パキスタン 世界遺産と花咲くフンザを巡る旅

パキスタン 南部の世界遺産(タッタ、モヘンジョダロ、ラホール、ロータス砦、タキシラ)と北部のアンズの花が咲き乱れるフンザを巡ります。

パキスタン 世界遺産と花咲くフンザを巡る旅

パキスタン 世界遺産と花咲くフンザを巡る旅

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
タッターの文化財

タッターの文化財

2015-03-22
世界遺産(文化遺産)
タッタ
デーワン・サルファ・ハーン廟

財務大臣の墓。青タイルとレンガの組み合わせが美しい。この青タイルはムガル帝国第2代皇帝のフマユーンがペルシャに行ってからこの地方に取り入れた。 

タッタはシンド州南部、カラチから北東約100km離れたインダス川デルタ地帯にある古都。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール