海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレンの旅行記

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

ノルウェーの絶景フォトジェニック・スポットとして一番人気のプレーケストーレン。その岩場で写真を撮ろうとしたら、ずるりと足を滑らせて…絶体絶命の危機!【Fjordドライブ1300km-4】

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

2017年の夏に歩いたノルウェー。

現地9日間の日程はほぼ毎日が大自然worldで、連日、これでもかと言う程歩き、何万年という歳月をかけ氷河が作ったフィヨルドの谷間を堪能してきました。
今回のノルウェー旅のメインの目的は、フィヨルドの奥深くに存在する憧れの絶景:【トロルの舌】や【シェラーグ・ボルデン】へのトレッキングで、この2か所は足が竦む程のとんでもない景色を見たい♪と云う方には☆5個でお勧めの場所でした。

そして、今回の旅行記で紹介するプレーケストーレン(Preikestolen)、此処でも相棒と私はハイキングを楽しんできました。
プレーケストーレンはノルウェーを訪れる観光客に一番人気の絶叫スポットで、その場所があるのはリーセフィヨルドの海面から垂直に聳える600mの崖の上です。
その断崖絶壁の岩壁の上に立ち、見下ろす青く輝くフィヨルドの風景は、数あるノルウェーの景勝地の中でもトップの座に輝くと云われています。

また、プレーケストーレンは、比較的簡単にアクセスできる絶景・絶叫スポットとしてもその名を知られています。
簡単アクセスと言っても実際には登山口からの絶叫スポットまでのハイキング時間は往復4時間が必要(登山慣れしてる方ならば3時間)で、口で言う程ラクチンではありませんが、それでも短くても往復5時間や長ければ数日間を必要とするその他の絶景ポイントに比べれば楽勝なことは確かです。

そのアクセスの容易さ故に、プレーケストーレンではハイキングにチャレンジする旅人が多く、その年齢層は背負子に入れられた赤ちゃんから年配の方まで様々で、登山道も展望台も観光客でかなりの大混雑でした。
特にハイキングコースの終着地点である絶景・絶叫スポットの崖の先端部では、如何にインスタ映えする写真を撮れるのか四苦八苦する観光客が写真撮影のための長い列を作っていて、一寸イタイ状態…。
せっかく大自然たっぷりの素敵なフィヨルドの景色を見られる展望台まで頑張って登って来たのに、その目的がSNS映えする写真の撮影だなんて、なんだか残念ですよね。

そんな部分も見えてしまったプレーケストーレンでしたが、相棒と私のハイキング旅は「微妙…」では終わりにはなりません。
実は、私たちはとっておきの情報;ガイドブックにも現地のトレッキング地図にもないマル秘情報を旅の前に入手していたのです。

その情報とは、…観光客が列を作って記念写真を撮っている広い岩の台地はプレーケストーレン山全体からみたら未だ中腹部分の展望台でしかなく、その岩の上にはより高き頂があり、山頂からはリーセフィヨルド全体を一望でき、更に反対側にある大きな海を渡ったスタヴァンゲルの街並みまで眺められる…と言うモノで、こんな素敵な秘密情報を握った私達の選択肢はただ一つ、地図にはないその先のルートへと進むこと、それしかありませんでした。

プレーケストーレンでの混雑をサラっと流した私たちは更なる高みを目指し、岩の上にそそり立つ、展望台からはその様子を窺い知ることの出来ない真の頂を攻める岩歩きに挑戦することに…。

今回の旅行記では、一般的なプレーケストーレン展望台へのハイキング・ルート+道なき道を行く岩登り絶景山頂ルートとノルウェー旅の最新のドライブ事情を紹介したいと思います。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

□7/1 成田発 午前- SK便- コペンハーゲン着 -SK便- ベルゲン着
□7/2 アイ・フィヨルドへ移動 ボーリング滝・トレッキング
□7/3 トロルの舌・トレッキング
□7/4 スターヴ教会 & ダイナミックな滝巡り/Odda
□7/5 氷河トレック/Blue Ice Hike Juklavass Glacier
■7/6 プレーケストーレン・ハイキング
□7/7 シェラーグボルテン・トレッキング
□7/8 スタバンゲル & ベルゲン 街歩き
□7/9 ベルゲン発 午前 - SK便- コペンハーゲン着 -SK便-
□7/10 成田着 午前

☆★☆★☆ ガイドブックにはないノルウェー 旅行記 ☆★☆★☆
【1】トロルの舌で愛を叫ぶ
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/26850/
【2】スターヴ教会と滝巡り
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28142/
【3】惑星ホスの氷河を歩こう♪
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27157/
【4】プレーケストーレンから転落未遂!?
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27158/
【5】宙に浮かぶ奇跡の岩:シェラーグボルテン
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28146/
【6】アナ雪の港町へ
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28169/

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

ハーデンガー ホテル

2017年7月6日。
ハダンゲルフィヨルドの小さな港町Odda(オッダ)での最後の朝。
5時前に起床後すぐに荷物をパッキングし車に積み込んだ後に、ホテルのレストランで朝食を食べる。

Oddaでの3泊の宿泊はHardanger Hotel。
結婚22周年の旅というコトでホテルのご好意でアップグレードされた部屋は、キッチンつきJr.スイート。

リビングルームの窓から見えるフィヨルドの景色も、このホテルに宿泊したからこその光景だった。

(写真:朝5時のハダンゲルフィヨルド(Hardanger Fjord)/Odda, Hardanger Hotelの客室の窓より)

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

この日のドライブは、Oddaを出発したら13号線を南下し、いったんE134へと入りRaldal経由でもう一度13号線へと入りそのまま直進し、断崖絶壁の絶景であるプレーケストーレンへと向かうルートだ。

このルートにはフィヨルドを渡し船(フェリー)で渡るルートが含まれていて、上手くフェリーの発着時間に合わせて港へ着いたとしてもOddaからプレーケストーレンへの所要時間は約4時間とレンタカーのドライブ時間としては短くはない。

ルート上でフェリーが必要なのはNesvik港とHjelmeland港の区間。
6時20分にホテルを出発した私たちは8時40分にNesvik港に到着し、無事に8:45発の船に乗船できた。
Nesvik港-Hjelmeland港のフェリーは昼間の時間帯ならば15分間隔で往復しているので比較的運行本数は多いが、人気の観光地であるプレーケストーレンへと向かう場合はこの15分に乗り遅れるだけで、プレーケストーレンでの駐車場が満杯で入れない…という事態も想像に難くはない。

だから、ホテルから港までの区間は休憩なしで車を飛ばしてきた。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

ノルウェーの国道は主要幹線と云えども、フィヨルドに沿って道が作られているので真っ直ぐな道はそれほど多くはない。
その上、地元の人達はかなりの急カーブを時速90kmを超えるスピードで対抗ラインから走って来るものだから、朝から2時間以上に渡りドライバーをしていた相棒は、港に着いた時にはけっこうお疲れのご様子。
フェリーに乗っている時間は、唯一の休憩時間となったようだ。

この区間の乗船料は普通サイズ乗用車+運転手+大人1名で112NOK:ノルウェークローネ(約1700円)だった。

ノルウェーでは地域によってフェリーの運航会社が異なり、それぞれの会社の時刻表をネットの中から探し出すだけでもけっこう大変な作業。
NesvikとHjelmelandを結ぶ船会社はNorledフェリーで、時刻表は↓にある。
https://www.norled.no/en/maps-and-schedules/ferry/rogaland/
上記のホームページの中(英語版)のScheduleと書かれた中から目的の港の時刻表のPDFをダウンロードすれば時刻表が入手できる。

フェリーを利用する時に見落としてはならないのが各フェリー会社が出しているInformation の内容で、Informationの項には欠航情報や特定日の運行スケジュール変更などが明記してあるので、時刻表と合わせてチェックをしておきたい部分だ。
ノルウェーでは渡し船(フェリー)の本数が1時間に1本以下の港もあり、そんな港を利用する時にスケジュール変更に気づかないでいると、フェリーの時間に合わせて港へと向かった筈なのに船は少し前に出たばかりで1時間以上の待ちぼうけを喰らう可能性もあり、その様な事態に陥った際にはその日の観光スケジュールは立て直しとなってしまうだろう。

そのような事態を防ぐためにも、旅の直前でのフェリーのタイム・スケジュールと欠航・変更情報のチェックは非常に重要となる。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

そして、フェリーと並んでノルウェーのフィヨルド・ドライブで気を付けなければならないのが、Auto Passと呼ばれる有料道路の料金自動徴収システムだ。

このAuto Passの看板は前回2013年のノルウェー・ドライブ旅では見ることが無かったので、ここ数年で出来たシステムなのだと思うが、写真のような水色のAuto Passマークのある道路区間が有料道路で、この写真の道路の場合は乗用車は48NOK(約730円)、3.5tトラックが85NOKの通行料を意味し、その通行料金は日本のETCシステムの様にクレジットカード会社から自動的(レンタカー会社を経由して)に勝手に引き落とされてしまう。

通行料金が約730円というこの金額だけを見るとそんなに高くない様にも思えるのだが、Auto Passの標識は国道沿いに突如現れ、気が付けば勝手に通行料金を徴収されていて、Auto Pass を1日に5回以上通過した日には通行料金だけで5000円以上の金額となっている日もあった。
帰国後にクレジットカード会社に請求された有料道路の支払額は2万円近くに登り、予想以上に高い有料道路代金となった。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

ラテフォッセン

この日ドライブしたハダンゲルフィヨルドからリーセフィヨルドまでの道は、滝街道とも呼ばれる道で、氷河が削った山肌からは雪解け水が迸る幾筋もの滝が勇壮な姿を見せてくれる。

この写真の滝も滝街道にあるそんな滝の一つ;Latefossen(ラテフォッセン:ラテ滝)で、水量も多い7月は車道の上にもその水が跳ねてマイナスイオン大放出中。
車の外に出ると、あっという間に体は滝のミストで被膜されてしまった。

この日の朝はプレーケストーレンへの道を急いでいたので滝の展望台では車を止めずに通り過ぎるだけとしたのだが、Latefossenをはじめとするハダンゲルフィヨルドの絶景ドライブ・ルートについては別旅行記(旅行記2)で改めて紹介したいと思う。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

何処にも寄り道せずにひたすら車を走らせた私たちは、Oddaを出発してから約4時間後の10時10分に目的地であるプレーケストーレンへと到着した…のだが、登山口に近い駐車場はかなり満車に近い状態で、停めることの出来るスペースを探すだけでも20分を要した。(ここの駐車場が満車となると、登山口から離れた(歩いて20分位)の駐車場に誘導されるらしい)

プレーケストーレンの駐車場は有料で、駐車料金は200NOK(約3000円)。
案内係の係員もそれなりの数が配置されている様だったが、無線が壊れていたのか横の連絡が取れていない感じで、あまり駐車場の整備には役立っている様子はなかった。

プレーケストーレンへの登山道にはトイレがないので、歩き始める前のトイレは必須事項。
お手洗いに行き、身支度を整えて10時50分にハイキング道を歩き始める。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

絶景ポイントとしては観光客に一番人気のプレーケストーレンの景色。
旅の前の情報収集で、ハイキング道は混みあうとは聞いていたのだが、その言葉に嘘はなかった。

さすがに富士山登山の様に数珠なりに歩くわけではなかったが、1本の木道を往路と復路のハイカーが歩くような道では、追い越しなんて絶対に無理の状況だった。

プレーケストーレンへの絶景までのハイキング道はそんなに厳しくはないが、それでも何カ所か急勾配の登り坂も有った。
勾配がキツイ石階段では、体力により歩くスピードが異なるので渋滞は一時的に解消される。

だから、追い抜きをするならば急勾配の道を利用するのが一番だ。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

写真はプレーケストーレンの駐車場に掲示してあったマップで、概略的に見た登山地図。
でも、上の地図だけではハイキング・ルートの難易度などの様子はイマイチ分からない。

一方、下の高低が示されたマップでは道の勾配や難度も分かりやすい。

プレーケストーレンのハイキング道は全長が片道3.8kmの道で、何カ所か登り道もあり、一番急なのが2枚前の岩階段の様だ。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

一番急登の石階段を登ると、その先は比較的緩やかで、大きな一枚岩の上を歩く様なルートへと変わる。

写真を拡大する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレン

時間は午前11時過ぎで、気温は20℃位。

歩くにはちょうど良い天気で、半袖の上に長袖のシャツを羽織る程度がベストな気候だった。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

断崖絶壁から あわや転落!?/絶叫スポットの一番人気:プレーケストーレンへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

ガイド本にない絶景☆スター・ウォーズの世界/惑星ホスの氷河谷へ
ガイド本にない…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール