海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花の旅

揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花

本場 揚州の炒飯を食べに行ったら、太安万侶の石碑があって彼岸花が咲いていて電動バイクに乗せてもらった

揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花

旅行先  地図を見る
[中国ヨウシュウ(揚州) チンコウ(鎮江) シャンハイ(上海)

旅行期間 4日間

旅行目的 中華料理 /世界遺産

拍手数0拍手 拍手するお気に入りの旅スケに追加

コピーされた数0 コピーする

1日目 2017年08月28日(月)
17:00 - 19:05 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 吉祥航空

昼で仕事を切り上げ関空へ。上海まで飛んでおくと、翌日の朝の列車に乗れる。
19:20 - 19:28 移動(電車)

移動(電車)

上海リニア。地下鉄より速いしすいてるし、これに乗ったら上海に来たなぁ~という気がする。でも時間帯が悪く、301km/hしか出さなかった。
19:30 - 20:00 食事

食事

龍陽路の地下鉄の駅の二階で食事。駅の二階があんな繁華街になっているとは知らなかった。
グルメ

小楊生煎館

夕食は焼きショーロンポー。やっぱりうまい。でも脂が多い。
その他

交通カード

地鉄龍陽路で交通カードを購入。これは便利。20元プラスチャージ。地鉄とリニアとコンビニと、一部のタクシーで使えます。
20:00 - 20:35 移動(電車)

移動(電車)

地鉄2号から9号に乗り換えて打浦橋へ。田子坊のいつものお茶屋さんに寄って一休み。入り口はもう閉まっていたけれど、私を見つけて開けてくれた。
21:00 - 21:15 移動(徒歩)

移動(徒歩)

徒歩でレイフォントダウンタウンホテルへ。明日は早起きだから早く寝る。
グルメ

庶民向けの大衆食堂

ホテル近くの食堂で蘭州炒飯を食べた。うまかった。揚州炒飯との違いは、具材を細長く切っていること。味は似たようなもんだった。とにかく炒飯にはずれなし。
2日目 2017年08月29日(火)
移動(電車)

移動(電車)

地鉄9→7→2号線と乗り換えて上海虹橋駅へ。高速鉄道の切符売り場がなかなか見つからずに歩き回った。
09:41 - 11:00 移動(電車)

移動(電車)

上海虹橋駅から新幹線で鎮江駅へ。到着時刻はあいまい。でもだいたい1時間ちょっと。109.5元。
午前 建物・史跡

北固山公園

タクシーで北固山公園へ。13元。ここに阿倍仲麻呂の歌碑がある。入場料30元。荷物はただで預かってくれる。
午前 移動(車)

移動(車)

またタクシーで鎮江駅へ。15元。
12:45 - 13:00 移動(バス)

移動(バス)

バスで揚州へ。バスは鎮江南駅を経由して長江を渡り、揚州駅の隣の揚州汽車客運に到着。客引きを無視してまたタクシー。
午後 美術館・博物館

揚州双物館

中国印刷博物館。甲骨文字から篆書、隷書、楷書を木版で印刷する技術などが紹介されていた。入場無料。
午後 移動(自転車)

移動(自転車)

これが電動自転車の二人乗り。なんでそんなことになったかは、旅行記に。
午後 人気スポット

个園

実は個園ではなく個園国際青年旅舎(ユースホステル)。チェックインし、荷物を置いたあと東関街を通り抜け、四望楼を経由して揚州炒飯を食べに盛宴へ。
16:45 - 17:50 食事

食事

盛宴にて夕食。メインは揚州炒飯。夕方の五時にあくので少し待ち、注文してからも炒飯が出て来るまで30分も待たされた。腹ぺこだったのに、期待したほどではなかった。
自由記入欄

東関街

端から端までぶらつく。東の端は東関古渡。まあ昔は風情もあったのだろうが、今はライトアップギラギラ。
3日目 2017年08月30日(水)
移動(車)

移動(車)

もう一度、朝の東関古渡へ行き、そこからタクシーで痩西湖へ。19元。
午前 自然

痩西湖公園

10時ごろから1時頃まで。南の入り口から入って、北出口から出た。ここは本当に美しい場所で、どこをとっても一幅の絵になるかんじ。唐代の城壁の跡がよかった。
午後 移動(車)

移動(車)

タクシーで東関街へ戻り(17元)、そこらへんの狭い食堂で揚州炒飯。これがまたうまい!
午後 人気スポット

个園

中国四大名園の一つだそうです。入場料20元。そう広くはないのですが、その名の通り竹が美しい庭園でした。
午後 移動(車)

移動(車)

タクシーで揚州汽車客運(バスセンター)へ。27元。
13:45 - 14:00 移動(バス)

移動(バス)

バスで鎮江南駅へ。バスセンターから少し歩いて駅へ、切符を買って、上海虹橋へ。上海行きは便がなかった。
14:42 移動(電車)

移動(電車)

G列車で虹橋までは1時間ちょっと。空いていたので窓際に陣取り、快適だった。104.5元。
午後 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄で、また打浦橋へ。レイフォントダウンタウンホテル泊。
夕刻 ぶらつく

ぶらつく

あとはもう、別になにをするでもなく、安いマッサージ屋を探したり、炒飯を食ったり、田子坊に寄ってみたり。青島ビールを飲んで、寝た。
4日目 2017年08月31日(木)
午前 移動(電車)

移動(電車)

上海はもう行きたい所がないので、一度大世界へ行ってみようと思った。あまり期待はしていなかったが。
ショッピング

東台路古玩市場

ここはもうすっかり更地。悲しい。見るのも辛いので、行かなかった。行っても何もないし。
建物・史跡

大世界

入場料60元。大世界は祖父母が孫を連れてくる場所だと知った。中で食べた揚州炒飯は意外とうまかった。
午後 移動(電車)

移動(電車)

大世界を出たのは1時ごろ。そのまま空港に行っても時間が余るので、いつも素通りする世紀大道へ行ってみた。が、別になんてことない、ふつうの街だった。
午後 移動(電車)

移動(電車)

もう本当に何もすることがなくなったので、空港へ。交通カードは60元以上残っているので、次に来たときリニアに40元で乗れる。
15:55 - 19:55 ターミナル・駅のりば

上海虹橋国際空港

吉祥航空はほぼ定刻に浦東空港をあとにした。機内食がでたのがうれしいね。LCCじやなかったのかな?
自由記入欄

以上、揚州に炒飯を食べに行く旅でした。旅行記とあわせてお読みください。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花 揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花 揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花

近くの旅スケジュール

揚州・鎮江

揚州・鎮江

揚州、鎮江

中国一人旅2012年夏 第3部_上海・杭州編

中国一人旅2012年夏 第3部_上海・杭州編

上海市内に残る建築物に心を奪われました、そして3度目の西湖へ…

上海でグルメと雑貨探しの旅 5日間

上海でグルメと雑貨探しの旅 5日間

2007年7月 上海 マンダリン/グランドハイアット 5日間

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

揚州で炒飯くえば春日なる三笠の山に咲く彼岸花へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!