BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/iCal v1.0//EN CALSCALE:GREGORIAN X-WR-CALNAME;VALUE=TEXT:✿腹に響く三尺玉✿スカイツリー超えの巨大花火 & 江戸時代へ時間飛行 X-WR-CALDESC:埼玉県は何もない・つまらない…っていうのは偏見!地元民も知らない古い宿場町の魅力を再発見しに行こう♪そして、夏の夜は関東最大級の花火大会へ。三尺玉の腹に響く音って聞いたことある? X-WR-TIMEZONE:Asia/Tokyo METHOD:PUBLISH BEGIN:VTIMEZONE TZID:Asia/Tokyo BEGIN:STANDARD DTSTART:19700101T000000 TZOFFSETFROM:+0900 TZOFFSETTO:+0900 TZNAME:JST END:STANDARD END:VTIMEZONE BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157294 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION: CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:特別限定版のレアなるるぶを手にした私が立っていたのは、東武スカイツリーラインの東武動物公園。 日光街道沿いの宿場町である杉戸宿へと歩き出す。 400年前に出来たと云われる杉戸宿。 杉戸宿はかつては賑わっていた宿場町だけれど、今は…どうなっている? LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:東武動物公園駅/伊勢崎線 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157295 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸 CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:東武動物公園駅から杉戸宿の街道散策はぐるっと回って3時間~4時間。 昔ながらの食堂や造り酒屋さんなど、色々と観光ポイントはあるのだが、私が歩いたのが休日だったので、お休みのところが沢山。 食べ歩きとかを考えるならば、街道宿場歩きは平日の方が良いのかもしれない。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:日光街道杉戸宿 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157296 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION: CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:【近津神社】 大銀杏の木が守る神社で、狛犬がかなりユニーク。 見返り美人ならぬ見返り狛犬で、神社を守る狛犬は後ろを睨みつけるようにして振り返っている。 日本でも珍しい見返り狛犬は必見。 <アクセス> 〒345-0025 埼玉県北葛飾郡杉戸町清地一丁目1番29号 。 東武動物公園駅東口出口から徒歩約11分 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:近津神社 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157297 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION: CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:【伊奈稲荷神社】 杉戸宿がまだ宿場町として栄えていた頃、花柳界の女性の信仰を集めていた小さなお稲荷さん。 祠の中には雅な顔立ちの石像が安置され、江戸時代当時の紅の色が唇に薄く残っていた。 奉納された鰐口には発起人の女性たちの名前が彫り込まれていて、昔の杉戸宿の賑わいが偲ばれる。 <アクセス> 〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸二丁目10番18号 。 東武動物公園駅東口出口から徒歩約10分 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:伊奈稲荷神社 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157299 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION: CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:【角穀跡(小島定右衛門邸)】 昔は米屋さんの店蔵だった漆喰壁の蔵を持つのは、角穀と呼ばれる古民家。 防火・防炎扉の役割を噛める店蔵の扉は分厚く、同じ埼玉県の川越市の蔵通りを思い起こさせる雰囲気。 でも、店蔵はかなり傷み、あと何年持つのだろうか…という感じも否めない。 <アクセス> 東武動物公園駅東口出口から徒歩約18分 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:角穀跡(小島定右衛門邸) URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157409 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION: CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:杉戸宿さんぽのあとは、夏の風物詩の花火大会の紹介。 東武動物公園駅から電車で20分~30分の新古河駅から徒歩3分の河川敷が花火の観覧席。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:新古河駅/日光線 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157411 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo:20170805T173000 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION:茨城県古河市西町10-1 CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:関東で唯一、三尺玉が打ち上げられる花火大会と、それが、茨城県古河市で8月に開催される古河花火大会。 三尺玉のサイズは想像しにくいが、打ちあげた時に夜空で花開くサイズがスカイツリーの高さよりも大きく、隅田川花火大会の最大の花火サイズの約3倍の大きさ…と表現すと想像しやすいかな。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:古河花火大会 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157561 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸 CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:特別編集版るるぶの中には何カ所も見所が掲載されているが、私の個人的な感想としては誌面を埋めるために掲載したかのような情報もある気がした。 そんな中で、独断と偏見で選ぶ3か所の此処は見ておきたい見所を紹介。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:日光街道杉戸宿 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157562 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION:茨城県古河市西町10-1 CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:花火の観覧席は大きく分けて2か所。 1つは茨城県サイドの河川敷で、もう1つは埼玉県サイドの河川敷で、寝ころびながら花火を見る余裕があるのは埼玉サイドで、有料観覧席(1万円)があるのが茨城サイドとなる。 個人的なお勧めは、のんびり花火を愉しめる埼玉サイドの河川敷での花火見物だが、インスタ重視の場合には、茨城サイドがお勧め。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:古河花火大会 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT BEGIN:VEVENT DTSTAMP:20170923T130730 UID:tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/2157563 DTSTART;TZID=Asia/Tokyo;VALUE=DATE:20170805 CLASS:PUBLIC TRANSP:OPAQUE LOCATION:茨城県古河市西町10-1 CREATED:20170811T112934 DESCRIPTION:インスタ用に茨城サイドの河川敷が向いている理由。 それは、打ち上げ場所であるゴルフ場のすぐ脇から花火を見ることができるから。 特にスターマインの様に地上から低めの位置での花火を楽しむ場合には、埼玉サイドの河川敷ではあまりその様子を見ることが出来なく、空高く打ちあがる花火が中心となってしまう。 その点、茨城サイドの河川敷は花火の足元からが良く見えるので、インスタ映えす写真となることが多い。 LAST-MODIFIED:20170831T193710 SUMMARY:古河花火大会 URL:http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/78588/ END:VEVENT END:VCALENDAR