海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 の旅行記

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

内田康夫の”浅見光彦シリーズ”を読み続けているうちに、小説の舞台となった土地をなんとなく訪ねてみたくなりました。旅の楽しみ(時には苦難も)あるものの、主人公同様、旅費の都合には、頭を痛めます。

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

成田空港

 海外ドラマでは<シャーロックホームズの冒険>や<名探偵ポワロ>が面白いと思うが、小説としては、内田康夫のミステリーものが面白く、今もどっぷりとはまっている。

 読み終えた”浅見光彦シリーズ”だけでもすでに50冊に及ぶ。私を魅了する要素はたぶん、<名探偵> <ミステリー> <旅>ではないかと思っている。

 気まぐれな私は、「黄金の石橋」を読み終えた頃から、〈鹿児島県〉への旅を考えていた。それをきっかけに、小説になった舞台を巡るという、とんでもないプランを密かに立て、やっと今日旅立つこととなった。

 この旅では謎解きも名探偵もましてや殺人事件など決して出てこないと思うが、はたしてミステリアスな旅になるかどうかは私にもわからない。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

鹿児島空港

 【鹿児島空港】(15:35)<<<<<<<<【成田空港】(13:30)

 今年の前半は、海外への旅がいくつか続いたおかげで、家族の私を見る目も気のせいか冷たく感じる。だから海外への旅など言い出すことなどムリな話だ。
   
 そこでこの秋は、国内旅行にかぎり何とか家族の了解を得た。それもとうてい大名旅行などでなく、できるだけ出費をおさえた、エコプランによる旅行が必須となった。

 ポワロとは比べようもない僅かな〈灰色の脳細胞〉を駆使して、エコでなおかつ快適な旅の工夫をしていかなければならない。それはもう先の見えないミステリーそのものだ。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

レンブラントホテル 鹿児島

 【ホテル】(17:00) ← ← ← ← ← ← 【鹿児島空港】(15:50)

 宿泊するホテルは桜島を望む錦江湾に面した「レンブラントホテル 鹿児島」だ。あまり聞かないホテルだと思って調べてみると、なんと以前は東急ホテルだった。

 翌日は早朝の出発だから寝るだけで十分だろうと、前もって シングルを素泊まりで予約したら、一流ホテルなのにビックリするほど安く予約できた。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

【景勝】 ホテルの部屋から桜島を望む

 鹿児島空港からホテルへバスで向かう間、近づく台風の影響で、空は次第に黒い雲に覆われ、やがて激しい雨が降りだした。何やら暗雲立ち込めるミステリアスな出足だ。

 せっかくの旅も風雨にたたられ、自分の運のなさをしばし嘆いていたが、雨もそう悪いことばかりではない。今朝も桜島で爆発的噴火があり、鹿児島市内に多量の降灰があったようだ。空中に舞い上がる灰を,この雨が抑えてくれたともいえる。

 台風接近に悩むホテルでは、この格安の泊り客に対して、桜島が見える広い部屋にアップグレードするというサービスまでつけてきた。おかげであきらめていた桜島の景色を部屋にいながら見ることができた。♪ 

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

アミュプラザ鹿児島

 鹿児島中央駅の「みどりの窓口」で明日から3日間使用する【秋の乗り放題パス】を買う。ついでに窓口の「薩摩おごじょ」におすすめの郷土料理の店を紹介してもらった。

 かごしま黒牛・黒豚「いち にい さん」のアミュプラザ鹿児島店はアミュプラザの5階にあった。何やら高級そうな雰囲気に二の足を踏む。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

【グルメ】 黒豚バラかつ

 「黒豚のバラかつ」の大きなポスターを見て、あまり考えを持たない私は、それがこの店のおすすめメニューと思いさっそく注文する。

 肉はきめ細かな繊維質を持つ上品な赤身と、旨味を含んだ脂身が合わさって絶妙な旨さを引き出している。店の手厚いサービスといい手頃な価格といい、たいへん満足できる夕食だった。

*******************************************************
 【黄金の石橋】     鹿児島
 <ホンのさわり> ▼浅見は鹿児島へ取材に出かける。この取材にはついでが二つあった。一つは藤田編集長から、女子大生・緩鹿智美の様子を窺がってきてほしいとの依頼。もう一つは、・・・・
*******************************************************
 

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

鹿児島中央駅/日豊本線

  昨夜、あれほど賑わっていた鹿児島中央駅も、早朝5時となると人もまばらだ。ましてや大型の台風も近づいているせいか妙な風が時々吹き抜ける。

 まだうす暗い在来線のホームで始発の電車が入線するのを待つことにした。
 

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

【エコ】 《秋の乗り放題パス》

 九州の南部地方と中国の山陽・山陰地方は自分にとって、今までで一番なじみが少ない地方だ。ここを訪れてみたいという願望は以前からあった。

 <秋の乗り放題パス>の存在に気づいたとき、この切符を活用しない手はないと思った。期間限定でなおかつ連続する3日間という条件はあるものの、全国のJR鉄道が7500円で乗り放題は魅力だ。むろん普通列車に限られる。

 

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

鹿児島中央駅/日豊本線

 【日豊本線】鹿児島中央駅(始発5:39)■■■■■■■宮崎神宮(8:17)

 日豊本線上りの始発は2両編成の宮崎神宮行きだ。宮崎神宮で次に来る普通列車へ乗換えとなる。本来は普通列車でのんびりした旅を満喫したいところだが、今回はそうはいかない。

 以前と違って、最近では特急・急行の本数が増え、普通列車の運行がかなり減っている。そのうえ、列車間の連絡もあまりいいとはいえない。乗り継ぎには神経を使う。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

宮崎神宮

 終点の宮崎神宮で乗り換えとなる。宮崎神宮に寄って参拝したかったが、なにしろ次の延岡行きの電車まで30分余しかない。とにかく駅を出て行けるところまで行くことにした。

 バスや電車に乗っているときは時々雨が降ったりしていたが、降りているときは不思議と傘を使うことがなかった。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

延岡駅/日豊本線

 宮崎神宮(8:52)■■■■■■■■■延岡(10:14)

 延岡駅の周辺を少し歩いてみた。これといって目立つものもなく、少しばかり鄙びた感じの平凡な地方都市である。

 この雨の中、高千穂に行くならタクシーでと誘われたが、そんな気はまったくない。駅前の宮崎交通のバスセンターにとびこんだ。

写真を拡大する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 

【エコ】 《なんと!宮崎交通 一日乗り放題乗車券》

 延岡から高千穂町まではバスで行くのに、料金を調べたら片道1800円もする。往復3600円だ。往復割引を使っても2900円でまだ高い。

 いろいろ調べてみたら、ありました!宮崎交通で発行している<一日乗り放題乗車券>だ。この乗車券を使って延岡⇔高千穂を往復しても1800円で済む。乗車券に書かれた「バスに乗ってエコッちゃおう!」というキャッチコピーも気に入った。

 こうして、私の「路線バス」の旅が始まった。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

★エコプラン重視!旅情ミステリーファンが行く 【西日本ミステリー紀行】 へのコメント

makoa187jpさん  2013/11/06 16:53

フェリーの女性は、藤谷美紀さんがいいですね(←テレビの勝手なイメージ)。

どっちゃんさん  2013/11/06 11:32

コメントありがとうございます。私も乗物に乗っている時が大好きで、「そんなに長く乗っていてよく飽きないね」などと感心されてしまいます。でも楽しいのだから仕方ないですね。

 浅見光彦は”長身かつ甘いマスクの33歳で独身貴族”。ドラマでは中村俊介さんや沢村一樹さんなどが演じていましたが、男前ゆえに旅先の出会いも多かったようです。

 一方、この迷探偵?といえば、残念ながら旅先での出会いは皆無でした。しいて言えば、フェリーで見かけた女性に、かすかな旅情を感じたぐらいでしょうか。

 

makoa187jpさん  2013/11/06 10:42

浅見光彦シリーズは、テレビでしか見たことありませんが、楽しい旅行記ですね。
で、旅先で、いい出会いはありましたか(笑)。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

 
 ■ 「旅行記」の執筆にあたり、作品のあらすじなど一部引用させていただきました。

近くの旅行記

韓国☆済州島(^∀^) 【鉄道旅行】男女日本代表サッカー応援奇行 初欧州!イタリア4大都市めぐり セントマーチンに2年連続の訪問!遠いけど本当に癒されます~+NY1日観光 初バリ!初エステ!初ラフティング! 霧島温泉郷の足湯をめぐる旅。
韓国☆済州島(… 【鉄道旅行】男… 初欧州!イタリ… セントマーチン… 初バリ!初エス… 霧島温泉郷の足…

新着スケジュール