海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPシャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキングの旅行記

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

フランス、シャモニーモンブランのアパートを1週間借り、自炊をしながら毎日ハイキングをした。花が咲き乱れ氷河がかかった白い山の絶景を見ながら歩いた。

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

写真を拡大する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

バルマ広場から見たモンブラン

写真を拡大する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

写真はラックブランへ行く途中に出てきたアイベックス。

我々のシャモニーへの行き方:
成田からANAでフランクフルト LFでジュネーブ NHホテルに1泊空港から長距離バスでShamonixへ2時間。空港には切符売り場がなく、ジュネーブのダウンタウンに着いたらバスを降りて切符売り場へ買いに行く必要がある。ユーロでもスイスフランでも良い。
アパートの管理会社La Tourの事務所へチェックイン時間の17:00に行くと、親切な女性の受付係がいて、色々説明してくれた。
アパートはすぐ近くにあり、スキーヤー用に出来ているらしく、夏はほとんど客がいなく、静かで良く眠れた。クッキングヒーターはつまみが無い最新式のパネルタイプのもので、
使い方がどうしても分からず、事務所へ行って係りの人に部屋へきてもらい説明を受けたら使えるようになった。部屋は豪華ではないが、ベッドは4人分とソファーがあり、バストイレ付きで、キッチンは冷蔵庫、電子レンジ、食器洗い機、キッチンセット1式が揃っている。
近くにスーパーマーケットがいくつもあるので、ここで食材を購入して自炊した。
ワイン、ビール、チーズは安くておいしい。野菜類も日本より安いと思う。毎日、サンドイッチを作り8時ごろアパートを出て、3時ごろ帰ってきて、食事を作りビールとワインで乾杯して、疲れているので早めに寝るという健康的な生活をした。

注意:2017年7月再訪したらジュネーブからの長距離バスのるーとが変わっており切符売り場も変わっていました。現地旅行社も変わっています。

旅の参考文献、web site:
http://www.chamonix.com/welcome,0,en.html シャモニーのアパート・ホテル宿泊等

写真を拡大する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

旅の総括:
今回は全日空を使用した。若干高いがそれだけの価値はある。心地よく旅が出来る。
7月分の航空券は3月ごろ各航空会社から売り出すので、正規早割り航空券のPexなので変更可能なものも多い。旅行社が4月頃から売り出すディスカウントティケットに比べると若干高めだが、値段の差は以前に比べると余り無くなった。

海外ハイキングを成功させるには:
1. 健康な体に保つ事。途中病気になっては計画通り歩けない。
2. 無理な日程はたてず、長距離ハイキングは避ける。出来るだけ直行便とする。
乗り継ぎ便の場合、乗継時間2.5時間は欲しい。
3. 荷物は軽くする。重たい荷物を持っている日本人は、スリの格好の餌食となる。
空港や駅では財布、パスポートはファスナーが着いたポケットに入れる。
駅などでは、乗り込むとき周りを注意深く見て、スリがいないかチェックする。
スリは出稼ぎに遠くから来ており、荷物を持たず手ぶらで2人~4人のグループ。パスポートや財布を盗まれたら旅の楽しみは無くなる。
4. 現金は少なめに持参し、シティーバンクに口座を持ちキャッシュカードを作って置くと海外で現金を引き出しやすくレートも有利。
なるべくクレジットカードを使用すればレートが有利で安全。カードはIC付のカードが良い。磁気を通すものはエラーになり易い。カードは2枚以上持参したほうが良い。
ヨーロッパでは店の人や切符販売員は基本的にクレジットカードを触る事がなく、使用する本人が端末に差し込んで、PIN No.を入力して使用するところが日本とは違う。
5. ハイキングルートの準備は周到にする。
漫然と山へ行ってもどこへ歩いていったら良いかわからない。自分が行きたい場所を案内書などで確認し、そこへ行くには交通機関はどうなっているか。バス停はどこで、どこで降りるか。帰りのバスの時間も出来れば調べる。ロープウェーを使用してハイキングをする場合も、歩き始める時、目的地の方向をしっかり確認する。
6. カメラのメモリーや充電器具など忘れずに持参する。カメラは壊れる事もあるので出来れば予備のカメラを持参する。
7. 航空機の乗換えなど、油断せずに自分の能力をしっかり発揮して油断無きように勤める。

写真を拡大する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

写真はシャモニーから1時間山に入ったところにあるレストラン・フローリア。気さくな女性が1人でやっており、一面に花が飾られておりここから見たモンブランは素晴らしい。ケーキもおいしい。
2017.7に再訪したら経営者が変わっていて、花の数も少なくなり下記ケーキもなくなっていました。

写真を拡大する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキング

レストラン・フローリアのケーキ。

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

シャモニーに滞在しモンブランを見ながらハイキングへのコメント

まつむし2さん  2012/09/07 21:42

まつむしのブログにもっと詳細があるので見てください。

http://safetyhiking.cocolog-nifty.com/


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール