海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。の旅行記

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

会社の保養施設を利用して、箱根の温泉でユッタリと過ごしました。勿論、美術館,アウトレットなども巡ります。

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

御殿場プレミアム・アウトレット

皆さんご存知の「御殿場プレミアム・アウトレット(http://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/)」です。都心からでも空いていれば1時間半くらいで行けます。開店は朝10時からですが、土日祝日などは大変込み合いますので、遅くても30分位前には着く勢いで行かないと、駐車場に入るための行列に延々と並ぶ事になります。駐車場はWESTゾーンとEASTゾーンの各々にありますが、土日祝日などの混雑時には御殿場IC回りにある駐車場に停めて連絡バスで移動するのも妙手ですのでご検討を。店舗は両ゾーンで210店舗あり、写真は両ゾーンを結ぶ約100mの橋です。開店時間は10時です。食事は各ゾーンに色々な店舗がありますが、EASTゾーンに一番大きなフードバザールがあります。昼食時などには11時頃から早々と混み始めますので、できれば早めの場所取りをお勧めします。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

ポーラ美術館

箱根仙石原にある「ポーラ美術館(http://www.polamuseum.or.jp/)」には、ポーラ化粧品創業家2代目の鈴木常司氏が40年間に亘って収集したコレクションが展示されています。開館は9時からで、入館料は大人一般1,800円/人となります。誕生月に来館するとポストカードを記念に貰えます。駐車料金は一日500円で、2階駐車場の一番美術館寄りがお勧めです。美術館内にはレストラン「アレイ」とカフェ「チューン」が併設されており、「アレイ」の選べるランチコースメニューがお勧めで、私達はランチセット2,380円のビーフシチューと本日のお魚(イトヨリ)を頂きましたが、特にパンが美味しかったです。コレクションは日本画から洋画まで多種多彩ですが、特にモネ・ルノワール・ピカソなどの作品は見応えあります。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

岡田美術館

「岡田美術館(http://www.okada-museum.com/about/)」は2013年10月に箱根・小涌谷に誕生した新しい美術館です。美術館は明治時代に存在した欧米人向けのホテル「開化亭」の跡地に全5階建てで建設されました。開館時間は9時で、入館料は2,800円/人と少々お高いですが、その分作品は見応えのある物ばかりです。1階・2階には陶磁器・工芸・彫刻作品が展示され、3階・4階には絵画が展示されています。横山大観や伊藤若冲,上村松園,小林古径,葛飾北斎などの見事な作品を見る事が出来ます。入館料には足湯の利用も含まれており、歩き疲れた後には重宝します。美術館の駐車場は5層で併設されていますが、過去の伊藤若冲の特別展の時などには、ものの20分で5層全てが満車になったそうです。満車の場合には箱根ユネッサンの駐車場が利用できる様です。なお館内は撮影禁止ですので、入口で電子媒体やカメラをロッカーに預けて下さい。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

沼津港 漁師寿司 「網元武田丸」

岡田美術館での鑑賞を終えた二日目の昼食は、箱根峠を越えて沼津へ下り、沼津港にある「網元武田丸(http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000828/)」で海鮮を食しました。沼津港には海鮮物を食べれるお店は数多ありますが、先ずはお目当てのお店をインターネットなどで良く調べてから出掛ける事をお勧めします。昼食時間帯になると沢山のお客さんで混み合いますので、駐車場を探すのも一苦労します。各々のお店で色々なメニューがある様ですが、料金は余り大差ない様に感じます。私達は握り寿司「淡島(15貫)」と金目鯛の煮付けを頂きました。淡島は2,940円,金目鯛の煮付けは1,200円/人でした。新鮮な魚介類ですので臭みもなく、金目鯛の煮付けもちょっと薄味で美味しかったです。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

富士屋ホテル「ピコット本店」

箱根宮ノ下にある「富士屋ホテル」の敷地内に併設されたベーカリー&スイーツの「ピコット本店(http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/picot/)」で出来たての美味しいパンを買いました。営業は朝08:30~19:00で、定休日はありません。パンの一番人気はクラシック・カレーパン,スイーツの一番人気はアップルパイです。国道1号線沿いのホテル入り口横にあり、駐車スペースもありますのでゆっくりとお買い物できます。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

湯本富士屋ホテル

「ピコット本店」で美味しいパンを買った後で、富士屋ホテル()のラウンジ「オーキッド(http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/orchid/sweets/index.html#courseMenu3)」で庭園を眺めながらケーキセットを頂きました。私は富士屋ホテルで長年愛され続けてきたアップルパイ,妻は昔懐かしいマーブルケーキの寄木細工風を頂きました。お代りの出来るコーヒーが付いて1,490円/人です。生憎と一番人気のモンブランは売り切れでした。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

強羅社有保養所

箱根強羅温泉の公園上駅の近くにある社有の保養施設です。部屋数は10部屋で洋室2部屋+和室8部屋あります。大涌谷から引いた源泉かけ流しで、湯加減も丁度良くゆったりと温泉に浸かる事が出来ます。御殿場プレミアム・アウトレットからも車で約30分,ポーラ美術館からは車で10分掛りません。箱根美術館までは徒歩約5分で行けます。ここを基地にして、芦ノ湖や沼津,熱海などを巡る事もできます。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

かまぼこの里

箱根登山鉄道風祭駅の脇にある鈴廣が経営する「かまぼこの里(https://www.kamaboko.com/sato/)」でお土産にかまぼこを買い込みました。地下に無料駐車場が完備され、時間を気にすることなく買い物が出来ます。営業は朝09:00からで、国道1号線に面してます。買ったものをその場で発送する事もでき、お遣い物にも最適です。箱根のお土産品やお菓子なども売ってますので、一か所で全てが収まります。

写真を拡大する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。

山安工場直売所

干物でお馴染みの「山安(http://himono.org/shop/shop-turnpike.html)」の工場直売所です。営業は朝9時からで定休日はありません。干物が激安で買え、持ち帰る場合には発泡スチロールの箱を買って保冷剤を入れて持ち帰る事になります。地物の干物や輸入物もありますが、選り取り見取りで美味しい干物を選ぶ事が出来ます。ギフトセットなどもありますので、お遣い物にも最適です。兎に角お安いので一度足を運んでみて下さい。

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

夏休み後半を箱根の温泉でユッタリと過ごす。へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

箱根でまったり温泉旅 富士&なばなの里 絶景の旅 熱海&横浜の誕生日旅行 山梨県石和温泉へ 花の鎌倉と葉山・箱根美術館めぐり 久しぶりのの箱根
箱根でまったり… 富士&なばなの… 熱海&横浜の誕… 山梨県石和温泉へ 花の鎌倉と葉山… 久しぶりのの箱根

新着スケジュール