海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%の旅行記

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

馬が棲む島がある。そこは馬が言葉を話すガリバー旅行記の世界…のわけはないが、野生馬が棲む隠岐・西ノ島:ユネスコ世界ジオパーク。夏の残像を探し、まだ見ぬ絶景を求め旅立つ。【西ノ島 1人旅-1】

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

←前のページへ

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

乙姫御殿

私から見たら波は穏やかに見えるが、エンジンを止めた船は潮の満ち引きに合わせてユラユラと揺れて、船の天井との洞窟の岩との距離もそんなにゆとりがある訳ではない。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

乙姫御殿

船の後方を見ると、乙姫御殿の入口から差し込む光が海水をキラキラと反射させ、とても綺麗な光景。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

乙姫御殿

船の下の海の底を見ると、数メートル下の海底まで見えそうな澄んだ水だということが分かる。

小さな魚が泳いでいるのも見える。

船長さんからは、絶対に船の幅以上に頭や手を出さないように危険予防のアナウンスがあったが、これは、多分、私に向けられたものだろう。
船から手や頭を出すことの出来るデッキ席に居たのは私一人だけ。
心の中でハーイ!と返事をしておく。

船のデッキ席は窓がない分、景色を一切遮らない。
海風、潮の香、波しぶき、そして壮大な景観を遮るモノ無く愉しめる最高の観覧席だ。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

乙姫御殿沿いの海岸線の崖には浸食洞窟が沢山。

カヤックやカヌーでアプローチしたら、あんな小さな洞窟も楽しく遊べそうだ。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

通天橋と呼ばれる大きな岩アーチが見えてきた。
この通天橋は、昭和30年ころまではアーチの下を船で潜ることが出来たそうだが、現在は地滑りによる落石が海上部分に点在し、船の航行を不可能にしている。

西ノ島の海水や風による崖の浸食は昔にあった話ではなく、昔から現在に至るまで日々続いていて、この壮大な景観を少しずつ変え続けている。
あと100年後の西ノ島の崖は、また異なった景観となっているのだろう。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

摩天崖を先程とは反対の位置から眺めると、緑の草原部分の国賀海岸遊歩道も良く見えた。

明日に歩く予定の摩天崖のハイキングルートはあの崖の上257m地点と海抜0m地点の往復。
9月とはいえ30℃近い気温での炎天下条件なのでけっこう厳しい歩きになるのかも知れない。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

ローソク岩(観音岩)

蝋燭岩と言われる海上に突き出した岩が見えてきた。

ここは夏場の夕陽スポットとして写真を撮る方にとても人気がある場所で、7月の中旬から8月末頃まで、陸側から眺める夕日は蝋燭岩の先端の上を通り、その様子はまるで紅く染まった海に立つ蝋燭に炎を灯したかのように見えるとのこと。
私もそんな風景を見てみたかったが、夕方この海岸へ来るのは車を持たない旅人にとっては至難の業。
宿から歩いてきたら、片道2時間以上の長旅となってしまう。

この蝋燭岩は別名を観音岩とも呼ばれていて、見る方向を変えるとまるで観音像が手を合わせている様にも見える。

そして、蝋燭岩のこのあたりは潮流が非常に激しく、漁場としても最高の場所だそうだ。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

この岩はある動物の形。
耳が大きくて、鼻が長くて…そう、象だ。
象鼻岩と云われる岩だ。

海岸線には沢山の面白い岩があり、旅行記では全部を紹介しきれないのが残念。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

次に船が近づいたのは滝見の岩屋がある崖。

大きな山もないこの崖の何処に滝があるのだろうか!?
その水の原水は何処から湧き出ているのだろう!?と、この滝見の岩屋は旅に出る前から疑問に思う点があった場所だ。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

滝見の岩屋

船は滝見の岩屋と呼ばれるアーチに近づく。

先ほどの乙姫御殿に比べても滝見の岩屋のアーチは幅が細く、船の上から目測しても船が通り抜けることが出来るのか不安になる幅だ。

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

滝見の岩屋

船長さんの巧みな舵さばきで滝見の岩屋のアーチへの突入成功!

写真を拡大する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%

滝見の岩屋

アーチの向こうには、一筋の白い滝が見える。
成程…、コレが滝見な訳だ。

滝のように見えるのは茶・赤・黒の崖色とは相対的な白い岩石が作る縦の岩の層。

アーチの中の暗がりから見上げると、勢いよく水が流れ落ちているように見えなくもない。

←前のページへ

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

女だって島旅へ~Blue Cave 蒼の洞窟~台風と競争♪欠航予想100%へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール