海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPアマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰りの旅行記

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

アマルフィでは潮風を受けて南イタリアの雰囲気にどっぷり浸り、ザルッブルクでは山と湖とアルプの景色を堪能、夏の終りのひと時を過ごしました。

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ナポリ駅

ナポリ中央駅からサレルノまで列車の時間を前もって決めてなかったので当日の早朝にホテルから駅に行きチケット購入     料金はチェックしていたイタリア国鉄のウエブサイトと同額の8.5ユ-ロ

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

サレルノ港

サレルノ港にはたくさんのヨットが停泊中
10:40発の高速船でアマルフィに向かう
チケットはサレルノ駅の旅行社で購入
乗船前に港のチケット売り場で乗船券と交換しなければいけない事を知らずにいたので乗船時に慌てて交換
8ユ-ロ

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

Hotel La Bussola (ラ・ブッソ-ラ)

ホテル予約サイトのクチコミはあまり良くなかったけれど港からもバスタ-ミナルからも近く便利なのでこのホテルに決定

やはりクチコミ通りバスタオルは年季の入ったゴアゴア、でもレセプションのスタッフが親切なので良しとする
各部屋にはテラスがあり正面には海、左手にはアマルフィの海岸沿いに建つ家々が見渡せる
何気なく机の引き出しを開けるとパスポ-トが2冊上下にきちっと入れてある
この部屋に宿泊した人が忘れて行ったに違いない、直ぐレセプションに持って行くとスタッフも驚いて直ぐに連絡を取っていました
自分がパスポ-トを忘れてもドキッとして心臓が止まりそうになるけれど他人の忘れたパスポ-トを発見してももドキッとするものなんだとこの時分りました

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

アマルフィ

アマルフィの町を散策中に新朗新婦に遭遇
とても自然な感じのお似合いのカップル
どうぞお幸せに!

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

アマルフィSight Seeing Bus

アマルフィにはcity sightseeing busがありラヴェッロ方面にも回る
可愛いバスでとても目立つ

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ラヴェッロ (Ravello)

ラヴェッロバス停前の展望台からは素晴らしい景色が見渡せる

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ヴィッラ・チンブロ-ネ (Villa Cimbrone)

ラヴェッロバス停からトンネルをくぐってショップを覗きながら途中で猫と遊びながら坂道を上がって行き15分でヴィッラ・チンブロ-ネに到着

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ヴィッラ・チンブロ-ネ (Villa Cimbrone)

うっそうと茂った木々のトンネルは涼しくマイナスイオンがいっぱい

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ヴィッラ・チンブロ-ネ (Villa Cimbrone)

展望台からは紺碧の海と山々が奇麗に見渡せる

写真を拡大する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰り

ヴィッラ・チンブロ-ネ (Villa Cimbrone)

眼下には船が行き交い家々が絶壁に張り付くように並び立つ

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

アマルフィ&青の洞窟✈ザルッブルクから路線バスでザルッカンマ-グ-ト日帰りへのコメント

nontaさん  2017/08/20 08:06

ヨシさらさん、コメントを頂き有難うございます。
アマルフィは治安の不安も無く歩き回れ太陽の光がいっぱい受けられる素敵なスポットでした。
縛りたてのレモンジュ-スがとっても美味しかったです。
ザルッブルク中央駅構内にはSPARと言うス-パ-があります。
ここの200g入りのSALZ(卓上塩)は美味ですので機会があればさほど荷物にならないので是非お土産にどうぞ。
ホ-エン・ザルッブルク城での夜の室内楽コンサ-トは気分たっぷりでお勧めですので機会があれば是非どうぞ。

ヨシさらさん  2017/08/20 00:11

by nontaさん        ヨシさらです。
ハルシュタットへの行き方のためにと思って見させていただきましたが、アマルフィもすてきですね。今は、ヨーロッパに近いところに住んでいるので、休暇が合えば行けるので、次回はアマルフィも旅行先の一つにしました。チケット売り場のことや、入手先などとても役に立つ旅行記でした。ありがとうございました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

9月初旬のアマルフィはまだまだオンシ-ズンで活気があり思っていたより暑く海で泳いでいる人もたくさん見かけました。
お洒落な町の想像とは違って中心部より奥に入ると地元の人々の生活が垣間見られる風景(洗濯物を吊下げてる等)にとても親しみが持てました。
表紙の写真は「これぞイタリア!」と雰囲気たっぷりで惹きつけられ思わずシャッタ-を押してしまいました。

ザルッブルクから日帰りでシャ-フベルク山とハルシュタットを回れるか?、実際に試してみましたが天候が晴れで風が無ければシャ-フベルク登山鉄道はオ-プンしているので十分回れます。
実行したのは日曜日、バス便は少なく所要時間は12時間弱、平日ならば11時間以内で回る事が可能です。

久し振りに利用したルフトハンザドイツ航空は関空出発そしてフランクフルト出発の際に機内に入る手前のボ-ディングブリッジに新聞が置いてあり、特にフランクフルト出発時の日本の新聞はとっても嬉しく、日系ではとっくに無くなってしまったこのサ-ビスがまだ残っている事に驚きでした。

近くの旅行記

南イタリア☆ポジターノの休日 イタリア ローマ・ナポリ・フィレンテツェ一人旅 10380_3 南イタリア ソレント    8日間の旅  ソレントのレモン農家にステイ☆南イタリアのリゾート&ちょこっとアルベロベッロ イタリア旧ユーゴー毎日移動は疲れました
南イタリア☆ポ… イタリア ロー… 初イタリア楽し… 南イタリア ソ… ソレントのレモ… イタリア旧ユー…

新着スケジュール