海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①の旅行記

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

ライン川下り、アムステルダム・ブリュージュの運河巡り、テムズ川・セーヌ川クルーズと、行く先々で船旅を満喫。

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

《1日目》フランクフルト編
午後4時51分、フランクフルト空港に無事着陸。飛行時間11時間37分。フランクフルト空港の地下から出ているSバーンに乗って、フランクフルト中央駅に。ドーム型の駅舎がヨーロッパらしい。気温22℃。日本の夏とは違い、風がさわやかだ。これが西岸海洋性気候のなせる技。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

フランクフルトは、人口約70万。商業・金融が発達するドイツ第5の都市である。近代的な高層建築と古い街並みが混じり合っている。近代的なビルは、日本と同じ。やはり、ドイツらしい古い建物が見たいものだ。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

ヨーロッパ滞在初日。市の中心部にある「レーマー広場」にて。広場中央の噴水に立つ正義の女神ユスティシアが、“よく来たな”と歓迎してくれているように思えた。それにしても、これで午後8時30分頃とは信じがたい。北緯約50°と言えば、樺太あたりに位置する。むべなるかな。後ろの建物は、旧市庁舎。ドイツらしい建物だ。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

レーマー広場の一角にあるレストランで夕食をとった。ヨーロッパ旅行最初の晩餐。無事到着を祝って、プロースト!(乾杯) 生ビールがうまい。メニューは、すべてドイツ語。適当に注文したら少し多かったみたいだ。名物のアブフェルワイン(リンゴ酒)を試してみたが、口に合わない。やっぱりビールでしょう。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

フランクフルトは、正しくは「フランクフルト・アム・マイン」(マイン川沿いのフランクフルト)と言う。夕食後(午後9時30分頃)、外はまだ明るいので、ライン川の支流のマイン川河畔を、散歩しながらホテルまで帰ることにした。ライン川の支流でも、この水量だ。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

ホテル(フランクフルト中央駅のすぐ北)から写した朝の様子。ホテルの向かいの軽食屋で朝食をとったが、パンが堅くて閉口する。日本のパンが柔らかすぎるのかもしれない。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

《2日目》リューデスハイム編
フランクフルト中央駅7:53発のライン川右岸を走る列車に乗って、一路リューデスハイムへ。ライン川の左岸を走る列車が便数も多く、急行列車も走っているが、右岸線はローカル列車という感じ。ホームも一番端っこでわかりにくい。やっと見つけて乗車する。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

KDライン乗船場向かいのホテルに荷物を預け、身軽になってニーダーヴァルトをめざす。これは、ゴンドラリフト(ザイルバーン)乗り場の建物。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

約1㎞のリフトに乗って斜面を駆け上がる。下には、ブドウ畑が延々と続く。天気も良く、眺めも良く快適だ。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

ライン川の水面から225mの高さにあるニーダーヴァルト。眼下にライン川がゆったり流れている。対岸のビンゲンの街並みも美しい。遙かに広がるドイツ平原。よく手入れされているブドウ畑。いつまで見ても見飽きない。雄大ですばらしい景色だ。リューデスハイム観光には、外せない場所だ。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

展望台の脇に、高さ37.6mの記念碑の最上部には、ゲルマニア像が立っている。
これは、1871年のドイツ帝国成立を記念して建てられたもの。右手に掲げているのは、ドイツ皇帝の冠。左手に持っているのは、ドイツ帝国の太刀である。この像の下には、当時のドイツ皇帝ウィルヘルム1世の騎馬像や鉄血宰相と呼ばれたビスマルクなど、200人もの人物のレリーフが並んでいる。女神ゲルマニアに守られた「ドイツ帝国」を表現しているのだろう。

写真を拡大する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①

つぐみ横町の通りに面して中庭のあるレストランにて昼食をとる。ここでもメニューのドイツ語が分からないので、肉料理、サラダなど適当に注文する。もちろん、ビールも。メニューに写真を添えておいてくれればいいのに。そういうサービス精神はないのかなあ?

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

我が青春のヨーロッパ12日間~川・運河を巡るクルーズ満喫の旅①へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール