海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPインドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅の旅行記

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

インドネシアのバリ島が「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム」として2012年世界遺産に登録された。早速、それを見に旅する。

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ウルワツ寺院

2016-06-09

 バドゥン半島の南西の外れにある寺院。ウルワツとは「岬」と言う意味。岬には3層のメル(塔)が建つ。
 ケチャは大勢の男性によって演じられる合唱舞踊。ラーマヤナ叙事詩をモチーフにした舞踊劇とともに演じられる。 天気が良ければ夕陽を見ながら観劇できるが、今日は雲が掛かっていて残念ながらそれは見れなかった。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ケチャファイヤーダンス

2016-06-09

ケチャファイヤーダンスの風景
ヒンドゥー教に伝わる、ラーマヤナ叙事詩をコミカルに再現している。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

タマン・アユン寺院

2016-06-10

世界遺産

バリ島で2番目に大きなヒンドゥー教寺院。ムングウイ王国の国寺として1634年に建てられた。ここは、バリで最も美しい寺院といわれる。境内を取り囲む様に掘割が巡らされている。その水流が周囲に広がる約40の村々へ流れ出してスバックを形成し広大な田園に水を供給している事から世界遺産に登録された。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ウルン・ダヌ・バトゥール寺院

2016-06-10

チャンディクニン公園内にあるヒンドゥー教寺院で、社やメルがブラタン湖に浮かぶように建てられている。 この寺院は1633年、ムングウィの王によって建立された。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ジャティルウィ

2016-06-10

世界遺産

「バトゥカル山保護区スパックの景観」を代表するビューポイント。
赤米の稲が実る。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ジャティルウィ

2016-06-10

世界遺産

訪れた時は稲の収穫の時期であった。ここでは、穂先だけが刈られている。 赤米が収穫されている。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

Luwak Coffee 農園

2016-06-10

ルワック・コーヒーとは、ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせ、糞として出たコーヒーの種を焙煎してコーヒーにしている。  ここでRs.50000で試飲ができる。 またここで作っている13種類のハーブティーなどを無料で試飲できる。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

タナロット寺院

2016-06-10

タナロット寺院の近くの海岸に、波が岩を刳り抜き穴が開いた所があった。岩の上には寺院がある。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

タナロット寺院

2016-06-10

海の神が祀られているヒンドゥー教寺院で、16世紀にジャワから渡ってきた高僧ニラルタが景観の美しさに触れ村人に寺院建立を強く勧め建立された。
サンセットまで海岸のレストランでジュースを飲みながら待も、太陽は雲の後ろに隠れてしまった。

写真を拡大する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅

ティルタ・ウンプル

2016-06-11

世界遺産

タンパシリンの北外れにある聖なる泉の湧くヒンドゥー教寺院。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

インドネシア バリ島 世界遺産を巡る旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

GW バリ島へ♪  勝手気ままな二人旅 vol.3 in バリ シンガポール&バリ島の旅 2013 バリ島&ジャワ島  世界遺産とパワースポットを巡る... バリ島&シンガポールでリチャージ9日間
GW バリ島へ… 勝手気ままな二… シンガポール&… 2013 バリ… バリ島&シンガ…

新着スケジュール