海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編の旅

ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編

どこかにマイルが、期待外れだったので船旅をして見たが、11月に入ると観光シーズンが終わっていて、バスや船の運行が無かった。

ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編

1日目 2017年11月10日(金)
06:30 食事

食事

ホテルの無料朝食
07:45 宿泊施設

スーパーホテル島根・松江駅前

ホテルチェックアウト
07:50 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ビルとビルとの間にある道をすり抜けて、駅前の県道22号線に出た後、地下通路を経てバス停へ移動した
07:50 - 07:55 ターミナル・駅のりば

松江駅バス停

隠岐連絡船を利用する人達が既にバス停前で待っていた。
07:55 - 08:35 移動(バス)

移動(バス)

隠岐連絡船 接続バス 松江駅~七類港線
08:35 ターミナル・駅のりば

七類港バス停

風変わりな建物のメテオプラザ前に停車した。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

バス停からフェリーターミナル館内へ
08:40 ターミナル・駅のりば

七類港フェリーターミナル(メテオプラザ)

隠岐汽船七類港乗船券売場で、2等客室 ¥2,920を購入した
09:20 ターミナル・駅のりば

七類港フェリーターミナル 桟橋

チケット売り場からエスカレーターで2階へ上がり、桟橋を歩いて乗船口に移動
09:30 - 11:30 移動(船)

移動(船)

フェリー(くにが)で、 本土から隠岐諸島へフェリーで移動した
11:30 ターミナル・駅のりば

来居港フェリーターミナル

隠岐の島で、一番南にある知夫里島に到着
11:30 移動(徒歩)

移動(徒歩)

フェリーターミナルも新築中で利用出来ないと言われた。 11月に入ると、公共交通機関が無かったので、歩ける範囲だけの観光へ出発
11:45 その他

河井のお地蔵さん & 湧水

ターミナルから細い道を上って、一般道を歩いて行くと、交番付近にお地蔵さんが立っていて、傍には湧水がタヌキの像から流れていた。 島根の名水百選だそうだ。
12:00 建物・史跡

一宮神社

約30分で到着
12:03 建物・史跡

後醍醐天皇腰掛の石

後醍醐天皇が鎌倉幕府によって隠岐へ配流され、その第一歩を記された場所で、腰を掛けられお休みになった石だと言われている。
12:30 建物・史跡

来居御堂 仁王門

承応年間中興にあった仁王門と江戸時代末期の天井画と透かし彫りが残された知夫村の文化遺産
12:35 建物・史跡

来居神社

来居の名前があった神社
12:40 - 13:00 ターミナル・駅のりば

来居港 島前内航船乗場

フェリーが来るまで待合所で待った
13:00 - 13:28 移動(船)

移動(船)

島前内航船【いそかぜ】に乗船 船内で 300円 現金徴収
13:28 ターミナル・駅のりば

別府港島前内航船乗場(西ノ島町)

西ノ島に上陸
13:30 移動(車)

移動(車)

レンタカーを借り、早速観光
14:00 自然

鬼舞展望所

細い山道で、糞が一杯の道を通り到着 かなり風が強い
14:45 自然

国賀海岸駐車場

駐車場からは、海岸まではかなり下りていかなければならない。 時間と体力を考慮すると下りられない。 通天橋は見れなかった。
15:10 自然

摩天崖

崖の上のポニョ上にいるから、ここも風が強い。 崖下は覗く事は出来ない。
15:35 建物・史跡

由良比女神社

神社の前の道路は工事中だった
15:36 人気スポット

イカ寄せの浜

イカは居なかったが、イカ引きをする看板が浜にあった
15:50 建物・史跡

船引運河

浜に下りていく道が分からなかった。
16:05 建物・史跡

後醍醐天皇隠岐行在阯黒木御所

後醍醐天皇が脱出までの1年余りを過ごされた行在所と伝えられている場所に寄った
16:30 ターミナル・駅のりば

別府港島前内航船乗場(西ノ島町)

レンタカー返却 ガソリン代は リッター当たり20円 40L で 800円だった。
16:30 - 16:39 ターミナル・駅のりば

観光船乗り場

別府港ターミナルからは、【いそかぜ】で菱浦港に行く予定だったが、目の前を【どうぜん】が到着したので、乗り場に行ってみると、もう、出港するというので乗る事にした。
16:39 - 16:47 移動(船)

移動(船)

島前内航船【どうぜん】に乗船 乗船後 300円 徴収
16:47 ターミナル・駅のりば

菱浦港(海女町)

菱浦港に到着
17:15 - 17:20 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ターミナル内の土産物屋を覗いてからホテルに向かった。
17:20 宿泊施設

マリンポートホテル海士

ホテル海士にチェックイン
17:30 食事

食事

お腹も減っていたので、直ぐに食事にした。
自由記入欄

夜は俄雨

夕食後、風呂に入った。 夜間になると風雨が強くなった
2日目 2017年11月11日(土)
06:00 宿泊施設

マリンポートホテル海士

朝起きて、フェリーの運航情報を確認すると、高速船は運航中止で、フェリーは通常通り運航だった。一応、島を脱出できる様だ。 観光協会に自転車をレンタルする予定だったが、風が強いのでキャンセルの連絡を入れた。
07:00 食事

食事

和食
08:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルチェックアウト後、 菱浦港へ歩いて移動
08:05 - 08:10 ターミナル・駅のりば

隠岐汽船乗場バス停

隠岐汽船乗場バス停に停車していた路線バスに乗車
08:10 - 08:26 移動(バス)

移動(バス)

路線バスは住宅地経由して行った 運賃200円
08:26 ターミナル・駅のりば

隠岐神社バス停

神社に到着
移動(徒歩)

移動(徒歩)

神社近辺を散策
08:27 建物・史跡

隠岐神社

神社の境内の銀杏も黄葉していた
08:38 建物・史跡

後鳥羽院天皇行在所跡

島流しではなく、此処が遷行による御所だと言う気概が感じられた
08:41 建物・史跡

後鳥羽天皇御火葬塚

荒らされもせず残されていたのは、島の人達の気持ちなのかな。
08:45 建物・史跡

流転の梵鐘

追善供養で寺に寄進された梵鐘が、海賊に略奪され、後発見されたが、未だに帰らないことから流転の梵鐘と言われているらしい。 何時か帰る事を祈念して複製が寄進されていた。 中々音色は良かった。
08:52 建物・史跡

村上家住宅資料館

まだ、開館前だった。 隠岐に配流された後鳥羽上皇の世話をしたという由緒をもつ隠岐を代表する旧家のひとつだそうだ。
08:55 建物・史跡

因屋城跡

城跡の道案内があった。 村上家の居城だったらしい。
09:00 - 09:06 ターミナル・駅のりば

町役場バス停

フェリーターミナルに戻る時間が来た
09:06 - 09:20 移動(バス)

移動(バス)

路線バスに乗り、元来たルートを辿った。 居住地は、山に囲まれているため風が弱い様だ。
08:20 ターミナル・駅のりば

隠岐汽船乗場バス停

フェリーターミナルに戻った
08:20 - 09:50 ターミナル・駅のりば

菱浦港(海女町)

乗船券2920円をクレジットカードで購入した。 強風の為、高速船が運航しないので乗客が多い。
09:50 - 10:05 移動(船)

移動(船)

乗客が多くて、居場所を確保するのが大変だ
10:05 - 10:20 ターミナル・駅のりば

西ノ島別府港

西ノ島からも乗客が一杯だ。
10:20 - 10:50 移動(船)

移動(船)

風が強く、船内から甲板には出れない
10:50 - 10:55 ターミナル・駅のりば

来居港フェリーターミナル

更に乗客が増えた
10:55 - 13:20 移動(船)

移動(船)

風が強くても、大きな揺れはなかった。 島の人達は慣れている様だった。 島の人達は、それぞれ場所の確保に慣れている様だ。
13:20 - 14:00 ターミナル・駅のりば

境港フェリーターミナル

境港に到着後、水木しげるロードを散策した
14:00 - 14:41 移動(バス)

移動(バス)

松江~境港松江城行に乗車 14:10 江島大橋 14:15 由志園
14:41 ターミナル・駅のりば

松江駅バス停

松江駅に到着
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  19,780円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  20,000円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計39,780円(一人当たり 19,890円)

旅行記の写真 Pick Up!

ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編 ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編 ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ぶらり途中下船の旅 フェリーで巡る 季節外れの隠岐・島前(どうぜん)編へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

出雲縁結び周遊切符 3,000円
隠岐汽船 七類港(松江市) フェリー(くにが) 本土~隠岐 2等客室 2,920円
島前内航船【いそかぜ】 300円
軽自動車ナビ付 3,500円 保険 1,000円 ガソリン代 800円
島前内航船【どうぜん】 300円
宿泊費 20,000円
路線バス 200円
隠岐汽船 七類港(松江市) フェリー(しらしま) 隠岐~本土 2等客室 2,920円

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール