7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

7年ぶりの奇跡が起きそう…という噂を耳にして群馬県館林市まで電車旅。 芝桜とソメイヨシノ、チューリップと桜のコラボ。 春色が織りなすシークレット・ガーデンを堪能してきました。

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

7年ぶり 奇跡の競演-秘密の花園-たぬき×サクラ旅

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
東武トレジャーガーデン

東武トレジャーガーデン

関東地方で雨の予報が出ていた土曜日の午後。
私と友人がやってきたのは、群馬県館林市の【東武トレジャーガーデン】。

ここは、もともと【館林野鳥の森ガーデン】と呼ばれる水鳥や野鳥の生息する自然公園であった場所で、そこを東武グループが自然を生かした形で開発し、現在では英国国教会の認可を受けた教会まで兼ね備えるちょっとした庭園となっている。

庭園の中へと入るとまず目に入るのは、アラブ式の水路。
コルドバのアルカサルやアルハンブラ宮殿で目にするカスケード式の水路が目の前に現れる。

私はこの日にここへやって来るまで、東武トレジャーガーデンは薔薇の庭で少しだけ名を知られている場所としてしか認識をしていなかった。
初夏と秋の薔薇が咲くシーズンには1500品種3000株の薔薇が水路や庭園内を彩り、まるで欧州のローズガーデンの様な雰囲気になるというのだが、4月初旬の庭園内の薔薇はまだ蕾すらないトゲトゲの木。

水路の周りに春の彩の華やかさなどは、殆どない。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール