海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP済州島 初めてなのに なにこの既視感の旅行記

済州島 初めてなのに なにこの既視感

チェジュ島って沖縄と似ている。街のでき方は上海に似ている。

済州島 初めてなのに なにこの既視感
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

済州島 初めてなのに なにこの既視感

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 チェジュ島といえばトルハルバン。この島にあるのがオリジナルで、いちばん見に行きやすいのが旧済州市街の観徳亭の前の二体。表紙の写真です。
 そしてこの写真は北村のトルハルバン公園。ここは五人の作家が集まって新たに造ったものを展示してあるところで、おもしろくはあるけれど、昔造られたものではありません。この写真は、自然の地形を利用して造ったもので、胸から上と両手が地上に出ているという体で造られています。たぶん韓国最大の規模でしょう。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 済州島の観光名所、トッケピ道路。実際には下り坂なのにどう見ても上り坂に見えるという、不思議な坂道です。たくさんの観光客が水を流してみたり、ペットボトルを転がしてみたりしていました。一日観光タクシーの車内から見た図。たしかに上り坂に見えました。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 理屈は、坂の向こうがさらに急な下りになっていて道の先が見えず、角度の変わり目がまるで峠のように見えるから、だと思います。でも、もうひとつ、道路の脇の木立にも秘密があると思いました。電柱は垂直のはずなのに、木は全部やや傾いてるでしょう? この木を垂直と思いこんで、それに対して道が上向きに傾いている、と見えてしまうのではないでしょうか。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 済州島の自然の驚異、萬丈窟。鍾乳洞ではなく、富士山の樹海にある風穴と同じものですが、でかい。ハルラ山の噴火のときに溶岩が通り抜けた跡だそうで、中は広くて、延々と続いてて、しかも二段トンネルになっているとか。
 済州島は流刑地だったそうですが、ここに流された人も、この洞窟を知っていれば住みやすかったでしょうね。発見されたのがつい最近とは信じられない。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 済州島には現役の海女さんがたっくさんいて、冬でも潜ってウニやアワビを採っています。海面にオレンジ色のブイがたくさん浮かんでいますが、その数だけ海女さんが潜っているんですね。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 城邑民俗村。ソウルのちかくの水原の民俗村もハフェマウルも、こんな感じでした。実際に人が住んでいるので観光しにくいのですが。茅葺き屋根というところは日本の昔の家と同じですが、屋根全体にネットがかけてあって、風の強さを思わせます。
 こういう風景の中で柿の木って、いい仕事してますね~。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 この家の造り。どこかで見たような、と思ったら、沖縄の古い民家にそっくり。縁側があり、それ用の庇(ひさし)が出ていて、その庇を細い柱で支えるという形。家屋の周囲に低い石垣をめぐらせるところもよく似ています。もっとも済州島では溶岩が冷え固まった玄武岩、沖縄はサンゴ石灰岩という違いはありますが、どちらもふんだんにあるものを使っています。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 チャングムさんが流されたのもここ済州島でした。トンイもだったかな?民俗村の中にこんな看板が。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 この島には対人セキュリティーという意識がなかったそうで。家の周囲の石垣も、せいぜい大人の胸の高さくらいだし。門はこんな三本の竹です。ふだんは全部はずしていて、ちょっと近所への外出は一本、中距離なら二本、かなり遠くへ行くときはこの写真のように三本かけていくのだそうです。それってどのくらい留守にするのか触れ回っているようなもんでは?とドライバーさんに聞くと、それだけ安心な島だったということですよ、と。ええ話や。
 そういえば沖縄の離島でも同じ話を聞きました。この島の家にはカギがない、って。
 この写真は旧済州繁華街の歩行者道路の車止めです。
 

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 ほら、この写真なんて「これ昔の沖縄の風景です」と言われても信じられますよ。瓦屋根の家が沖縄そっくり。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 いまでもこんな屋根の家があちこちに。この上にシーサー乗せればできあがり。思わず石敢當を探しちゃいました。なかった。

写真を拡大する

済州島 初めてなのに なにこの既視感

 旧済州の市場。雰囲気がもう牧志公設市場。特にここの三叉路なんか、平和通りをずっと入った奥、高校野球の街頭テレビが置かれる三叉と見間違うほど。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

済州島 初めてなのに なにこの既視感へのコメント

こんちはさん  2018/01/31 21:31

となりのハングルはもしかして「やさおかぱん」と? 日本語で言うなら「伊達男カバン」、いやそれも古いか…。イケメンカバン…ちがうな。だいたいその組み合わせが悪いんですよね。見ていただきありがとうございます!

はいぶりっじさん  2018/01/31 14:07

「やさ男かばん」、笑いました^^
日本語の翻訳がおもしろいですね!

こんちはさん  2018/01/30 21:14

ああ、たしかに。竹富島の集落なんか、あの家のかたまりぐあいがよく似ていますね。どちらが先なのか気になります。日本海流に乗って北上したのか、大陸から南下したのか、それとも他人の空似なのか。そんなことも思いめぐらしながら旅すると楽しいですね。見てくださってありがとうございます!

のら吉さん  2018/01/30 11:59

こんにちは!家屋の沖縄風建築すごいですね!
石垣島離島のほうに近いような気もしますが。


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール