海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅 ☆大宰府&上五島☆編の旅行記

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅 ☆大宰府&上五島☆編

コバルトブルーの海と隠れキリシタンの教会を見 、上五島でまったりの予定だったのですが、だんだん盛りだくさんになってしまい、最終日は最終便に滑り込みセーフ 

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅 ☆大宰府&上五島☆編

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

太宰府天満宮前 表参道

(写真) 土日でもないのに賑わう太宰府天満宮 表参道。

Go Toを使い11月末のベストシーズンに雲海に浮かぶ竹田城の予定だったのですが。 コロナがマスマス猛威を奮うので、泣く泣くキャンセル。
ショックで暫しボーっとしていました。
益々 ボケるので 5年前 未完成のままでアップした 上五島の旅スケを完成させることにしました。

The First Day

太宰府散策切符(1人1000円)を西鉄天神駅で求め、太宰府観光にLet's go!
でも私達がまず向かったのは駅直ぐそばの梅が枝餅の店(散策切符にはこのお餅3個の料金も含まれています)。 お店で食べたいと言うと 「全部ですか? お土産に持ち帰る事も出来ますよ。」 大きさを見せて戴くと普通の大福サイズ。1つで充分と思ったが、サービスのお茶を一緒に戴くと2つぺろっと! 程良い甘さ。 3つでも多いのにこの店ではおまけで4個戴ける。 夫のと合わせると計8個。 4個は持ち帰り用に袋に入れて貰う。 この4個が私達の非常食となるとは この時は露知らず。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

太宰府天満宮

韓国や中国からの団体観光客で賑わっていた。 博多から釜山近いですものね。 何の御利益があるのか不明ですがこの牛さんの鼻を沢山の人がなでていました。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

光明禅寺

九州の苔寺。 入場者が少なく ゆったり鑑賞できました

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

観世音寺

(左上写真) 観世音寺宝蔵
(左下写真) 観世音寺
(右写真)  戒壇院 梵鐘  吊されている梵鐘は白木玄流が元禄14年(1701)寄進したもの。

観世音寺の横にある宝蔵の 入館料は 太宰府散策切符を買うと100円割引きで400円。 16:30までの入館だが、入ることができた。 セーフ

展示されている全ての仏像は重要文化財。 その内の3体(11面観音菩薩像、馬頭観音菩薩像、不空羂索《ふくうけんじゃく》観音立像)のいずれも5メートルほどある巨像には、圧倒された。 仏像にさして関心があるわけではないが 撮影禁止でもあったので 記念に館内で小冊子(中央公論美術出版社 ¥952 )を求めた。 写真を見ているだけで未だに読んでもいないが。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

太宰府政庁跡

(左写真)
小野老  石碑
あをによし寧樂の京師は
咲く花の 薫ふ がごとく
今さかりなり  

「青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふが ごとく 今盛りなり」と思っていたのですが。

(右写真) 河原の桜が咲き始めていました。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

御笠川

川沿いの道を歩き都府楼前駅に向かう。 夕陽で川面が輝く。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

(写真左上)博多発フェリー 「太古」202号室  ツインルームを予約した。私達は何を勘違いしていたのだろう? ツインベッドの部屋と思っていた。 マットレスを敷いただけの床で寝ることになったのだが寝心地は意外によかった。
(写真右上) チョット豪華な階段 ライトの色が変化してエレガント
(写真下)青方から福江に向かい出港する太古
船酔いを心配し、福江でなく一つ手前の青方で降りる旅程を選択したが、殆ど揺れなかった。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

跡次教会

(左写真) 跡次(あとつぎ)カトリック教会の守護神 海の星聖母  
(右写真) 教会屋根の十字架

The Second Day
5:40 青方港 定刻着 約束通り 青方港のパーキングの約束の場所にレンタカーがあり一安心。 
*有限会社レンタル・アンド・リース浦  (8:30-18:00)
〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷1599-1   ℡0959-52-2088

ターミナルには 大きなテーブルがあるが、朝食代わりになるものは無し。 自販の缶コーヒーと太宰府散策切符で貰い半分残した4ヶの梅が枝餅を食べる。
初日は若松の方をドライブすると決め 6:10青方港相河ターミナル発。

車を走らせると 6:28 切支丹墓地が 6:30 白い塔に十字架が見えた。 6:32 跡次カトリック教会の看板が見えた。 早朝なので内覧は不可。

説明板には 日本語、英語、ハングル語、中国語で

 明治12年(1879年)大曽から4人、丸尾から8人の漁師が跡次の納屋に入居したのが信仰の始まりと言われている。
 昭和7年(1932年)5月、鯛ノ浦教区の巡回教会として設立。
 大曽教会の独立とともに大曽小教区に組入れられた。聖堂の老朽化が激しく、信徒の総意により改築計画が立てられ、昭和59年(1984年)12月現在の教会が建立された。
 教会から眼下を見下ろすと、折島と柏島に跨がる上五島洋上石油備蓄基地や大曽教会を眺めることができる。

と記されていた。

*長崎と天草地方のキリスト教関連歴史文化遺産群ウェブサイト
http://oratio.jp/burari/goto
私が訪れた時にはなかったものです。 詳細な説明と美しい写真是非参照下さい。
紙のワオマップ 現地のどこで手に入れたのか忘れましたが、下記サイトからアクセスできますので参照下さい。 https://wowmap.jp/wao/?waomap=%E9%95%B7%E5%B4%8E%E7%9C%8C-%E6%96%B0%E4%B8%8A%E4%BA%94%E5%B3%B6%E7%94%BA

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

平家塚

6:49 平家塚着
説明板には 日本語、英語、ハングル語、中国語で

「今里平家塚と中世墳墓群」
 壇ノ浦で敗れ、西海の島々に落ち延びた平家一族のうち、今里の山中に隠れていた十数名の者達が、源氏の追討の急なるを知ってもはや逃れるすべてなしと全員自刃して果てた。これを哀れに思った村人達がその遺体をここに手厚く葬り、碑石を建てて供養したものである。今もなお「平家塚」と称して供養を続けている。
 周辺の墳墓群は中世末期から近世紀の墓碑で、宝篋印塔・五輪塔(散石)・有蓋彫像板碑・自然石の板碑が整然と並んでいる。左側中央板碑の頭部に「卍」陰刻があり、正面の碑面に「若有見聞悉発菩提心」・「右志者為一蓮仏」・「念仏衆生」・「法華経」の文字が詠み取られる。(若し見聞するものあらば悉く菩提心を・・・) 建立年月は正徳4年(1714年)でこれらの墳墓はこれより以前のものである。

と記されていた。

左側中央板碑の頭部に「卍」陰刻があり等々と説明にあるのが、私達には見えなかった。頭部に〇印が辛うじて見えただけ。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

御船様

7:03 御船様着
遣唐使渡航船の日本最後の寄港地である五島列島には、安全祈願したこのような舟形石の御船様が残されているそうだ。

説明板には4か国語で

御船様 平成3年10月1日町指定(有形民俗)文化財
  宝亀7年(776年)佐伯今毛人(さえきのいまえみし)を大使とする第14次遣唐使船団は難波の三浦浦から筑紫を経て合蚕田浦(あいこだうら)(青方湾)で風待ちのため一ヶ月以上も滞在したが、ついに渡海の機会を失い帰京した。翌年佐伯今毛人は病のため副使小野岩根を大使代行として出発した。この船団4隻は、往路は無事渡唐したが、帰路は悲惨なものであった。
 宝亀9年(778年)秋、帰国の途についた第一船と第二船は東シナ海に侵入三日目に暴風に遭い、第一船は沈没、小野岩根は海の藻屑と消えた。第二船は鹿児島の出水海岸に漂着した。第四船は済州島に吹き寄せられ捕らえられたがひそかに纜(ともづな)を解いて逃れ北西風に流されながら甑島(こしきじま)に漂着した。第三船のみ10月23日に値賀島橘浦(ちかのしまたちばなうら)(現在の今里湾)に無事帰着した。
 当時の遣唐使船は造船技術も劣悪であり、気象観測・通信施設も発展していなかったから、無事中国大陸に到着できる可能性は極めて少なかった。そのため遣唐使一行は海上交通の平安と無事を神仏の加護にたより、祈ったことであろう。おそらくこの第三船が無事帰着したとき、「願解(がんとき)」の感謝祭と、なお都までの帰路の無事祈願とがこの舟形石の前でとり行われた。

と記されていた。

五島に奈良時代からの歴史があったとは! 着いて早々に心躍る。

写真を拡大する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅  ☆大宰府&上五島☆編

猪ノ浦教会

7:43 猪ノ浦教会着
説明板には 4か国語で

 真手ノ浦教会の巡回教会。
 昭和22年(1947年)8月に創立。
 猪ノ浦に人が移り住むようになったのは明治の中頃といわれ、大曽教会に属し、信者は大曽まで参拝していたが不便であった為、昭和22年(1947年)聖堂が建設され、昭和43年(1968年)には司祭館が建てられた。
 昭和50年(1975年)1月20日、真手ノ浦小教区の発足に伴い、同年2月9日真手ノ浦教会に神父が配属されてから真手ノ浦小教区に属し今日に至る。
平成元年(1989年)1月16日に新聖堂が完成し、里脇枢機卿により祝別・献堂された。

と記されていた。

つまり猪浦教会の聖堂は1947年に建設され、1975年真手ノ浦教会に神父が配置されてからは真手ノ浦教会の巡回教会になったと言うことなのでしょうか(?_?)

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

(編集中) マイレッジでお得に4泊5日夫婦旅 ☆大宰府&上五島☆編へのコメント

パッピーさん  2015/04/10 13:06

LUMIXですか? 一眼で撮影されてるのではなかったのですか!? 
良い写真ばかりなので てっきり一眼で撮っていらしゃるの思っていました。
年3度程旅にでる時になって 思い出したように
カメラを使うので、オートフォーカスのコンデジでも
設定を代えたりに右往左往です。
一眼より、カメラに慣れないといけませんね。

makoa187jpさん  2015/04/10 12:51

確かに、一眼、欲しいですね。
ただ、やっぱり重くてかさ張るので、まずは、
最近、ミラーレス(LUMIX)で様子を見ています。
これまでのコンデジより、色の再現性が高く、重宝しています。

パッピーさん  2015/04/10 11:38

makoa187jpさん 初めまして。次の旅の計画が忙しくなってしまい未完成の旅スケにアクセス、書き込み恐縮です。夕陽、実に綺麗でした。コンデジで上手く撮れませんがホテル・マルガリータからだけでも40枚も撮りました。そろそろ一眼レフを買いたいとは思うのですが。荷物を軽くするのが私のポリシーなので中々思い切れません。

makoa187jpさん  2015/04/10 10:38

大移動、充実の旅行でうらやましいです。
夕陽の海、美しいですね。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

こいピンクは私的お薦めスポット。
★五島列島ではしまとく通貨を予め買うとお得 1人3万円まで購入可 1セット6,000円分を5,000円で販売。結果としてレンタカーも利用できたので 私達は6万円分買った方が良かったのだが 確認していなかったので 私達は45,000円のみ購入。
☆移動
航空券はアメリカン航空のマイレッジで2/16購入の為 タダ (往路博多乗り換えを選んだのは 当初は博多の親類を訪れる予定があった為)
地下鉄 空港~天神 260円×2=520円
太宰府散策きっぷ (いちにち紀行)  1,000円×2=2,000円
太古(フェリー)博多より青方 4,280円×2+5,000円(ツイン料金)=13,560円 3/19 電話予約 26日博多埠頭第2ターミナルにて購入 鯛ノ浦~長崎 5,510円× 2=11,020円 
長崎市電 120円×2=240円
バス代 長崎~桜の里ターミナル 530円×2=1,060円
    桜の里~道の駅 夕陽が丘そとめ 280円×2=560円
    出津~長崎新地 610円×2=1,220円
リムジンバス 長崎駅~空港 800× 2=1,600円 

☆宿泊
3/27-29 マルゲリータ 夕・朝食付き 2名2泊 63,540円(-9,000円しまとく通貨を利用の為)
 2/18 近畿日本ツーリストで予約(ホテルのサイトでは満室であった為)

3/29-30 稲佐山観光ホテル 2名1泊 24,840円 2/18 近畿日本ツーリストで予約(ホテルオリジナル出島懐石を楽しむ1泊2食付きプラン)

☆食事代
飲み物計 自販 130円?×12=1,560円?
3/26 夕食(家族割烹まほろばの里)3,880円 水・ビール(2)513円
3/27  昼食 2,000円?
ホテル・マルゲリータ 飲み物代計 5,680円
3/28 おむすび 2個 208円
稲佐山観光ホテル 中瓶ビール2本 1,440円
3/29 ビール 700円 パン 600円?

☆ツアー代はレンタカー代 10,800円(2日分 48時間を多少過ぎても超過料金は取られない 日曜日はガソリンスタンドがお休みなので土曜日に満タンとすれば 日曜日朝利用しても構わないと言われた)、ガソリン代 3,025円 軍艦島上陸クルーズ 4,500×2=9,000円

☆観光代 光明禅寺拝観料200円×2=400円 観世音寺宝蔵 拝観料400円×2=800円 (100円割引き)  上五島教会献金 3件 300円 遠藤周作記念館入館料360円×2=720円 ド・ロ神父記念館・外海歴史民俗資料館共通入館料300円×2=600円

近くの旅行記

大宰府天満宮へ行こう 2012’5 福岡 ~女2人旅~ 【温泉】格安 湯布院+黒川 +福岡 2泊3日 城の旅2008 ~北部九州・西部中国~ 5日間 九州の古都「太宰府」をゆるりと散策。 初めての福岡はノープランで
大宰府天満宮へ… 2012’5 … 【温泉】格安 … 城の旅2008… 九州の古都「太… 初めての福岡は…

新着スケジュール