海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅の旅行記

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

エレファントキャンプに憧れての旅。時々社会派な気持ちにさせられた旅。

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ワット・アルン(暁の寺)

休みに合わせてマイルを使おうとしたらタイしか空いてなかったという理由でタイ行きが決定。タイ料理は好きだから行ってみたかったけど機会のなかった国。一人で海はないなと思ってたら、チェンライのトレッキングの美しい景色やチェンマイの象園の写真を見て「うわー!行きたい」となりました。

行く前にはデモ隊による空港占拠なんかもあり、ちょっと心配でしたが旅には何の問題もありませんでした。

初日は夜遅くに到着し、ホテルに着いた時は12時回ってました。その時間でも屋台に明りがついて客のいるバンコクの活気に驚きつつ旅が始まりました。朝一に通りかかったのがプラトゥーナムマーケット。アジア的雰囲気に圧倒されました。バンコクの空気を感じたくてそのまま歩いてBTSの駅まで。駅のそばのデパートは東京と変わらない潔癖感が溢れクーラーがばっちり。すごい違いです。でも旅情と日常を行き来できるこの国は日本人が住んだり旅行するのに便利なのかもしれない。

あっという間に半日が過ぎ、ツアーの人なら起きてすぐ行くであろう観光スポットに全然行かない自分。歩いて見るとバンコクは広いし暑いし、まだ訳わかんないしと思い、ガイドブックに載っていた日系の会社の半日ツアーに入ることにしました。催行1時間前に申し込んでもOKでした。お決まりの観光コース(王宮、ワットアルン、ワットポー)を巡りやっとタイに居る実感が。写真はワットポーから望む王宮です。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ワット・ポー

黄金の涅槃仏で有名なワットポーではこのようにお賽銭を上げるようになっています。タイ人に混じって私もチャリンチャリンとしてきました。旅の無事と安全を願って。教会よりもお寺の方が効きそう。

明日はLCCに乗ってスコータイに移動です。ホテルに帰ってシャワーを浴びて髪の毛がやけに汚れてることに気づく。バンコクは排気ガスが激しい。。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

スコータイ空港

スコータイは世界遺産の町。そして「タイで一番心休まる町」とのことで目指します。

スコータイへはLCCバンコクエアウェイズで1時間のフライト。こんな可愛い飛行機で乗客も30人くらい?こんなんで儲かるのか心配になりました。

スコータイ空港はこの会社専用の空港、というか原っぱに田舎の駅見たいな風情の建物があるだけ。降りて真っ先に見たものは牛の群れというのどかさ。私達の飛行機が着いて、出ていくともう空港も閉められました。市内から30KM離れた所なので、交通手段はない。バンコクエアウェイズ側で責任を持って乗客全員を送ります。今夜の宿泊先を訊き、車に乗せていく。料金は妥当な価格。決まってない人はその手配も手伝ってくれます。私はホテルに送迎を頼んでいたんだけど、遅れていてスタッフの皆さんに心配されてしまいました。何も言わなくても私のホテルに電話をかけてくれ、売店の横で待ってろと指示。何て親切!

でも待ってる間、道には一台も車が通りかからなかったです。ヒッチハイクさえ不可能。心配するわけですね。
やっと来た車に乗ると、窓の外は田園風景のみ。街まではかなり遠い。道路沿いの家が高床式住居になっていました。貧乏そうな家も金持ちそうな家も。ということはここでは必要な造りなんだろうか。不思議。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

スコータイ新市街

「ルエンタイ」ホテルに着き、荷物を置いて、まだ明るいことだし、出かけたい!とフロントで言ってみました。客には自転車を無料で貸し出してくれるというので地図を受け取り、町の中心部までサイクリング。町中もバンコクとは全然違う!のどかな田舎町。空気もきれいだ。

町中についたが暗くなってくると寂しい。レストランなんてなくて、ナイトバザールも小さくて賑わってない。仕方なく外国人観光客向けのドリームカフェに行ってみました。内装が写真の通り可愛い。薦められた豚肉のトムヤムスープを食べました。
窓の外を見ていると象が一匹歩いてきたんです。象って町中を散歩しているの?良く見るとちょっとおめかしした象で係らしい少年が一緒に歩いていました。タイの象は小ぶりでかわいい。どこに行くんだろう?象は歩いて行ってしまった。車もたまにしか走ってないので象さんがいても邪魔ではない。こうしてタイで最初の象さんは路上で出会いました。

帰りのサイクリングは道が真っ暗になってしまい怖かったです。ちゃんと着けるか心配で。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

さあ翌日は世界遺産であるスコータイ歴史公園に!
ホテルの人に新市街のソンテウ乗り場まで送ってもらいそこからソンテウに乗ります。相乗りしたのは遅刻したらしい高校生と農家のおばちゃん、そして沢山の野菜!!高校生は途中の学校前で降り、私とおばちゃんだけになりました。もちろん英語は通じない。笑顔を交わすのみ。おばちゃんが育てたらしい野菜は日本のと違って形がそろってたりしないし、虫食いも見える。でもみずみずしくて美味しそうだった。歴史公園の手前に市場があり、彼女はここで下車。朝の市場は活気があり、揚げ鶏が美味しそうで惹かれるが我慢して、公園に到着しました。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ワット・シー・チュム

世界遺産である公園は広く寺院が点在しています。

ソンテウを降りると当然のようにレンタサイクル屋へと案内されます。この遺跡に来た人は皆自転車を借りて回るのが普通です。地図はもらえますし、自転車は日本からのリサイクル品なので品質いいです。
12月のタイは暑すぎず、サイクリングに良い季節。自転車を走らせるたびに次々を遺跡が現れかなり楽しいです。行く先々で会ういろんな国の観光客とも段々友達になれました。

これは遺跡群の中でも大物の一つ。大仏、ですね。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

このように池との美しいコントラストを見せる寺もあります。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ワット・シー・サワイ

スコータイ遺跡の中でお気に入りの寺院の一つ。ヒンディ寺院ぽい。
シルエットの美しさに心惹かれる。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ワット サパーン ヒン

半日で中心部の遺跡は見られたので遠くの遺跡に挑戦。道路を30分くらい走ったかな。
急な坂を登ったところにあります。石段?はかなり危険!坂の下に管理人がいて登る前に名前を書かされます。何かあったら助けに来てくれるのかな。登ると見えるのはタイの田園風景と遺跡公園。心が洗われる。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ランチはこれ。アジアの基本、フィッシュボールヌードル。道路沿いの、風が吹いたら飛びそうな造りの店だったけど、美味しかった。唐辛子、砂糖、ナンプラーをお好みでたらしていただきます。値段はタイ人価格、つまりすごく安い。次々と地元の人がバイクで立ち寄っては食べていました。

写真を拡大する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅

ルエン タイ

自転車を返し、帰りもソンテウで。遺跡公園で親しくなったフランス人、アメリカ人達と一緒で、しかもなんと皆同じ宿に泊まっていると判明。途中からソンテウは高校生でいっぱいになってしまったので、バスステーションで降り、電話してホテルの人に迎えに来て貰いました。送迎サービスありの宿ですし、これだけ人数いれば来てくれるさ!と。この町にはタクシーとかないし、当然のようにやってもらっちゃいましたが、親切ですよね。ちなみに満員のソンテウは牛並みののろのろ運転です。

このスコータイでの宿泊ホテルは3000円くらいで朝食とプール付き。遺跡観光の後は一泳ぎ。今夜はホテルのレストランで。安くて旨い。夕食中はさっきの人々とお話しし、夕食後、ホテルの人経由で頼んだマッサージさんは900円で90分。すごく良かった。かわいい女性が来るので、女子旅でもオーダーして大丈夫です。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

象さんに会いたい!タイ北上、癒しの旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

お寺巡りで心を癒し、マッサージとエステで身体を癒す、タイ北上の旅は素敵でした。

でも、周りの反応はこんな。
タイに行ったの?-え、10日間も!(4日位が普通と思われた)
どこに行ったの?海きれいだったでしょ?-北に行ったから海は見ていないよ。(えーっ)
北は寒いの?-夜涼しくなるけど、昼間は暑いよ。(蚊もいるというとさらにがっかり)
何があるの?-お寺とか少数民族の村とか象と触れ合えるテーマパークとか。(知らないなあ)
大したことないんでしょ?-スコータイのお寺は世界遺産よ。花の絵を鼻で描く象さんに会えるよ。(ふーん)

帰国後、何度も交わした典型的な会話です。タイってメジャーな旅先かと思ってたけど、北は知られていないの?大したことあるのになあ。

マイルで行ったのでこの旅自体には全然お金かかってません。滞在費、移動費、食費は安く、長く居ても問題なし。

タイ人がしつこかったかと訊かれても、この前にトルコ行ってるから、全然楽でした。トルコのつもりで交渉すると、値切れすぎて申し訳なかったです。それにタイ人に比べて日本人はお金持ちなんだから、怒っちゃいけない。

トルコ旅行の教訓活かし、①長距離移動は飛行機(時間と手間の節約) ②どうしても見たい場所には現地ツアーを使う(盛りだくさんでサービス満点) ③時にはいいホテルに泊まる(大都市では快適さと値段は比例) を実践してみました。

近くの旅行記

タイ旅行(バンコク/チェンマイ) バンコク3泊5日☆セレブな休日 タイ 寺院見学とアユタヤー遺跡 世界遺産アユタヤ!&王都バンコク!3泊4日の旅[旅行記も見てください] タイ バンコクに住んでいる友人を訪ねて タイの礎を築き上げたスコータイ王朝に触れる旅
タイ旅行(バン… バンコク3泊5… タイ 寺院見学… 世界遺産アユタ… タイ バンコク… タイの礎を築き…

新着スケジュール