海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編の旅行記

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

後半はベルリンの美術館巡り、ドレスデン観光、そしてフランクフルトとハイデルベルク。

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/26714/
からの続きです。
<Berliner Dom>
バロック様式のベルリン大聖堂。品位と格式ある内装。
ちょっと時間があったので、階段も登ってみる。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Berliner Dom>
270の階段は結構きつかった。。(やや後悔)。でも途中でリタイアするわけにもいかないので頑張って登りきる。写真は階段を登り切った場所からの眺め。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Bode-Museum>
大聖堂を出て、美術館巡り開始。先ずはボーデ博物館。中世ヨーロッパの彫刻、古銭・貨幣などを収集。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Bode-Museum>
これは彫刻を展示しているお部屋。美術館は展示物だけでなく、内装も素敵。柱とか天井とかついつい見てしまう。ここは世界文化遺産として登録されているらしい。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Alte Nationalgalerie>
お次は旧ナショナルギャラリー。ドイツ人画家の名作を展示のほか、フランス印象派を代表するルノワールやモネなどの作品も展示。
やや駆け足で見てしまったのだけど、、素晴らしい絵画もたくさん。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Alte Nationalgalerie>
なぜか階段をチェックしてしまう。。こういうところの彫刻とか素敵。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Altes Museum>
美術館が同じ敷地内にあるので移動に便利。お次は旧博物館。ベルリン国立博物館群のなかでもアンティーク・コレクション を専門として収蔵しているらしい。
館内の写真を撮り忘れたらしく。。。写真はこれだけ。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Pergamonmuseum>
この日はミュージアムパスが使えるところを片っ端から観ている感じだった。そういうのは慌ただしくてあまり好きではないのだけれど、本当は。
さて、次はペルガモン博物館。
ペルガモン博物館というとこのイシュタール門。入るとすぐにどーんとそびえ立っている。
このペルガモン博物館、現在一部改装中。でもこの門は観ることができたし満足。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<Pergamonmuseum>
こちらはミレトスの門。ミレトスは現在のトルコに存在したギリシャの植民地であったそう。こういうものが館内にあるというだけで、もうすごい。
ペルガモン博物館は、この辺りの美術館で一番混んでいたような気がする。確かにインパクトあるからね。。
慌ただしくもこの日の美術館巡りは終了。もっとゆっくり観たいなって思うんだけど、いつも駆け足になってしまう。。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<East side Gallery>
少しホテルで休憩してから再度お出かけ。イーストサイドギャラリー。
ここも有名な観光スポット。とりあえず行ってみたけど、うーん、正直それほど、、。絵画の前はフェンスがあるし、思ったより小さいサイズだった感じ。でもそれが分かっただけでも訪れてよかった。
ベルリンの美術館巡り、今日はこれまで。

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<ホテルの朝食>
このホテルは朝食込ではなかったけれど、ドイツに来てから大した食事をしていないので、栄養補給すべくとホテルの朝食へ。
写真のとおり明るくて開放的なレストラン。ビュッフェの種類も豊富。
そして居心地の良さに加えて、私が気に入ったのは、、

写真を拡大する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編

<ホテルの朝食>
給仕してくれるおじさん。ふつう、ホテルのレストランだとぱりっとした白いワイシャツを着て、、というイメージなのだけど、この方はギンガムチェックのシャツにサスペンダー、そしてジーンズ。(それがとても似合っている)
ほぼ一人で働いているのに、ドイツ人客と談笑したり、我々外国人にも「Guten Morgen!」って気持ちのいい挨拶をしてくれる。その間も中庭を掃除したり空いたお皿をさげたり。ほんとにてきぱきと働いている。見ていてとても気持ちがよかった。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

建築とアートを巡るひとり旅:②ベルリン~フランクフルト編へのコメント

travelingaloneさん  2017/06/22 14:39

soraumi14さん
コメントありがとうございます!
私も今回の旅で「欧州鉄道の旅」の楽しさを知りました。ドイツは国も大きいので、その人なりの楽しみかたができると思います。機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

soraumi14さん  2017/06/22 10:14

ドイツの建築物やアート良いですよね。
旅行記読んでいたら行きたくなりました。
ドイツを電車で回るのも楽しそうなのでプラン立ててみます。

travelingaloneさん  2017/06/20 16:32

kayakさま
コメントありがとうございます!そうなんですよね、海外のTV番組は言葉が分からなくてもつい笑ってしまいます。。。
ハイデルベルクは、フランクフルトから近いので「ついでに」みたいな感じで行ったのですが、天気も良かったせいもあり、大正解でした。

kayakさん  2017/06/20 15:55

コーヒー片手に天気予報!笑
海外のテレビってツッコミどころ多くてつい見ていて楽しいですよね。
それにしてもハイデルベルク、美し過ぎます・・・!


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール