海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】の旅

四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】

秘湯:四万温泉へ。ピンクネオンもコンビニもない温泉街ですることは、ただお湯に浸かるだけ~。映画:千と千尋の世界に迷いこみ、貸切露天風呂を堪能した温泉旅行記です。【晩秋の紅葉&温泉 癒され旅 -2】

四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】

1日目 2017年11月18日(土)
08:30 - 11:00 自然

嵩山

修験道の山である嵩山で、紅葉ハイキング。山頂までの登山道には鎖場もあるが、そんなには危険ではない。ハイキングの所要時間は山頂まで行って休憩時間を含めても2時間程度。車でアクセスする場合の駐車場は道の駅・たけやまへ。
自然

四万川ダム

奥四万湖があるのは、四万温泉の更に奥。 四万川ダムの最上部に当たり、その湖の色が四万(島)ブルーと呼ばれる鮮やかなコバルトブルー色をしている。コバルトブルーなのだが、更に深みのある色合いで、サファイアの輝きにも似た色合いで、わざわざこの色を楽しみに県外から来る観光客も居る程だ。
温泉・露天風呂

四万温泉

ダムでゆっくりと青色の水を愉しみたかったが、あまりに寒くて、四万温泉へと向かう。 四万温泉は皮膚疾患にも効くというので、楽しみ♪
14:00 宿泊施設

積善館

四万温泉の積善館へと向かう。 ここは、ジブリの映画「千と千尋の神隠し」に出てきたお風呂屋さん「油屋」のモデルとなったとも言われている湯治旅館で、旅館自体もソレを売りにしていて、宿泊者でなくとも、元禄時代から伝わる旅館の中(一部分だけだが)の見学も有料(300円)で出来る。
宿泊施設

四万温泉 湯元四萬舘

今晩の宿泊は、温泉旅館である「四万温泉 湯元四萬舘」。この旅館を選んだ理由は貸切露天風呂の数が多く、夕食の質が良いという前評判から。そして、実際に泊まった感想は、評判通り。次に四万温泉に行く時もリピートは決まりだろう。
19:00 - 20:00 ぶらつく

ぶらつく

夕食後は食休みも兼ねて、再び積善館へ。 雪がちらついていて寒かったが、せっかく四万温泉に泊まるのならば、積善館のライトアップは必見♪
2日目 2017年11月19日(日)
宿泊施設

四万温泉 湯元四萬舘

大浴場でゆったりと朝ぶろを愉しんだら、朝食の時間。 昨晩の夕食の量が多かったので、朝も多かったら食べきれないかも~と危惧したが、朝食の量は一般的で、ご飯をぺろりと2杯。 此処のお食事は、本当に美味しい。
建物・史跡

富岡製糸場

日本の生糸輸出量を世界一位へと導いた富岡製糸場。ずっと行ってみたかったのだが、やっと行くことが出来た。明治時代に作られたとは思えないほどの精巧な摘み方の煉瓦の建物や大きな水桶。 当時の日本の職人さん達の技術力の高さを今更ながらに実感!
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】 四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】 四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】

近くの旅スケジュール

岩を愉しむ紅葉ハイキング/霊山・嵩山☆お嬢様はやっぱり鎖がお好き♪

岩を愉しむ紅葉ハイキング/霊山・嵩山☆お嬢様はやっぱり鎖がお好き♪

晩秋の週末は、秋の山歩き。今回の旅先は群馬県の吾妻地方にある小さな岩山。鎖を使った岩遊びを楽しんできました。【晩秋の紅葉&温泉 癒され旅 -1】

群馬県四万温泉~積善館~へ

群馬県四万温泉~積善館~へ

某旅行サイトで1泊2食ペア券、が当選したので夫婦で行って来ました!

数十年振りの旅行地から初の旅行地

数十年振りの旅行地から初の旅行地

今テレビで流れている世界遺産登録への所や千と千尋の神隠しのモデルと言われてる温泉地、春スキー出来る雪山、有名避暑地などなど

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

四万ブルーに魅せられ、油屋の世界へ迷いこむ♪【ジブリ・Worldへの旅】へのコメント

animoさん  2017/12/11 07:24

千と千尋の油屋のモデルといわれる宿は、長野にもありますね。その真偽を知っているのは映画監督などの制作陣の方々だけなのでしょうが、なんとなく似ている景色というのは見ていてワクワクしました。
群馬は温泉が多いのですが、私自身が皮膚が弱いので酸性度が強い草津の様なピリピリのお湯は入れません。だから、四万温泉の様な柔らかくって温まる温泉は私にとってはとってもありがたい場所。
水の色が綺麗なコバルト色というところも良いですね。

はいぶりっじさん  2017/12/08 17:33

積善館、素晴らしいですね!「千と千尋~」そのままのたたずまいで、四万温泉に行くことがあったらここにはぜひ行ってみたいと思いました。
泊まらずとも見学ができるのは有難いですね。
四萬館も温泉好きとしては是非訪れたい宿です。
四万ブルーも本当にきれいですね♪実際にこの目で見てみたいものです。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事

    新着スケジュール