海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPカナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)の旅行記

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

ヘリ・ハイキング・ツアーの部分の旅行記です。他はレンタカー編をご覧ください。

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バンフ駅

8月8日、今回われわれ夫婦は初めてのヘリ・ハイキングに挑戦するため、3泊4日のツアーに参加しました。
この前後の旅行につきましては、「レンタカー編」をご覧下さい。
バンフのBrewster Tarminalから、Bugaboo州立公園のそばにあるヘリパッドまで、Brewsterのチャーター・バスで移動します。朝7時前なのでまだわれわれツアー客以外の人は、ほとんどいません。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

バンフから約2時間、ラジウム・ホットスプリングスを経由して、バガブー州立公園のそばのヘリパッドに到着しました。
ここは、すでにアルバータ州ではなく、ブリティッシュコロンビア州になります。
ツアー客の荷物を積み込んだ4WDがロッジに向けて出発します。
われわれはヘリパッドで、ヘリコプターの到着を待ちます。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

4WDだとロッジまで林道を2時間走るのだそうですが、われわれはヘリに乗ってわずか10分でロッジに到着します。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー・ロッジ

ロッジは新しくてきれいでした。
設備もアメニティーも一流ホテル並みの水準で、快適な毎日が過ごせます。
サウナやラウンドリーも無料で使えます。
ただ、このロッジの周り数十キロは原生林しかありません。
着くと、ロッジの説明を受け、靴・ストック・リュックサック等を借りる手続きをします。
われわれは機材を日本から持って行っていたので、プレゼントの水筒とランチ袋だけ使うことにします。
次に、グループ分けのため、ハイキングのスキル、好み、目的などのヒヤリングを受けます。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー・ロッジ

ロッジでの昼食後、発表されたグループごとに集まって、本日のハイキングの始まりです。
まず、ヘリコプターの待ち方、乗り方、降り方、それぞれの注意の説明を受けます。
そして、非常脱出の方法やドアの操作法などを教わります。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

ヘリに乗るとどこでも10分ほどで到着してしまいます。
今日は小高い丘に集まって、なだらかな小山を下りていきます。
この時には、ガイドさんが山道の歩き方、雪渓の歩き方、岩場の歩き方などを簡単にレクチャーしてくれます。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

ゆっくりとしたペースで、お花畑の丘を下っていきます。
ここには全く道もなければ、道標もありません。
ガイドさんだけが頼りです。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

これは白のモスキャンピオンのようですね。
どの花も、いろいろな色のバリエーションがあるのは不思議です。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

Western Anemoneだそうです。
私はチングルマだと思っていたのですが、チングルマだとバラ科です。
Anemoneはキンポウゲ科なので、この花はハクサンイチゲのなかまでしょうか?

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

カナディアンロッキーの絶景を眺めながら、ゆっくりとハイキングを楽しみます。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

これはフデリンドウのようですが、山が深いせいかものすごく濃い藍色をしていて、目を引きます。

写真を拡大する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)

バガブー州立公園

軽めのハイキングですが、沢を渡り、雪渓を越え、基本的なスキルのトレーニングにちゃんとなっているようです。
軽いとは書きましたが、フロリダから来られたご夫婦はかなりバテ気味で、特に旦那の方は最後の頃にはふらふらになっていました。
この方たちは、次の日からはより楽な別のグループに入られたそうで、十分にハイキングを楽しんでおられました。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

カナディアンロッキーハイキング三昧(ヘリ・ハイキング編)へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

まず、テンピークスでおなじみのモレイン湖を堪能。
次に、初めてのヘリハイキングを楽しみました。
その後、ジャスパーの周りをハイキング。
最後に恐竜の骨が沢山発見された谷を散策してきました。

近くの旅行記

バンフ拠点のカナディアンロッキー2008 カナダ、アラスカ、スノーボード、オーロラの旅 ⑥Red Deer&カナディアンロッキーの旅【息子の留学先を訪ねて】
バンフ拠点のカ… カナダ、アラス… ⑥Red De…

新着スケジュール