海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPフルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅の旅行記

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

フルフラットシートを体験するために成田経由でホノルル入り。

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

中部国際空港

今回、自分の飛行機ファンとしての欲求を満足させるため、ハワイ4泊6日の1人旅を計画しました。ファンの欲求とは、フルフラットのビジネスクラスを利用するというもの。
しかし、希望のJALのスカイスイートⅡの設定便は成田発ですので、セントレアから成田経由でホノルルへ向かうこととしました。
午後3時前、セントレアからナゴナリ便B737-800で出発です。
この日は土曜日でしたのでセントレアまでは、みっちゃんに車でおくってもらいました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

成田空港

1時間ほどで成田空港に着陸、沖止めでしたのでバスでターミナルまで移動します。
成田空港は初めてでしたので見学したかったのですか、現在のナゴナリ便は国内線扱いのため、見学せずに早めに出国することにしました。
出国した後はサクララウンジに向かいました。
ハワイ便の機内食まで、ぼちぼち時間があいていますので、皆さんのブログでよく読むカレーライスをいただく作戦です。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

成田空港

出国して制限区域に入ると、目の前がサクララウンジの入口です。チケットを見せて中に入ります。
一旦、階下にエスカレーターで降り、ラウンジ内の階段を再度昇るとダイニングスペースになっていました。時間は午後5時くらいでしたが、7割くらいの混み具合です。
作戦通り、JALビーフカレーをゲットします。オプションの、らっきょうも忘れないように少し多めに添えました。やはり、1人ですし、マニアは飛行機を眺めながらが基本でしょうと、窓際のカウンター席でいただきます。大変、おいしくいただきました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

午後7時前出発の便でしたので午後6時半過ぎに搭乗します。
セントレアのホノルル便はB777ですが、この便はウィングレット付のB767です。
1-2-1の配列で、スカイスイートⅡの座席が配置されています。乗客は前の席の人と互い違いに座ります。
せっかくなので座席がきれいなうちに写真をビシバシ撮っていたら、CAさんが「座ったところも取りましょうか?」と勧めてくれましたので、ビシッと撮っていただきました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

前方のモニターの下の部分が空洞になっており、リクライニングをフルフラットモードにすると、この空洞部分に足が入り込むかたちで座席がフルフラットになります。
私は身長172cmですが、足が奥にあたる感はありませんでした。
意外とサイドテーブル部分の幅があるためか、自分的には肩まわりに少し圧迫感がありました。
もちろん全般的には快適でしたので、到着前の軽食も食べず、よく眠ることができました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

機内食は和食にしました。
ビジネスクラスの機内食は、BEDD「空の上に、特別なレストランをつくりました」というコンセプトで提供されています。
この日の和食は、台の物が「鴨の治部煮と金目の煮付けの盛り合わせ」でした。
ラウンジでカレーライスを食べましたが、炊きたてご飯とみそ汁を、おかわりさせていただきました。おいしかったですが、結果、少し食べ過ぎでした。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)

現地時間午前7時、日の出の時刻と同じ頃、ホノルル空港に着陸しました。成田空港では離陸前の混雑により30分近く滑走路上で待機しましたので、実質的な飛行時間は6時間半といったところです。やはり冬は偏西風の影響が大きいですね。
降機してイミグレに行くと、案内の係員が「ハワイに来たことある人はこっち」、「初めての人はあっち」と振分けしていました。3月にもハワイに来ていたので、こっちに行くと自動審査機に案内されました。縦型のATMみたいな機械が40台くらいあるでしょうか。画面の日本語の質問にチェックして、パスポートをレジピ-して、指紋、顔写真を撮影すると、判定結果のレシ-トが機械から印刷出力されてきます。合格です!

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

アストン ワイキキ ビーチ ホテル

レシートを持って審査官のところへ行くと2つ3つ質問され、無事に入国できました。ビジネスクラスでしたので預け荷物は既に出ており、税関を通過して、降機してから30分くらいで外に出ました。まだ、時間は午前7時半くらいです。
定額タクシーを呼んだり、シャトルを待つのも面倒なので、1人で贅沢ですが普通のタクシーでホテルへ向かいます。
宿泊するアストンワイキキビーチホテルへは午前8時前に着きました。
「ちょっと時間が早いよなあ。」と思いつつ、チェックインすると、やはり部屋はまだ用意できていませんでした。正式なチェックイン時間は15時ですが、フロントのおじさんが「メイビー、13時にOKね。」と言っていたので、着替えて街歩きに出かけることにしました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

インターナショナル マーケット プレイス

街歩きしようにも午前8時過ぎではABCストアとかファーストフード店以外は、まだ開店前です。
とりあえず、機内で軽食を食べなかったので朝食に行くことにしました。しかし、カラカウア通り沿いは、もう混雑していますし、クヒオ通りのIーHOPも行列です。結局、クヒオ通りのマクドナルドで朝食と時間つぶしをすることにしました。
朝食後は、JCBプラザでクーポンとかをもらい、新しくできたインターナショナルマーケットプレイスに行きました。前とは全然違いますが、休憩スペースが木々の緑の間にたくさんあり、まったりできる雰囲気は非常に気に入りました。そうこうしている間に12時半になったのでホテルに戻ります。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

アストン ワイキキ ビーチ ホテル

ホテルへ戻り、フロントで「そろそろどうですか?」と聞いてみると、OKと16階のキーを渡してくれました。
今回、予約した部屋のカテゴリーは、オーシャンフロント セレクトという高層階指定のカテゴリーです。
部屋のイメ-ジは、ちょっとモダンな感じで他のホテルとは雰囲気が違います。広さは平均的でお風呂はバスタブ有りでした。1人で寝るのでキングベットでリクエストしておきました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

アストン ワイキキ ビーチ ホテル

ラナイからの景色は文句なしの素晴らしいものでした。
このホテルはカラカウア通りの北側ですが、動物園寄りですのでまわりに遮るものがありません。目の前のクヒオビーチ、右側のワイキキビ-チ、左側のダイヤモンドヘッドの一部までパノラマの素晴らしい景色が広がっています。
今回は、海を見ながら1人で自分を見つめ直す?ため、リーズナブルなオーシャンフロントに宿泊したかったので、アストン、マリオット、バシフィックビーチを検討しました。バシフィックビーチは料金は安かったですが改装しながらの営業でしたので、次に安かったアストンに決めました。

写真を拡大する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅

アストン ワイキキ ビーチ ホテル

部屋に入り荷解きしてから、ABCストアで、おにぎりとパイナップルを買って少し遅い昼食を海を見ながら食べました。
食後は、お決まりの眠気に襲われ、しばらく昼寝をし起きたら午後5時くらいでした。
この時期の日の入りは午後6時ということで、窓の外を見てみると日がだいぶ傾いています。
ラナイに出てみると、本当に真正面に日が沈んでいきます。海の上の光の道が、真っ直ぐ自分に向かってくる様子は圧巻でした。この日は天気も良く、素晴らしいサンセットで感動的でした。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

フルフラットシートで行くハワイ自分探しの旅へのコメント

kaeruqueenさん  2017/09/20 20:58

コメントありがとうごさいます。
座席も快適ですが、食事もゆったりと進みますので、特に往路はホントに短く感じます。

masakazuさん  2017/09/20 12:43

ビジネスクラス、快適そうで良いですね。これなら6時間半もあっとゆうまでしょうね。


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

名古屋めしの旅 イタリア10日間 ~ミラノ・ヴェネチア・フィレンツェ・カプリ・ローマ~ 1カ月 女ひとり旅 ~ヨーロッパ鉄道旅行~ その① さよならパノラマカー 12月の札幌の定番観光を少しばかりご紹介します 韓国☆済州島(^∀^)
名古屋めしの旅 イタリア10日… 1カ月 女ひと… さよならパノラ… 12月の札幌の… 韓国☆済州島(…

新着スケジュール