海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。の旅行記

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

行きなれた台湾ですが、今回は台湾でのマラソン大会出場ほか、美容系も旅行プランに込み、リフレッシュしてきました。なんでベトナム航空の飛行機の写真か?ですって?それは本文をごらんください。

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

2月に久しぶりの長距離海外旅行としてアメリカなどを旅行してきたばかりですが、帰国後の余韻が覚めやらぬときに台湾の知り合いから、台湾でのマラソン大会参加のお誘いを受けました。
アメリカ旅行のため、まる1週間の休みを頂いたばかりで、こう見えても忙しいサラリーマン、再度1週間もの休みを取れる状況にはなく、花粉症からの疎開の目的にしては一時的な効果しか見込めないながら、週末を挟んだ3月30日から4月2日までの3泊4日を旅行日程として、さらに4月1日は台湾での家族ぐるみのマラソン大会に出場する予定を立てました。行きなれた台湾ですので観光は今さら、なのですが、短い日程の中でも何かエポックを、ということで様々なところでトッピングを加えた旅行メニューとしました。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

まず、台湾までの往路、保有しているマイルで空席がありお得で、且つ、乗ったことのない航空会社の中から、という、あれこれゼイタクな条件だらけで、ベトナム航空のビジネスクラス、ハノイ経由の台北行きを予約しました。
デルタ航空マイルを使ってのベトナム航空搭乗ですが、片道でも発券ができるのがデルタ航空マイルの良いところです。今から遡ること17年前の2001年には、当時のノースウェスト航空マイルを使って、マレーシア航空ビジネスクラスでのベトナム・ホーチミンシティ への「往復」が30,000マイルポッキリ、なんて古きよき時代があったのですが、その後のマイルのインフレ、そして、ノースウェスト航空の合併先である、デルタ航空マイルでは、いまや30,000マイルですと、ビジネスクラスの場合、アジアの近場で片道分の価値しかなくなってしまいました。ベトナムを目的地としますと、ビジネスクラスでは「片道」で45,000マイルも必要となってしまいます。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

ただ、なぜかアジア内でも一旦はベトナムなど遠方へ行きながら、ベトナム経由でアジアの近場(香港や台湾など)を目的地とする場合は目的地まで片道30,000マイルで行ける設定が残っていて、比較的長い時間のビジネスクラス、しかもベトナムまでは豪華な仕様の飛行機に乗れるとあって、今ある選択肢の中では私にとってはお得な内容と思えました。
ベトナムって響きからは、あまり先進的なイメージを持てないという方もおられるかもしれませんが、ことベトナム航空についてはそれは当てはまらないのかもしれません。
まず、飛行機、表紙写真のB787や、更に最新鋭のA350まで保有しています。関西空港へも少しまえまでA350が飛んできていたのですが、1日2便ある、ハノイ、ホーチミン行きともにB787で統一されてしまいました。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

関西空港でのラウンジは、JALサクララウンジの利用となっていました。
2008年にニュージーランド航空のビジネスクラスを利用して以来、関西空港でのサクララウンジはちょうど10年ぶりの訪問となりました。
私のいつものクセが出てしまったのですが、美味しいものがあると、後で機内にて出される食事があるのがわかっていながら、ラウンジで既に過食状態となってしまいました。
写真はカレー、サンドイッチなどを盛り付けた朝食ですが、カレーその他おかわり、結果、ヘビーブレックファスト以上のものとなりました。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

そして、お出迎えの飛行機エントランス、ベトナム民族衣装、アオザイです。
これに全てのオジサンは釘付けになります(ホントかな?)。
聞いた話では、このアオザイ衣装=ベトナム航空スッチーの制服を支給されたあとは、体形の維持に皆さん懸命になるとか。
この日のビジネスクラスは28席仕様のうち、乗客は私を含めて5名のみでした。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

極めつけは機内。関西空港からベトナム・ハノイ空港までは4時間半ほどですが、長距離路線用のビジネスクラスで、シートはフルフラットになります。2月に搭乗した、ANA B777-300のビジネスクラスと比較しても負けず劣らず、です。人によっては、この、斜めを向いているイスにちょっとした違和感を感じる方もおられるようですが、この作りのほうが却ってイス幅ほか、より広いスペースが確保されるというメリットがあります。斜めを向いているからといって酔うようなことはなかったのですが、仕切りがあることでの落ち着きという意味では、半個室タイプとも言えたANAの仕様のほうに軍配が上がります。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

とは言いながらもビジネスクラスの高品質、日系ほか、名だたる航空会社に一歩も引きません。アジア内路線ですと、ビジネスクラスでも食事はワンプレートで出されることもあるのですが、搭乗時間4時間半程度でもフルコース仕様です。
ただ、アオザイのキャビンアテンダントのお姉さんに一品一品提供されるたびに緊張し続けていたというジャパニーズ・ジョギング・オヤジでした。体型ピッチリで、ちょっと目のやり場に困りましたね。
食事につきましては、不覚にもラウンジでの食べすぎ&機内フルコースで、機内食のメインディッシュは少し残してしまうというバチあたり、、、。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

マンプク以上の状態でしたが、乱気流に出くわさなかったのは幸いでした。
大好きなデザートはワゴンサービスでしたが、もう、あれこれ頂ける余裕はなく、軽く、さくら饅頭と、マンゴーソースかけアイスクリームにとどめました。
メニューには軽食としてカップラーメンその他あり、と書かれていましたが、もうお腹が悲鳴を上げていて、それどころではありません。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

あとは、前日の深夜までの仕事による寝不足を補うための昼寝時間となりました。
シートフルフラットの状態です。
さくら饅頭が食べきれずに置いてあるのが写っています。
食べたあと直ぐに寝るとウシになるよ、って子どものころに受けた教えはどこへやら。
2日後のマラソン大会出場への不安がよぎりました。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

ベトナム・ハノイ空港では4時間の乗継ぎだけでしたが、トランジットではなく、パスポートスタンプをゲットするため、わざわざ入国ゲートにまわりました。
すると、ものすごい列、入国までに数十分、いや、1時間くらいかかるのでは、と、おとなしくトランジットゲートに行かなかった後悔がよぎってしまいましたが、よくみると、「Vietnam Airlines Sky Priority」と表示されたレーンが有ります。ひょっとして、私は使えるのかな?と近寄ってみると、係員が寄ってきて、ベトナム語で何か言われました。ハノイまでの搭乗券半券を見せると、一瞥しただけで通してくれました。やっぱりビジネスクラス搭乗客などの専用レーンでして、こちらは待ち時間1分ほどでした。
ターミナル外の日本企業の広告が見えるところまで行って戻りました。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

ハノイでは、空港からハノイ市内まで往復することも考えましたが、結構距離的に遠いとの事前情報を得ていたことから見送り、ラウンジでラップトップPCを使って仕事をすることにしました。
デルタ航空Web siteからですと、ハノイまたはホーチミン空港から、台北へは一番早い便への乗継ぎでの通しの予約しかできませんが、電話予約の場合は、次の日の乗継ぎでも24時間までの乗継ぎに限り、「片道航空券」として発券できます。それでも時間的なことから今回はハノイでは同日4時間の乗換えプランとしました。
写真はターミナルの混沌とした様子、を撮ろうとしたのですが、カメラを出すまえに見ていた「クラクション付きの、これぞアジア!なる、ごちゃごちゃ感」は暫く待っても出ませんでした(何を待ってるねん、って言われそうです)。

写真を拡大する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。

ハノイ市内に行かずとも、いろんなベトナム料理が手軽に楽しめます、at ラウンジで。
ベトナムの「フォー」という麺、「333」というベトナムビール、そして写真には写っていないのですが春巻、さきほど機内での ぐったり状態はどこへやら、またラウンジで過食、そして、ハノイから台北までの機内でも同様に、でした。
台湾に着いたあと体重を量ったら、私の標準体重よりも4kgも増えていました。やばいっす、あと1日半後のマラソン大会までに体重をモトに戻さなければ。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

麗しの島、台湾で身も心もリフレッシュ。へのコメント

しんちゃん3さん  2018/05/03 12:09

ご無沙汰しております。再びコメント、有難う御座います。
私も、ジョギング修行が足りないようで、頑張っているつもりでも、フルマラソンサブスリーには到達していません。どこか難易度が高くないフルマラソンコースが御座いましたらご紹介ください(笑)。

すみとさん  2018/05/01 12:18

年齢別第1位おめでとうございます!
5kmラップ20分でも十分に早いと思ってしまう私はまだまだ修行が足りませんね(^^;

しんちゃん3さん  2018/04/28 11:25

コメント、有難う御座います。
自分自身の旅行スタイルとして、以前は乗り物や観光中心だったのが、ジョギングほかのイベントを取り入れ、欲張ったものになってきました。
次回もマイルが利用できて、楽しくジョギングできるところがどこかに無いかなと、研究をしだした今日この頃です。

masakazuさん  2018/04/27 19:44

短期のご旅行で色々と中身の濃いですね。びっくりしました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール