海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!の旅行記

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

~世界遺産めぐりとタイ料理~

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ジムトンプソンカフェ

☆ジム・トンプソン・タイシルク 本店

タイシルク本家本元。

アメリカ人のジム・トンプソン氏が立ち上げてから60年、今や高級シルクの世界的な名店で、主な高級ホテルに支店もありますが、品揃えはここ本店が一番。

2階にあるコーヒーショップは落ち着いた雰囲気の穴場で、買い物&夕食です。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ジムトンプソンカフェ

☆カオ・パット・サッパロット

「ジム・トンプソン 本店」の2階のコーヒーショップ。

くりぬいたパイナップルの器にパイナップル・野菜などと炒めたチャーハンを詰めたもので、微妙な?味でした。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ジムトンプソンカフェ

☆パッタイ

「ジム・トンプソン 本店」の2階のコーヒーショップ。

コシのある米麺を使った甘辛い味の炒め麺、屋台でも高級レストランでも人気のメニューで、美味しかったです。

ドリンクはマンゴージュース。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

サイアムニラミット

☆2000席を擁する劇場で、150人もの演者がタイの歴史・文化を空前のスケールで紹介。

カメラは持って入れないので預けます。

1日目だったこともあり途中で眠くなってしまい、ニューハーフショーのが良かったかなとちょっと後悔です。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン(チ ャオプラヤー・タイ寺院)

☆世界遺産のアユタヤ遺跡1日観光です。

セイロン(現スリランカ)に留学し帰国した僧侶たちのために、初代王ウー・トーンが1357年に建てたと伝えられる寺院。

大仏塔は1592年に20代王ナレースエンが建てたもので、高さが62mあり、ビルマ王子との象上での一騎打ちに勝った記念塔。
 
大仏塔とずらり並んだ仏像が壮観でした。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

アユタヤ水上マーケット

☆観光客用なので、残念ながらここでは昔ながらの水上生活は見ることはできません。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ワット・プラ・マハータート

☆2代王建立説と1374年3代王が建立したとする説があり、ワット・プラ・シー・サンペットと並び重要とされている寺院。

高さ44mの仏塔があったといわれるが、ビルマ軍によって破壊され、現在その面影を残すのは、木の根に取り込まれてしまった仏像の頭部、苔むしたレンガ積みの仏塔、頭部を切り落とされた仏像だけです。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ワット・プラ・マハータート

☆菩提樹の大木の根に包まれた仏頭が、永い時間を感じさせました。

一緒に写真を写す場合は、必ずかがんで撮ります。

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ワット・プラ・シー・サンペット

☆1491年に建立、バンコクの「ワット・プラケオ」に相当するアユタヤ王朝の王室守護寺院。

アユタヤの象徴ともいえる3基並んだ仏塔があり、アユタヤ中期(15世紀)の3人の王が眠っています。

 

写真を拡大する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!

ワット チャイワタナラム

☆1630年にプラサート・トーン王が母親のために建てた寺院跡。

クメール式の塔はカンボジア戦の勝利を記念したもので、近くで見ると繊細な装飾が施され仏塔が美しく配置されています。

こちらはアユタヤ歴史公園から少し離れたところにあるせいか、あまり観光客がいないので静かです。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

☆微笑みと熱気が溢れる楽園 タイの旅!へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

2008 バン・プ・クラ・ピー旅行(改良版) 世界遺産アユタヤ!&王都バンコク!3泊4日の旅[旅行記も見てください] GWに訪れたタイ 10764_2 寒い日本を脱出!常夏のバンコク&アユタヤへ♪ タイ・ネパール・インド(シッキム)一ヶ月①
2008 バン… 世界遺産アユタ… GWに訪れたタイ ☆海外初一人旅… 寒い日本を脱出… タイ・ネパール…

新着スケジュール