海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?の旅行記

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Belfast, UKにある タイタニック博物館 (2012.3月open) と タイタニックホテル(2017.9月open) への素晴らしい旅でした。

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

ザ ギブソン ホテル

3アリーナのすぐそばに位置するThe Gibson Hotelは、ダブリン港を一望できます。10年とは経ってない新しいホテルです。空港バス、トラム駅も目の前にあり足回りがいいホテルです。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

テンプル・バー

またまた来ました、Temple Bar。River Liffeyの南側にあるバーやパブが集まっている地区のこと。この地区の中に、Temple Barという名前のバーもある。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Dublin郊外の港町Howthへ 

こちらは、Dublinから郊外へ行く電車のかわいらしいHowth駅。Leap Card利用できます。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Dublin郊外の港町Howthへ 

ホースは港町で漁港です。駅に着くとカモメたちがお迎え。ダブリン湾の北に頭を突き出すように出した丸い丘のような半島です。アイリッシュ海に面した東側が断崖絶壁となっていて、ハインキングコースはこの断崖沿いです。やはりこのような場所は夏に行くべきでした。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

The Church Restaurant

もともと教会だったので、この写真は少しみにくいですが、パイプオルガンやステンドグラスがあります。まるで大きなホールのようなレストランでした。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

入館はしませんでしたが、Christ Church Cathedralを外から写真のみ。ダブリンに2つある中世の大聖堂のうちの古いほうで、もう一方は聖パトリック大聖堂 とのこと。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

聖パトリック大聖堂

比較的シンプルなフォルムが印象的なセントパトリック大聖堂。5世紀の中ごろにはアイルランドの聖人セントパトリックがこの場所で改宗者の洗礼を行っていたとされ、その後12世紀末に現在のような石の大聖堂が建てられたといいます。拝観料6.5EUR

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Titanic Hotel

Titanic Museumのとなりにできた2017年9月OPENのホテル。そのビルはTitanicを設計した会社の1880年に建てられたビルだったとか。階段、広間などは当時のまま残っています。ビル外装もそのまま残しており、改装された元OFFICEだった客室は天井が高くかなりSpaciousに感じました。正面玄関、Dinning Roomなどは新しいビルを追加したようでした。部屋にはバスローブやスリッパまで用意されていました。朝食を別注文、20GBPはさすが高いです。しかし、それなりで気分、雰囲気も良かったです。真のピーク時を除けばReasonable priceで宿泊できるでしょう。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Titanic Hotel

左にある三角の屋根がホテル正面玄関。これは新しく追加されたビルのようです。右の茶色のビルは以前のままのビルで、現在はbanquet hallとして内部が改装されている模様です。Titanic Museumの玄関前からこの写真をとっています。どれほど近いかがわかるでしょう。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Titanic Hotel

階段から客室へ通じている広間。以前の会議室だったとか。ここで設計などのMeetingが持たれたようです。今はこのように豪華な椅子やTitanicの模型が置かれていいます。

写真を拡大する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?

Titanic Museum

タイタニック号はBelfastにあるホワイトスターライン社で1912年3月31日に施工され、1912年4月15日に沈没しました。その跡地に立っている博物館です。Planningから事故までのすべてが紹介してあり、亡くなった人の名前まで個々にでております。中には模型のトロッコにのり当時の現場再現を見ることもできます。階級別の部屋、ベッドなどの模型、食事なども展示してあります。私はかなり端おりましたが、それでも1.5時間、すべてゆっくり見るには2時間以上は必要でしょう。

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

憧れのタイタニックホテルで ”feeling Ladylike" !?へのコメント

masakazuさん  2018/02/28 19:57

詳しいレポート参考になりました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

2度目の訪問であるDublin ,Belfastでしたが、勝手がわかっていたので行動しやすかったです。今回はChicagoからAer LingusでDublin直行便。Dublin空港もそれほど大きくはなく動きやすい空港です。

特にDublinの一度目は自分の足でかなり歩き地理的に詳しかったので、時間的に無駄はありませんでした。Gibson Hotelは空港からも近くおすすめです。近代的なホテルで隣には映画館、レストランがあり、なんせ、コンサートやイベント会場がすぐ目の前にあり、宿泊が必要ならBESTです。

Belfastは、以前は1時間ほどの自由時間しかがなかったのでTitanic方面にはいけず中心街のみで終わりました。もう、Belfastまで行く機会はないだろう。とは思っていたのですが、再度行けるとは。それもTitanic Museumを見れたことと最近OPENしたホテルに泊まれたことは素晴らしかったです。

Titanic Museumの写真が少ないですが、Flash 使用不可?だったように思うのであまりとらなかったかもしれません。建物は外からみると氷河をあらわしているとそうです。

Titanic Hotelという名前ではアメリカやイギリスにもあるようですが、こちらが本家本物のTitanic Hotelと言えるでしょうか。室内は船内のような工夫がされ、ランプ、机なども船内にあるようなものでした。Bathrobe, Slipperも用意されていて、至れり尽くせりといったとこでしょうか。天井が高く、Bathroomも広いのでゆっくりと過ごせました。

一人旅ではホステルなどの一人部屋が多いのですが、たまにはこのようなそれなりのホテルに泊まるのもいいですね。

近くの旅行記

エンジョイPUB&Musicと、St.パトリックデー満喫一人旅! ちょこっとダブリン&イギリス、食い倒れ+飲んだくれのテキトー旅 【前編】 ~お気楽一人旅~ アイルランド&フランス11日間 *ダブリン一人旅 トリニティカレッジに3泊* 再訪したいアイルランド
エンジョイPU… ちょこっとダブ… ~お気楽一人旅… *ダブリン一人…

新着スケジュール