海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPヨルダン 世界遺産を巡る旅の旅行記

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ヨルダンの世界遺産(ペトラ、ワディラム、ウンムアルサラス、アムラ城)他、多くの名所・旧跡を巡った。

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ

2012-10-29

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

シークからエルハズネを見る。

 今日はアンマンからワディ・ムーサにローカルバスで来て、午後からペトラに遣って来た。
 シーク(岩の裂目の通路)を1.5km以上も暫く歩くと、エルハズネが姿を現した。 「これがペトラ遺跡か」と感動する。
 有名観光地とあって多くの観光客がエルハズネの前にいた。
 次に、犠牲祭壇に登る。延々と階段を登り疲れてしまった。
 帰りのシークは緩い上り坂で、これも案外疲れてしまう。案外馬車に乗るのも有効かもと思ったがぼられるのが嫌で、意地で門まで歩いた。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ バイ ナイト

2012-10-29

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

ペトラ バイ ナイト のシークを歩く

 19時半頃までワディムーサのホテルで過ごし、再びペトラの門にタクシーで来る。
 ペトラ バイ ナイト (ライトアップショー)が始まるのは20時半からである。少々早く来たので門の前のベンチに座り開門を待つ。
 時間となり、シークまで行くとランタン(ロウソクを紙袋で覆った物)で通道を示している。幻想的な風景である。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ バイ ナイト

2012-10-29

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

ペトラ バイ ナイトの風景

 さらに歩くと暗闇の中、無数のランタンの明かりのみに照らし出されたエルハズネが現れる。その美しさに感動してしまった。
 ショーは民族楽器の演奏、ベドウィンの歴史についてのトークがあった。
 ショーの最後に「みんなでカメラのフラッシュを一斉に照らしましょう」とあったが、それでは写真を撮るのは無理だ。三脚の用意が必要だ。この写真も8~10秒間もカメラのシャッターを開けて撮った物。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ

2012-10-30

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

ラクダとエルハズネの風景

 ペトラの門からエルハズネに来るのに45分掛かる。
 シークを馬車が行き交い、砂塵だらけになる。
  写真はまだ朝の観光客が少ない内に撮った物。お決まりの構図。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ

2012-10-30

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

エドディルの風景

 谷間の坂道を登るとエドディルがある。この坂も結構きつい。今日もこれで疲れてしまった。
 大きな遺跡で感動する。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ペトラ

2012-10-30

世界遺産「ペトラ」(文化遺産)

王家の墓の風景

 10月下旬のヨルダンは結構暖かく、半袖シャツで過ごせる程。遺跡の中は、日中真夏の様に暑い。旅に出るのに冬の装備をしてきたが出番は無かった。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ワディラムの保護領域

2012-10-31

世界遺産「ワディラム保護区」

砂漠を行くラクダの風景

 ワディムーサ(ペトラ)のホテルでワディラムのツアーの手配を頼んだ。バスで往復する予定であったが、オフシーズンでバスは無いと言われ、仕方なくタクシーで行く事となる。片道35JDで高価なものとなってしまった。(バスは片道5JDで行けるらしい)
ワディラムからのツアーも、キャンプ、食事込みで60JDだった。
ツアーはスウェーデン人2人、フランス人1人、私の4人で催行された。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ワディラムの保護領域

2012-10-31

世界遺産「ワディラム保護区」

砂山の風景

岩山の後ろに大きな砂山が出来ていて砂漠を満喫。
皆で砂山の上に登り砂漠の景色を見た。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ワディラム砂漠

2012-10-31

世界遺産「ワディラム保護区」

キノコ岩の風景

古い4WD車の荷台に乗りで砂漠を疾走する。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ワディラム砂漠

2012-10-31

世界遺産「ワディラム保護区」

砂漠の石橋の風景

この石橋に登る事も出来るが、かなり危険と思われたので見るだけにしておいた。

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

ワディラム砂漠キャンプ

2012-10-31

世界遺産「ワディラム保護区」

ワディラムの夕景

 キャンプに来て、西に太陽が沈むまで風景を楽しんだ。太陽は生憎、雲に隠れたが、その分、雲に反射する陽射しを見た。
 キャンプをするのは中学生以来である。キャンプには20棟位の二人用テントが張られ、中に2つベットが設置されている。電気は無く夜になると真っ暗である。(懐中電灯が重宝した) また、食事、宴会用に大きめのテントが張られている。今日の同泊者は西欧人ばかり。キャンプはベドウィンの歌と踊りで楽しんだ。
 (トイレはアラブ式トイレがある。シャワーは水)

写真を拡大する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅

リトルペトラ(スモールペトラ)

2012-11-01

リトルペトラの風景

 ワディラムでキャンプの後、古い4WD車でビジターセンターまで送ってもらい、頼んでおいたタクシーでワディムーサに帰って来た。
 ホテルで少し休憩して、リトルペトラに向う。「地球の歩き方」にスモールペトラと載っているので、それをタクシー運転手に言っても伝わらなかった。正式にはリトルペトラと言うらしい。
 遺跡に行ってみると、小さめの墳墓が岩に彫られているのを見る。まさに、リトルペトラだ。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ヨルダン 世界遺産を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2012/11/25 18:16

*yumi*さん
コメントありがとうございます。無事に帰ってきました。
ペトラバイナイトは日程が合いましたので、2回行ってまいりました。
普通のライトアップとは違い、無数のランタンの柔らかな光でペトラを映していて、素晴らしい景色が広がりました。
またいつか、行ってみて下さいね。

*yumi*さん  2012/11/25 13:35

おかえりなさい!!ぺトラ バイ ナイトに行かれたんですね~、私も行きたかったのですが、日程があわず行けなくて...素敵な写真を見て、私もいつか見に行きたいなと改めて思いました!!


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

“死海!ペトラ遺跡!ワディ・ラム!”ヨルダン&おまけドバイでプチセレブ気分♪ 自然も遺跡もお腹も満腹旅行(ヨルダン)♪ Jordan【2】鎖帷子の音を聞き、岩砂漠の宴を楽しむ/男は黙って顔で語る
“死海!ペトラ… 自然も遺跡もお… Jordan【…

新着スケジュール