡

ソレブ遺跡

紀元前15世紀、新王国時代エジプト18王朝 アメンホテプ3世によって建てられた神殿遺跡。  朝陽が昇る風景を見る。
08:01 移動(徒歩)

移動(徒歩)

08:07 宿泊施設

ヌビアンハウス:ソレブ

ホテルで簡単な朝食。
08:31 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD    途中、小型フェーリーでナイル川を渡り、対岸を走る。
11:02 自然

ナイル 第3カタラクト

カタラクトとは、大滝・瀑布の意味で、ナイル川に段が出来ていて、背の低い多くの滝になっている所。上流から数えて3番目のカタラクト。 いくつかのカタラクトはダムの底に沈んでしまった。
11:30 移動(車)

移動(車)

専用車  4WD   途中、食堂を借りて昼食、食事は専属コックが作ったもの。
13:16 建物・史跡

サボの岩絵

先史時代の岩絵。動物の絵が描かれている。
13:26 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
13:48 建物・史跡

ナウリ遺跡

岩山の中腹にトトメス3世時代のレリーフが残っている。
14:41 移動(車)

移動(車)

専用車  4WD
15:23 建物・史跡

トンボス遺跡

トトメス3世時代の石切り場の遺跡。ここには、途中で放棄された石像が無造作に放置されている。
15:59 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
16:34 建物・史跡

ケルマ遺跡

ケルマ王国は、ナイル川第3カタラクト付近に存在した熱帯アフリカでも最初期の都市。農耕や農業だけでなく、この王国は上ナイルと下ナイルを結ぶ特に重要な交易の中心として発展した。 併設の博物館も見学。
17:39 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
18:15 宿泊施設

ドンゴラホテル:オールド・ドンゴラ

ナイル河岸の小さなホテル。最近オープンしたらしい。設備は新しい。水シャワー。 夕食はホテルのテラスで専属コックが作ったもの。
5日目 2017年01月23日(月)
05:00 宿泊施設

ドンゴラホテル:オールド・ドンゴラ

07:43 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD   途中、小型フェリーでナイル川を渡る。
09:48 建物・史跡

オールド・ドンゴラ遺跡

マクリア王国時代の遺跡で、どんぐりの様な形をしたイスラム聖者の墓がたくさんある。  遺跡の中にある木陰でランチ。
12:01 移動(車)

移動(車)

専用車  4WD
13:35 建物・史跡

クッル遺跡

クシュ王国が古代エジプトの覇権を握った第25王朝のピアンキ王とその後継の王が眠る王墓群。 タヌトアモン王の玄室に入り壁画を見た。
14:33 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
14:42 自然

化石の森

砂漠に珪化木の化石が転がる。
14:38 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
15:30 ショッピング

カリマ マーケット

市場の様子を見る。
16:34 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
16:41 世界遺産

ゲベル・バルカルとナパタ地域遺跡群(ゲベル・バルカルとナパタ地域遺跡群)

世界遺産(文化遺産)  聖なる山を意味し、高さ約100mのテーブルマウンテン。片側にある突き出た岩が男性器を思わせる事から、古代から豊穣のシンボルとして神聖視されていた。タハルカ王は麓に岩を金箔で覆ったアモン神殿を建てた。  アモン神殿→ムウト神殿→ピラミッド→ジェベル・バルカル登山(夕陽を見る)
18:57 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD 途中、町の焼鳥店の前で夕食。料理は専属のコックが作った。
20:38 宿泊施設

マラウィ ツーリストビレッジ:カリマ

カリマ・メロウェにある大型ホテル。フロントは立派だが、部屋はメンテナンスが行き届いていない。
6日目 2017年01月24日(火)
05:35 宿泊施設

マラウィ ツーリストビレッジ:カリマ

朝食はホテルが用意した食事。内容は酷かった。
09:03 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
09:23 建物・史跡

ヌーリ遺跡

タハルカ王や最後のブラックファラオ アスペルタ王などの21人の王家の墓がある。
10:19 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD バユーダ砂漠を渡る。 砂漠のブッシュの木陰でピクニックランチ。
15:55 ショッピング

ダマール マーケット

市場で買い出しと紅茶タイム。
16:42 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
18:15 宿泊施設

アルライダン・メロエ・ホテル:メロエ

最近出来たローカル安ホテル。まだ半分は建設中。設備は新しいが、既に壊れた設備がある。夕食はホテルで取る。料理は専属コックが作ったもの。
7日目 2017年01月25日(水)
06:25 宿泊施設

アルライダン・メロエ・ホテル:メロエ

簡単に朝食。
09:03 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
09:15 世界遺産

メロー島の古代遺跡群(メロー島の古代遺跡群)

世界遺産(文化遺産)「メロエの古代遺跡群」  メロエ朝の40人を超える王と王妃の墓所となった遺跡。ピラミッドは水平に並べられた石材を階段状につみあ積み上げた構造。その傍にエジプトの影響を受けたキオスク(葬祭神殿)が接続する。  西ピラミッド群 → 太陽神殿 → ロイヤル・シティと見学。
11:18 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
11:30 ショッピング

カブシア マーケット

市場で買い出しと紅茶タイム。
12:03 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
12:31 宿泊施設

アルライダン・メロエ・ホテル:メロエ

ホテルで昼食(専属コックか作ったもの)と休憩。
16:27 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
16:35 世界遺産

メロー島の古代遺跡群(メロー島の古代遺跡群)

南ピラミッド群 → 北ピラミッド群 と見学する。  メロエ王国とは、紀元前540年から紀元後350年頃まで、ナイル上流のスーダンのヌビア地方にあった黒人王国。
18:45 移動(車)

移動(車)

専用車 4WD
19:00 宿泊施設

アルライダン・メロエ・ホテル:メロエ

ホテルで夕食。専属コックが作ったもの。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

スーダン 世界遺産を巡る旅 スーダン 世界遺産を巡る旅 スーダン 世界遺産を巡る旅

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

スーダン 世界遺産を巡る旅へのコメント

Terra Africaさん  2017/03/19 19:49

83年に訪れました。街はもちろん変わっていますが、遺跡は同じですね。懐かしく拝見。


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!