海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに コトル & モスタルの旅行記

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに コトル & モスタル

憧れのドブロブニク、格安航空券に飛びつきました! ドブロブニクからプリトビーチェを目指し南から北にバス移動  ~毎日異なるホテルに無事たどりつけるか?~

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに コトル & モスタル

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

共和国広場(イェラチッチ広場)

写真左上 ザグレブ長距離バス・ターミナル
右上 ザグレブ中央駅 トラム(#6,#31どちらだったか?)より撮影 すでに大雨
左下 イエラチッチ広場内の仮設市場から 折りたたみ傘では心許ない程の雨
右下 イエラチッチ総督騎馬像 (この日で無く10日目、最終日に撮影のもの)

The Second Day 3月24日(月)
ザグレブ空港より空港バス、長距離バス・ターミナルでトラムに乗り換え、迷わずイエラチッチ広場に向かう。
トラムを降りイエラチッチ総督騎馬像の写真を撮るつもりだったが、ひどい雨でカメラを取り出せない。 雨宿りもかねて仮設市場に逃げ込む。 お土産に良さそうな小物や、蜂蜜、ワイン、ハムなどあったがまだ初日でこれからずっと移動し続けなくてはならないので見るだけにした。 騎馬像の写真を何とかカメラに納め、散策開始。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

ゴルニィ・グラード地区へのケーブルカー

写真 左上 聖マリア被昇天大聖堂内に横たわる第二次大戦時の大司教ステビナッツ師の棺
右上 走る長さ66mという世界一短いケーブルカー
左下 Tkalčićeva Street にあった変わった彫像
下中央 Ivica i Marica 「ヘンゼルとグレーテル」と言うレストラン
右下Cascade Commercial Center にあるCvjetna Poklon Galerija Hir Art(フラワーギフトの店?)の入り口のお洒落なイースター飾り

石畳のウキウキするようなレストラン通り( Tkalčićeva Street と今知る) を北向きにあてどもなく歩く。右手にお菓子の家が見えた。「ヘンゼルとグレーテル」と言うレストラン。可愛い店だが甘い物を食べる気にならなかったのでスルーした。「歩き方」に依れば郷土料理も食べられるレストランとある。しかもここのお菓子はオーガニック。今頃知っても遅すぎだが、値段はそれなりのようだ。 http://www.hanselandgretelhealthysweets.com/index.html

さらにあてどもなく進むとCascade Commercial Center(多分?)に着いた。雨宿りに中に入った。 洒落た店が入っていたが(右下写真)興味を引く物はなかった。 傘をさしカメラを片手に帰ろうとすると、 入り口のカフェで寛いでいる若者達の興味を引いたようで、ガラス越しに写真を撮ってくれと合図された。 私が本当に1枚撮ると喜ぶ様が窓越しに伝わった。 余り上手く写らなかった上、私の無様な姿までガラスに写ってしまったのでアップは遠慮したが、思い出のワンショット。
Tkalčićeva Streetを戻る(南に進む)と石の門、聖マリア教会に着いた。ロトルシュチャック塔の入り口を探していると、ザグレブの赤煉瓦屋根、新市街が見晴らせるヴューポイントに着いた。 写真を撮るのに良い場所を探し歩く内に、イェラチッチ広場から乗るつもりで乗れなかったケーブルカーが見えた。
丁度出発したばかりで車内で10分待つ。 私1人を乗せてケーブルカーはあっという間に下に着く。プリペードカードを使ったので値段は分からなかったが、片道5knのようだ。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

ドゥブロヴニク旧市街

写真 早朝の波止場、カテドラル、旧市街路地裏

The Third Day 3月25日(火)

真夜中の雨が嘘のように晴れている。 日本で調べてきた天気予報によれば、今日を逃すと雨なので慌てて散策にでる。 ヒルトンでの睡眠 わずか4時間。 熟睡できたのだから ヒルトンで正解だったが。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

ヒルトン インペリアル ドゥーブロヴニク

この旅 最初で最後の豪華朝食バフェ。 フライトマト?が美味だった。 スープカップに入っているのは味噌汁と書いてあったが味噌の味がしなかった。

この天気を逃してはと寸暇を惜しみ、 部屋に戻らず ダウンコートを着たまま しかも朝食レストランのドアに外から直接に入った。
流石にヒルトン、朝食とは言え ゆったり食事を楽しむ雰囲気の人ばかり。
コーヒーポットからお代わりのコーヒーを注ごうとしても 金属製(ピュータかな?)で重いばかりでいっこうにコーヒーが出てこない。 「格安で予約した私のポットにはお代わりが入っていないのかな?! そんな筈はない」とボーイさんに尋ねると 口がねを押さないと出ない仕組みになっていた。 ヤレヤレ
ジャムや蜂蜜は小瓶に入った物。 パンにはいつも何も付けずに食べるのだが、蜂蜜の小瓶を1つお土産に戴いた。
日本から水着を持って来たのだがプールで泳ぐのはやめ朝食後はすぐにチェックアウト。 この旅で最も高いホテルでのステイが最短でした。(涙)

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

城壁ツアー

城壁めぐり 腕が悪くて悲しいです。 私が目にした赤煉瓦のドブロブニクは憧れの光景そのもので涙が出て来ました。 この写真で行きたくないと思わないで下さい。
この写真のあたりでお嬢さんと歩いていたお母さんに”A Beautiful day, isn't it?"と話しかける。彼女たちは数日前からドブロブニクにいるのが雨ばかりで今日やっと晴れて城壁巡りに来たそうだ。 あなたはすごく運がいいですねと言われた。
”Have a good day!”と別れ際にいったら お嬢さんも本当に嬉しそうに Thank you! と返してくれた。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

城壁ツアー

城壁巡り 午前中は海がこんなに輝いていたのですが

この辺りでインドネシア人の女子大生と出会った。 彼女が自分の写真を撮ろうとしていたので、撮ってあげましょうかと近寄って、暫く一緒に歩いた。 彼女はロンドンに留学しているそうだ。 ロンドンからは格安の飛行機やバスがあるのであちこち旅行する事ができるそうだ。 「私はバリ島には行ったが世界遺産のボロブドゥールに行ってないので行きたい。」と言うと、地震があったので行くほどの所ではなくなったと言われた。 彼女は友達と2人で旅しているそうだが、友達がまだ寝ているので1人で来ているそうだ。 
昨日は飛行機に乗る度に日本人と一緒になったが、この城壁では余り会わずに済み異国情緒をゆったり味わえた。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

ドゥブロヴニク旧市街

写真上  オノフリオの大噴水 ライトアップで昼間よりは華やか
左下 プラッツァ通り ぬれた石畳がライトアップで輝く
右下 バス停前は派手なライトアップで明るい

旧市街の夜景を楽しむついでに夕食をと出かけたが、雨の降る夜、足下の悪い道を歩くのは不安になり、ホテルでゆっくり夕食を取ることにする。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

Hotel Petka

写真 上はシーフード スパゲティとホテル内のレストラン(日本のツアー客が利用していた)
期待しないで注文したシーフードスパゲティ。 トマトベースのようだが、ソースが濃厚でビーフシチュウの様な色。一口食べて「おいしい」と思わず独り言。 太い輪切りのイカ、エビがタップリ。 ビール(Ozujsko 18kn)は左程の味でもなかったが、黒ビール(Leffe Alc. 6.5% 20kn)があると聞きもう一本。 この黒ビールは瓶ビールであるのに絶品。 ドブロブニクでも美味しいビールに出会えた。
このレストランはお愛想笑いを浮かべ"How's everything?"などとウエイターが何度も聞きに来ないので 肩がこらず、私には丁度よかった。 

左下 117号室 寝心地の良いベッド
右下 117号室からの見晴らし グルージュ港が見晴らせる 心が洗われるほどの見晴らしではないが 野暮ったさも魅力かな?

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

ロビリイェナツ要塞

The Fourth Day 3月26日(水)
昨日行き忘れた 城壁からの見晴らしをみに 雨が降り始めた。 ドアはしまっていた。 待っていても必ず開く保証はないし、嫌な風も吹いてきたので危険を感じ引き返す。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

民俗学博物館

雨宿りを兼ねて、前日(火曜日休館)閉まっていた 「博物館」に。 これでドブロブニクカードを使い訪れられる全ての場所に行った。
ここからの旧市街の見晴らしもなかなか。 伝統的な展示品を見てしばしゆったりした時間を過ごす。 訪問客は私1人。

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

城壁

モンテネグロ コトル城壁からold townを見晴らす

土砂降りの雨。 これより高い場所には観光客はいなかったし、ここで遭遇した若いカップルに上の教会からの見晴らしはどうか聞くと、雨で滑るので行っていないと言われた。私も断念。 但し同じ道を戻りたくなかったので、城壁沿いに進んで行く。 結果としてはold townに続く別の道を見つけ降りることができたが、誰もいない山の小路を土砂降りの中、歩き危なかったなと思う。 

写真を拡大する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに  コトル & モスタル

聖トリプン大聖堂

写真左 聖トリプトン聖堂 右 聖ルカ教会
聖トリプトン聖堂の方が ドブロブニクの宝物館より  司祭さん(王)が身につけた宝石のはめ込まれた長手袋をよりユックリ鑑賞できた。 ドブロブニクでは全く英語が通じずこの手袋が飾り物なのか 実際に身につけたのか聞いているのに 私がそれを身につけたいと言っているとでも思ったのか シスターに怖い顔をされた。
こちらでは実際に身につけたと答えてくれた。
コトルは3月始めから雨続きのこともあり、観光客は殆どいなかった。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

☆オフシーズンのクロアチア1人旅☆ ついでに コトル & モスタルへのコメント

パッピーさん  2017/07/28 12:40

ご指摘通り静かでノンビリできました。 コトルでの大雨には泣かされましたが。
しばらく写真を見つめて戴けたとは光栄。 是非夕暮れのヤコブ大聖堂観賞にお出かけ下さい。

パッピーさん  2017/07/28 12:38

にゃもにゃもさんコメント有り難うございます。
「3月はライオンのように来たりて、子羊のごとく去る」の諺の通り (でもこれは英国でのことなのかな?) ドブロブニクの大嵐で始まり プリトビーチェの春で終わりました。 
ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアで洪水が起きた年のことですので、毎年大雨かは分かりませんが。 プリトビーチェでは雪もあり得ると着脱スパイクも用意しました。

にゃもにゃもさん  2017/07/28 10:15

青空に赤レンガ映えますね~!晴れてよかったですね!
3月ぐらいだとやっぱり晴れてる日はだいぶ少ないのでしょうか?(旅行記の写真見ると半々ぐらいでしょうか?)
オフシーズンだとやっぱり静かな雰囲気ですねぇ。
夕暮れのヤコブ大聖堂が美しくてしばらく写真を見つめてしまいました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

(表紙) プリトヴィッチェ湖群国立公園

誤りが多いと思いますので、ご不明の点がありましたら、遠慮なく連絡下さい。
ザグレブイン、アウトだったので、プリトビーチェはザグレブから入った方が時間の節約となるが、より暖かくなってからのプリトビーチェ泊を選択し、ザグレブからドブロブニクに当日飛ぶスケジュールを組んだ。 1月にドブ行き航空券購入。 2月末にスケジュールを煮詰めていった。 ザダル発のバスが1本であった為プリトビーチェ滞在時間が大幅に長くなった。 路線バスの移動は無駄が多いのでモスタルのツアー利用を検討するが、火曜早朝のみの出発。可能ではあったが前日は深夜着。ヒルトンで身体を休めることを選択。
長距離バスの本数が少ない為思うように行動できなかった。
又綿密にカテドラルの入館時間、曜日を調べ予定を組んだが閉館であったり、天気が悪く訪れる事が出来なかったりと残念な事が多かった。バスは遅れることこそあり全て運行していたのは幸いであった。シーズンオフのクロアチアは思い通りにはいかない。
☆旅スケの濃いピンク色は 私のお薦めスポット

費用に自宅~成田までの往復交通費、保険料は入っていません。
★移動
カタール航空 92,335円 (全て込みの価格 10/23 HISより購入 カタールからの購入の方が安かったが、キャンセル フルチャージの航空券だった為)
★ツアー代(現地交通費計)
クロアチア航空 362.50 Kn (\6,852 クロアチア航空サイトより1/11直接購入。)
ザグレブ空港バス 30 Kn × 3=90 Kn
ザグレブトラム  40Kn + 30Kn=70 Kn (プリペイドカード30Knにはカード代10Knが必要。 後Tisakで30Knチャージ)
ドブロヴニク空港バス 35 Kn
ドブロヴニク~コトル バス 145.3 Kn
コトル~ドブロヴニク バス €14
ドブロヴニク市内バス 12Kn ×2 =24Kn
ドブロヴニク~モスタル バス 125.3 Kn
バス内 荷物代 €1×2=€2
モスタル~スプリット 32マルク(€16)
スプリット~トロギール 26Kn 
トロギール~シベニク 38Kn (車内で購入)
シベニク~ザダル 53Kn
ザダル市内バス 10kn×2=20kn
ザダル~プリトビーチェ 90kn
プリトビーチェ~ザグレブ 100Kn (95Kn+5Knチップ 乗り合いタクシー バスの出発10分程前に5人ほど待っているとvanが近寄って来て誘われた)
★宿泊
Hilton (朝食付き ) \11,560 (1/20 Appleで予約前払い) vat €1.2のみ現地払いとの契約だったがvatは取られなかった。
Hotel Petka \7,774 ( Sea View single use vat含む 朝食付)支払いCCにて( 416.21Kn 3/21 ホテルに直接メールして予約€55 荷物も一晩預けた)
Vila Panonija (Superior Double Room with Sea View 朝食付 ) €45 (11/18 Booking Com.で予約)コトルバスターミナルから行きのタクシー代ホテル負担 現地でユーロで支払い
Villa Park Mostar (Double room with balcony and river view single use 朝食付き) €30 (11/18 Booking Com.で予約 3/2 日 程変更)現地でユーロで支払い
Villa Kampanel \8,111  (Comfort Double room 朝食無) €50 (2/28 Booking Com.で予約)現地にて朝食付きに変更 他に10%税の追加料金 430Kn決済CC払い)
Pansion Sibenik (Comfort Double room 朝食無) €46支払い  (3/2 Booking Com.で予約€45の予約だったが 他に税の追加料金  現地でユーロにて支払い)
Plitvice ( standard single 朝食付) \7,600 (11/3 HISで予約前払い)
Art Hostel Like \6,971 (Standard Double vat 含む 朝食無) €47.5 (11/20 Booking Com.で予約 現地CC払い可) 計59,198円 (€142で計算)
★観光費
ドブロヴニクカード 1日 130Kn
大聖堂内宝物殿 15Kn?
コトル 聖トリプトン入館料 €3.5
スプリット 地下宮殿入場料 40Kn
スプリット大聖堂 鐘楼入塔料 10Kn?
プリトヴィッチェ入園料 1037円 (55kn CC払い )
★食事代
3/24 水  10Kn
ビール 9Kn
3/25 水(2) 9.7Kn
水など   16.48Kn
Hotel Petka 夕食      1886円 (101Kn CC払い)
3/26 スーパーにて総菜など   699円 (€4.86 CC払い)
3/27 コーヒー+サンド 30kn 
ビール €0.8
夕食 €4.75
3/28 水 €0.4
TRS 夕食         1443円 (76.5Kn CC払い)
3/29 スーパーにてバナナなど  415円 (22.06Kn CC払い)
ビール・水 13.30kn
カネラ 夕食 77Kn
3/30 ビール(2)28kn
コーヒー  11kn
お総菜等 23.57kn
プリトヴィッチェ 夕食 1792円 (95Kn  CC払い)
3/31 昼食  755円 (40Kn CC払い)
コーヒー 10kn
水      5kn
夕食 40Kn?
4/1 ビール(1)27kn (空港 CC払い)
食費計 13,726円

出発前出費計 118,347円
Kn出費計 28,500円 CC出費計 30,883円
€出費計 26,696円 (€188) 計204,426円
(1kn=\19 €1=\142で換算)

近くの旅行記

念願のクロアチアへ!・・・ツアーにおひとりさま参上・・・ファイナル! アドリア海の美しき真珠と森の奥で煌めくエメラルドやサファイアに癒される旅 クロアチアンブルーを求めて!クロアチア旅行記 初めてのクロアチア縦断 2002春 2012年GWクロアチア横断とローマ 上海+西欧~中欧てんこ盛り周遊旅行
念願のクロアチ… アドリア海の美… クロアチアンブ… 初めてのクロア… 2012年GW… 上海+西欧~中…

新着スケジュール