海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP国内週末旅行 東京から湯河原梅林の旅

国内週末旅行 東京から湯河原梅林

都会を離れ、フレンチと梅の宴でリラックス

国内週末旅行 東京から湯河原梅林

1日目 2008年03月01日(土)
11:30 - 12:15 自宅

自宅

都内の自宅から東京駅まで移動
12:30 - 13:50 移動(電車)

移動(電車)

JR快速アクティーで東京駅から小田原、東海道線で真鶴
午後 移動(バス)

移動(バス)

真鶴港から遊覧船に乗るつもりが、時間が合わずバスで岬まで移動
15:30 - 16:30 自然

真鶴岬

時期的に寒々としてたが、日本の海らしい景観が素晴らしい。
16:30 - 17:00 移動(バス)

移動(バス)

バスの本数は少なく、最終バスの時間も早い。マイカー移動が主流でしょう。
17:00 宿泊施設

ホテル ラ シェネガ

フレンチディナーを堪能。温泉がないのが残念。部屋からの景観はいいが、夏向きの宿。
2日目 2008年03月02日(日)
11:00 - 11:30 移動(車)

移動(車)

ホテルでタクシーを手配してもらい、湯河原梅林まで移動
11:30 - 12:50 自然

湯河原梅林

7分咲きぐらいでした。様々な品種の梅が山一面に。ロッククライミングしている方も。
13:00 - 13:30 移動(車)

移動(車)

ホテルには温泉がなかったので、日帰り温泉施設「ゆとろ」に移動
13:40 - 15:00 温泉・露天風呂

ゆとろ嵯峨沢の湯 

http://www.yutoro.co.jp/
15:00 - 15:20 移動(車)

移動(車)

「ゆとろ」でタクシーを呼び、小田原まで移動
15:30 - 16:20 食事

食事

小田原駅周辺の蕎麦屋で食事
16:30 - 18:00 移動(電車)

移動(電車)

帰りは小田急線で新宿まで。ロマンスカーはJRより快適。
18:30 自宅

自宅

新宿から自宅まで移動
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  12,000円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  42,000円
  • 観光  2,000円
  • 食事  3,000円
  • その他 2,000円

合計61,000円(一人当たり 30,500円)

旅行記の写真 Pick Up!

国内週末旅行 東京から湯河原梅林 国内週末旅行 東京から湯河原梅林 国内週末旅行 東京から湯河原梅林

近くの旅スケジュール

湯河原梅林と温泉

湯河原梅林と温泉

お花見をしたらのんびり温泉につかるっていうのはどうでしょう

女性好みの早春伊豆の旅

女性好みの早春伊豆の旅

花めぐりとつるし雛祭り

グリコ旅☆一粒で何度も美味しい真鶴・湯河原へ~口福・眼福☆日帰り旅~

グリコ旅☆一粒で何度も美味しい真鶴・湯河原へ~口福・眼福☆日帰り旅~

春旅は真鶴・湯河原へ♪梅色のフワフワ絨毯を愉しみ、お刺身三昧のランチ。温泉にのんびり浸って、湯上りは隠れ家カフェでティー・タイム。たまにはこんな旅も良いよね。

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

国内週末旅行 東京から湯河原梅林へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

車ではなく公共機関を使っての移動だったので不便な部分もありましたが、湯河原梅林周辺ではタクシー利用で良かったと実感しました。マイカーやバスだと制限がきつく、駐車場の空き待ち、バス停から梅林までの歩行距離も長かったり・・・ 

まだ寒い3月は温泉宿に宿泊される方が主流なのか、ラ・シェネガのような温泉のないリゾートホテルは閑散とした印象がありました。(といっても、ディナータイムにはそれなりのゲストがいらっしゃいましたが。) ビーチも近いので、次に行く機会があれば夏場に利用させていただきたいです。

小田原駅から徒歩数分のところにある、干物屋さん(確か「こゆるぎ屋」)の干物を買って帰ったのですが、美味しかったです。お店に立っているおばちゃん達も可愛かった(笑)

- 真鶴について -
湯河原梅林を訪れるのは今回が初めてだったのですが、真鶴は2回目。前回は会社関係の人達と魚料理で有名な「うに清」で巨大な舟盛りをいただき、その後タクシーで「中川一政美術館」へ。その時は夏場だったからか、美術館周辺はちょっとしたジャングルのよう。真鶴半島そのものは、観光地としての華やかさには欠けるかもしれませんが、不思議な魅力を持った半島だと思います。次は貴船まつりに合わせて行ってみようかな?

特集&トピックス

ギフトカードが当たる!旅スケ毎月のお題 エアラインランキング どの機内食を食べてみたい?機内食特集 おすすめ美術館&博物館!クチコミランキング 行ってよかった世界遺産クチコミランキング 個人旅行特集 アジアの人気観光地ランキング 旅スケ特集一覧へ!